カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

平塚らいてう生誕43周年?

今朝、googleにアクセスしたら、トップページの繪は「青鞜」を讀む婦人の圖。カーソルを重ねてみると「平塚らいてう生誕43周年」とな。
なんで平塚らいてうが43歳なんだ。なにを勘違ひしたのかとWikipediaをひらけば

誕生 1886年2月10日
東京府麹町区三番町
死没 1971年5月24日(満85歳没)

ありゃりゃ。誕生日はあってゐるけど、生年と沒年をまちがへましたね。
それにしても生誕43周年って、googleの中の人はだれもヘンだと思はなかったのかなあ。

ネット民曰く「マスコミはうそをつく」 しかしネットもうそをつく

『痛いニュース』に『MBS「安倍の今日のお昼は3500円のカツカレー!庶民感覚がない!」 なお鳩山の連日豪華ディナーはスルー』といふ記事がのってゐた。一讀、「いくらなんでもそこまで野暮な批判をするかなあ。そもそもこの記事、ソースがないなあ。」と感じた。
さうしたらこの件について、togetterにいくつかまとめがあった。たとへばこれ
なあんだ、その番組って『ちちんぷいぷい』ぢゃない。このtogetterから當該部分のYouTubeも見られるから、確認してみるといい。レポートした山中真アナウンサーがスタジオに向けて、皆さんいくらだと思ひます、と問ひかけて、だれも當てられなかったので、「(スタジオの)みなさん、庶民ですね〜。」とまぜっかへしただけぢゃん。これを「庶民感覺がない!」と批判したやうな見出しをつけるのははっきりいへば捏造のレベルだ。
togetterのコメントをながめてゐると、それでも裏の意図があるだの、言外に安倍批判をしてゐるだの、(山中アナが誤解だとのツイートをしたのを受けて)誤解をまねくやうな言ひかたが云々だとか書いてゐる人もゐるけどねえ。何度も言ふけど、『ちちんぷいぷい』だからねえ。あの番組は報道番組ではないし、ワイドショーですらない。言ってみれば、雜談といふか、井戸端會議といふかを何時間にもわたってゆるゆるとやってゐるやうな番組だ。まあ一応、カテゴリーとしては情報番組なのかもしれないけれど、決してそんな氣取ったものではない。
ぢゃあなんでわざわざ高級ホテルでカツカレーを食べただの、3,500圓だのと言ふのかってコメントもあったけど、だからさういふ番組なんだって。井戸端會議で「安倍さんたち、勝利を期してカツカレーを食べたさうよ。」「もちろんCoCo壹番屋とかぢゃなくて高級ホテルの食堂だけど。」「さういふとこだとおいくらぐらゐするのかしら。1,500圓?2,000圓?ひょっとして3,000圓ぐらゐ?」「あ〜らみなさん、やっぱり庶民ね〜。3,500圓ださうよ。」「さすがに違ふもんね〜。」「だれがお金はらふのかしらね〜。」といふノリでしかない。まあ、關西人にとっては日常的な風景だ。別にそれをケシカラン、だとか思っちゃゐません。若干うらやましくは思ってゐるかも知れないけれど。
ですからみなさん、マスコミは(もしくは毎日系は)つねに自民黨や安倍さんにいちゃもんつけようと考へてゐると思はない方がいいし、ネットに書いてあることを鵜呑みにもしない方がいいと思ひますよ。

關西人ならさうは考へない

webブラウズしてゐると、ときどき「ポンパレ」といふサイトの廣吿が表示されることがあります。「リクルートの割引チケットサイト」ださうです。
その廣吿(のうちの一つでせうけど)は、かういふもの。溫泉にはいってゐるらしいわかい御婦人の寫眞があって、コピーは「この旅館、高かったんでしょ? (実は半額以下だったなんて、言えない…。)」
おそらく男の人が奧さんか戀人と溫泉に行った、といふシチュエーションなんでせう。で、とまった旅館がいかにも高級さうなたいへんすばらしい旅館であったと。そこで、よろこんでゐる相手に實は安かったとは言へない、と。

これ、少なくとも關西人の發想ではありませんね。關西人ならこんな會話になるはずです。
「この旅館、高かったんでしょ?」
「さう思ふやろ?普通やったら二人で60,000圓すんねんで。せやけどええ割引チケットがあってな、なんと25,000圓。」
「えー、ほんま?めっちゃラッキーやん。あんた買ひもんうまいなあ。」

てな感じで、一緖によろこびこそすれ、安く買へたといふ理由でへそをまげたりはしません。
もちろん、もともと安い、そのぶん施設も食事もおとる旅館なら怒るでせう。でも、價値のあるものが安いといふことにはなんの不滿もありません。
まあ、「安うついてんから、浮いた分でまたどっかつれてってね♪」ぐらゐのことは言はれるかもしれませんけど。

白いタンポポのおもひで

デイリーポータルZに「白いタンポポを探す旅に出た」といふ記事がのってゐる。それを讀んでゐて、小學生のころのことを思ひだした。
一年生のころだったと思ふ。あるいは二年生だったか。とにかくそのころ、僕は白いタンポポがあるといふことを聞き、もう見たくて見たくてしかたがなかった。當時、僕は大阪府に住んでゐた。デイリーポータルの記事には「西日本ではわりと普通に見られるらしい。」と書いてあるが、中四國九州のことはいざ知らず、近畿ではやっぱり滅多に見かけなかった。だからこそ一度見てみたい、と少年の日の僕は思ったわけだ。
それが實現したのが遠足のとき。お辨當の場所となった野原に白いタンポポが咲いてゐた。僕はもちろん、白いタンポポの前で、それをながめながらお辨當を食べた。
その感激は大きく、後日、僕はそれを繪に描いた。多分、圖工の時間の課題だったんだらうと思ふけど。
そしてその繪は、校長室前の廊下に貼り出された。
ここには生徒の繪を貼り出す掲示板があり、つねに十點前後の作品が掲示されてゐる。そのなかでも一番よい場所(とあとで聞いた)に僕の繪が掲示されたのだ。
僕に繪心はまったくない。といふよりもってのほかのへたくそだ。兩親ともに繪はだめなので、遺傳だらう。その僕がいままでにただ一度、繪でほめられたのがこのときだった。
なにしろ小學校の一年だか二年だかのことだから、繪がへたであっても氣おくれなどはまったくない。ただただ、まへから見たかった白いタンポポをはじめて見た感激を繪にした。きっとそれが見る人にもつたはったのだらうと思ふ。
この記事を見て、そんなことをふと思ひ出した。

迷惑メール晒し

日々迷惑メールは何十通も屆きますが、一風かはった迷惑メールが屆きましたので、晒してみたいと思ひます。


―――ここから―――(ヘッダは一部省略)

From photondoctor@golf91c.info Thu Dec 11 13:31:44 2008
Return-Path:
Received-SPF: none (golf91c.info: domain of photondoctor@golf91c.info does not designate permitted sender hosts)
Subject: kenji
From: photondoctor@golf91c.info
Content-Type: text/plain; charset="SHIFT_JIS"
Content-Transfer-Encoding: 7bit
MIME-Version: 1.0
Date: Thu, 11 Dec 2008 13:31:44 +0900 (JST)
Content-Length: 853
いきなりメールしてごめんっ!!けんじです。お互いに暇な時間を一緒にすごす
事によって、暇な時間を素敵な時間に変える事ができたらうれしいなぁって思っ
て誘ってみたよ!
初めに断っておくけど、変な勧誘とか、冷やかしとは違うから、誤解をしないで
ね(笑)
一応自分の一番の魅力は経済力だとおもうんだ。一番大事な物がお金だとは思わ
ないけど、お金がある事に越した事はないと思わない?せっかくこうやって誘っ
ている訳だし、普段出来ないような、素敵なデートとか出来たらうれしいな!!
体の関係とか、そういう事じゃなくて、一緒に食事したり、買い物をしたり、貴
女が普段出
来ないけど、1度してみたかったデートとかが出来たら、俺もうれしいな!
もし金銭的援助が必要というなら、俺で良かったら少しは力になれると思うし1度
騙されたと思って会ってみない?絶対後悔はさせないからさ!
ヤフアド作ったから連絡まってるよ。【osugisan_snow@yahoo.co.jp】

こんな俺だけどヨロシク!もっと知りたい事とか会ったら遠慮せずなんでも聞い
てね!

まずは貴女の気持ちを聞かせてくれないかな?会ってくれるにしても、会えない
にしても一度返事を貰いたいんだけど無理かな?

PS:返信は貰えたら、最初に信用の為に俺自己紹介と写真を載せるよ!kenjiは
掲示板で使ってる名前だから^^自分で言うのもあれだけど、そこそこイケてる
と思うよ(笑)それと携帯番号とアドレス等の個人情報を教えたいから、返事くれ
たらうれしいな!待ってるよ!

―――ここまで―――


女→男といふ設定の迷惑メールは腐るほど見たけど、男→女といふ設定のははじめて見ました。
こんなんにひっかかる女、ゐるのかなあ、とか、ここからどういふふうにはなしを持っていって金をむしりとる氣だらうか、とか、思ふことはいろいろありますが、一番氣になったのは
【osugisan_snow@yahoo.co.jp】
といふアドレス。
「おすぎさん」? ひょっとして女性あてと見せかけて、ホモ趣味のやつを釣らうとしてゐるのか?
とか、いろいろ勘ぐらせるメールでした。

笑ろた

なんかしらんけど、googleさんが儂のブログを中國語と誤認したやうで、「日本語」に「自動翻訳」できてしまひます
で、なんで「粗忽亭日乘」が「原油Huntingricheng」なんでせうか。なんで「日々是粗忽」が「胡主席は、大変な一日スパンです」なんでせうか。その他、本文もわけわかりません。
笑はせてもらひました。

チベット問題は相對化できない

唐沢(盜用)俊一さんと村崎百郞さんが「社会派くんがゆく!」最新號でチベット問題を語ってゐます
「一応どっちにも正義がある」なんてむちゃくちゃですね。よしんば村崎、唐沢(盜用)兩氏の言ってゐるとほりダライ・ラマが「宗教的な独裁者」であれ、「あの貧乏な国でポタラ宮をはじめとする宗教施設」が壯大であれ、「坊主どもがホントにイバりくさって」ゐるのであれ、そのどこがいけないんですか。チベット人が中共・人民解放軍にダライ・ラマを排除してくれ、とたのんだとでもいふのですか。
ダライ・ラマが獨裁者であった、といふのは一面本當でせう。なにしろ觀音菩薩の轉生です。議會をつくって民主的に、なんてことはやらなかったでせう。でも、チベット人はその獨裁を受け入れてゐたのではありませんか。ダライ・ラマの獨裁のもとでこそチベット人はしあはせだったのではありませんか。ダライ・ラマは獨裁者であったとしても專制支配者ではなかったと思ひますよ。
「ポタラ宮をはじめとする宗教施設」が壯大なのだって、チベットの人民はみづからがまづしくても寺院に喜捨する方を望んだのではありませんか。人民がいやがるのにもかかはらず無理に取り上げたのではないと思ふのですが。あなた方は貧者の一燈を受け取ったお釋迦樣も非難するつもりですか。貧しいチベット人から食糧などを無理に取り上げたのは中共の方でせう。
「門外不出の秘教であるチベット仏典を国外に持ち出そうとした者たちの拷問・処刑法が」いかに殘酷であったとしても、それが他者がチベットを制壓していい理由にはなりません。「門外不出の秘教であるチベット仏典を国外に持ち出そうとした」ってことは、いはば國家機密を盜み出さうとしたことに等しいでせう。それに制裁がくはへられること自體はおかしなはなしではありません。その制裁がきはめて殘酷であったといふことは今日の民主主義・人權主義からははづれるかもしれませんが、當時のチベット宗敎王國は民主主義を標榜してゐるわけではありませんし、それどころか民主主義に價値を見出してはゐないはずです。それを殘酷だからケシカランといふのは民主主義眞理敎徒のかんがへかたです。あるいは現代のものさしで過去をはかるものです。いや、西洋のものさしでチベットをはかる、と言った方が適切でせうか。そもそも唐沢(盜用)さん、あなたが讀んだのは小説でせう。まさか小説に書いてあることが100%事實だと思ってゐないでせうね。
この二人が言ってゐることはチベット問題を相對化することにほかなりません。「一応どっちにも正義がある」なんてとんでもないことです。この問題に關しては中共には一片の正義もありません。チベットが100%の正義ではないからといっても、このやうな言説には五分の理もありません。
この對談が「鬼畜」を標榜しておこなはれてゐることは存じてゐます。でも「鬼畜」といふのはスタンスの問題であって、事實をまげることや、ためにする言説を許容することではないと思ひます。
あなたがた二人は、新聞でいへば社會面や文化面の人間です。政治面、經濟面、國際面について語る資格はありません。それらを語るには知識も見識も敎養も決定的に缺けてゐます。惡いことは言ひませんから、自らの手にあまることはおやめなさい。

市議會議員選擧と國會議員選擧のちがひ

2週間ほどまえに八戸市の藤川優里市議が美人すぎると話題になりました。あんまり話題になりすぎて當人のサイトがサーバーダウンしたりしたとかいふ話もありました。ええ、もちろん私も見に行きましたとも。美女と美少女と眼鏡っ娘がきらいな男子なんかゐません
たしかに女優なみの美人で、しかもそれを十分意識したサイトづくり。バナーなど、各種の寫眞がアイドル寫眞みたいで見どころ(笑ひどころ?)いっぱいでした。
さて、昨日發賣された週刊ポストに藤川市議がらみの記事がのってゐました。コンビニでざっと立ち讀みしたんですが、はやくも自民黨から國政選擧に擁立しようとのうごきもあるとのこと。まあ、週刊誌の記事ですから、どこまで本當かはわかりませんが、たしかに話題性はたっぷり、市議選でも2位にほとんどダブルスコアでのトップ當選ですからね。
しかし、國政選擧に出ても、さう簡單に當選できるかどうかはわからないと思ひます。といふのは、たとへば私が八戸市民でしたら、市議選ならほぼ確實に藤川さんに投票してゐるんぢゃないかと思ふんですよ。だって市議選って、政令指定都市とかは別にして、普通全市1區でせう。この昨年4月の八戸市議選でも定數36名に47名が立候補したさうです。47人の名前がずらーとならぶ中で、この中から一人市議にふさはしいのをえらべ、といはれたってえらびやうがない。それぢゃあ、とりあへず美人さんに入れようかと思ふのは人情といふものです。その人がよほど竒矯な公約をかかげてゐるとか、ヘンなうはさがあるとかでないかぎり。
でも國政選擧だとさうはいかない。數人の候補の中からじっくりえらべます。主義主張や公約や所屬政黨を勘案して。さうなると、話題性や美人であることのアドバンテージはあるでせうが、市議選のやうに絶對有利、といふやうなことはないと思ひます。
え、參議院の比例代表にたてれば市議選と似たやうなもの?うーん、たしかにさうですが。つぎの參議院選擧は2年半も先ですよ。衆議院總選擧なら、來年9月までにはかならずあるけど。

どういふ關係があるんですか

Amazonからのダイレクトメール。

「Amazon.co.jpで、以前に『Amazon オリジナル ブックマーカー(しおり) ブラック』をチェックされたお客様に、『魅惑のオペラ 8 (8) (小学館DVD BOOK)』のご案内をお送りしています。」

しをりとオペラとどういふ關係があるんでせうか。

7月25日追記
今度は「Amazon.co.jpで、以前に「『Amazon オリジナル ブックマーカー(しおり) ブラック』」をチェックされた方に、加納 朋子の『ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)』のご案内をお送りしています。」ださうだ。そりゃ、しおりはどんな本にも使へるだらうけどね。

ひさびさに「社会派くんがゆく!」に突っ込んでみる

唐沢俊一さんの盜用問題にからんで、一旦は休載のお知らせが出たかと思ったら、今度は盜用問題にふれた部分だけを削除して掲載されたりと、なんか腰のさだまらない「社会派くんがゆく!」だけど、今囘はなんかやたらまちがひが多かったので、氣づいたところに突っ込んでみる。

唐沢●しかし、支払われていなかった方も、何で今までそれに気づかなかったのか、それが不思議じゃないか?
⇒現役世代は氣づきやうがないと思ふが。

村崎▲長年、公僕として国民のために低賃金で働いている連中なんだから(後略)
⇒公務員は特に低賃金といふわけではないはずだが。

唐沢●(中略)これで民主党政権誕生になったら(後略)
⇒參議院選だけで政權交代はおきえない。

唐沢●実際その通りで、戦前の参議院(貴族院)が衆議院のチェックシステムとして機能し得ていたのは、選挙を経ない、終身議員や多額納税者といった人たちで成り立っていたからで、要はこの時代、すでに選挙という民主主義のファシズムの防止機能が必要とみんな分かっていたのね。
⇒貴族院の權限は衆議院と同等であったので、「チェックシステム」といふやうな補完的役割ではない。むしろ對抗勢力。なほ、第一囘總選擧のときは、直接國税年15圓以上の男子(25歳以上)にしか選擧權はなかった。該當者は人口の約1.1%らしい。かういふ制限選擧で民主主義のファシズム云々といふのはヘン。(のちの普通選擧は結果であり、當初から豫定したわけではもちろんない。)

唐沢●(中略)あれだけ騒がれたチクロだって、発ガン性が本当にあるってんなら、オレたちとっくに30代あたまくらいで発ガンしてなきゃおかしいぜ。
⇒發癌性物質を攝取したからといって、かならず癌になるわけではもちろんない。

唐沢●痴漢してないかとか女買ってないかとか訊くのかね、国営放送の人間が(笑)。
⇒NHKは國營ではない。

村崎▲要するにあの年でドラえもんを信じてるようなバカで幼稚な低能人間だから心身症ってことで刑を軽くしてくれって言いたいんだろ。
⇒心身症ではなくて、心神喪失乃至心神耗弱とでもいふべきです。心身症とは、たとへば神經性の胃炎とかをいふ。心身症ぢゃ減刑要因になりえない。

唐沢●そもそもここまで何回も差し戻されてるってことは(後略)
⇒差し戻しは1囘されただけ。

村崎▲(中略)今なら死刑よりも北朝鮮送還の方が(後略)
⇒送りかへすわけではないので、送「還」ではない。

ついでに今囘は脚註までまちがひが。

★4 有田芳生、国民新党より出馬
⇒有田氏は新黨日本から。(見出し部分のみのまちがひ)

★6 フジモリ氏、民主党より出馬
⇒フジモリ氏は國民新黨から。(見出し部分のみのまちがひ)

脚註見出しまで間違ひがあるってことは、編集者がろくに校正もしてゐないらしい。

しかし、いろいろ突っ込んでもむなしいだけだね。今囘は唐沢氏のすべての發言に「プロのくせにブログから盜用して、そのあと始末にみっともない態度をとり續けてゐるお前がエラさうに言ふな!」と突っ込んでしまへば終はってしまふのだから。

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ