カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の記事

長文雜記

いや、いつも雜記なんですがね。別のタイトルで書き始めたんですが、書いてゐるうちにどんどんちがう方向に走っていったので、意味のないタイトルにしてみました。
さて、本文。
『たぬきちの「リストラなう」日記』といふブログがある。といふか、あった。過去形なのは、一應5月末をもって終了してゐるからだ。ただし、正確に言ふと最終エントリは6月1日の投稿だし、しかも6月2日に追加エントリの投稿があったのだけど(後述)。
このブログは「都内のわりと大手と思はれる出版社」(としか書いてゐないが、あきらかに光文社)ではたらいてゐるたぬきちさんが以前から別のタイトルで書いてゐたものだが、勤務先が3月中旬に希望退職の募集をはじめ、それに應募することにきめてからタイトルを變更して、退職日である5月末日まで限定で自分と勤務先のリストラ關係のことを書いてゐたものだ。
粗忽亭は本といふものが大好きで、ジャンボ寶くじにでもあたったらとっとと仕事をやめて本だけ讀んで暮らしたい(いや本當は音樂も聽きたいしネットものぞきたいので“だけ”といふのは誇張ですが)やうな人間なので、出版社まはりのことなんかについてもなにかと興味がある。
ここ數年は出版不況の聲は耳にたこができるぐらゐ聞こえてくるし、今年はまづまちがひなく「電子出版元年」になるだらうと言はれてゐる。もう出版社も從來のビジネスモデルが通用しなくなってきてゐる。だからこそ光文社でもリストラをやるわけだ。そんな出版社の内側にいる人の生々しい聲が聞けるといふのはなかなかない機會だ。そんなわけでこのブログの存在を知ってから、ずっと讀み續けてきた。
出版社のかかへるいまの問題點の指摘や、將來への提言(といふほどはっきりしたものではないが)などは興味深かった。しかし、讀んでいくうちにもう一つおもしろいところが出てきた。それはコメント欄だ。なにがおもしろいかと言って、それはたぬきちさんの書いてゐる内容(あるいは方向性)とコメント(もちろん一部の、ですが)とのズレがおもしろかったのだ。ああ、俺ってつくづく性格惡いなあ。
たとへば、光文社は希望退職者にとても優遇された條件を用意して、しかもいはゆる肩たたきなどもなく、みづから手をあげる人だけをきちんと會社都合退職としてゐる。たぬきちさんもこの機會にまったくみづからの意志で退職をえらんだのだけど、「安易に退職を受け入れてはだめだ」とか「個人加入できるユニオンに入れ」とかいふ聲があったりした。
まあ、「リストラ」といふタイトルのために心ならずも退職に追ひ込まれる、といふふうに受け取っちゃったのかもしれないけど、きちんと本文を讀めばさういふものではまったくないことがわかると思ふのだけど。
それからこのブログを會社に對する告發だと受け取ってゐる人が多かったのもおもしろかった。たぬきちさんには會社に對するうらみもつらみもなく、感謝と愛情をいだきつつやめていくのだとしか粗忽亭には受け取れなかったのだけど。
コメント欄の風向きがかはってきたのは、たぬきちさんが自分の年收や、今回の早期退職の條件などを書いてから。たぬきちさんはいま四十代なかばで、年收は千數百萬圓、といふところらしい。そのあたりが書かれてから、やたら批判的な、といふよりはヘイトコメントが多くなってきた。いやー、金錢に關する嫉妬ってコワいねー。それに價するほどの仕事ぢゃないだらうとか、それにくらべて書店や、印刷業や、あるいは著者は安すぎるとか。多くの場合は自分とくらべてたぬきちさんの惠まれぶりが氣に入らない樣子だった。
いや、これはたぬきちさんを批判したってしかたないだらう。そりゃたしかにこの年收は決して低い額ではない。でも、たぬきちさんは高額の給料をはらう光文社に入社を希望して採用されたのであり、粗忽亭をふくめてさうぢゃない人は光文社に入社を希望しなかったか、あるいは希望しても採用されなかったのだから、それをねたんでもしかたがない。
はなしはかわるけど、國立大學の授業料はむかしはとても安かった。學生が數日アルバイトすればかせげてしまふ程度の額だったりした。いまは高くなったとはいへ、それでも私立にくらべるとまだ安い。それでゐて國立大學の方が教育條件は良かったりする。教員一人あたりの學生數とか。しかも、たとへば東京大學なんかだと、その安い學費でこの分野では日本一、どころか世界一、なんて教員の指導を受けられたりする。
これについて、「俺は私立の××大學生だが、講義はマスプロだし、教授にろくな人材もいない。それなのに授業料は東大の方が安い。東大生はケシカラン。」と言ってもしかたがない。だって、その人は東大の入試を受けなかったか、受けても合格しなかったのだから。それとおなじことだと思ふ。
それよりもなによりも光文社の給與水準に驚いてゐた人が多いのが粗忽亭には意外だった。だって大手の、あるいは歴史のある出版社の給料が高いのは周知の事實だと思ってゐたから。それが善い惡いではなく。私などは光文社クラスなら四十代で二千萬圓ぐらゐはあるかと思ってゐたので、むしろ意外に少ないのね、と思ったぐらゐだ。
それで、そのへんが一段落したと思ったら、今度はたぬきちさんが會社のことを書いてゐるのは守祕義務違反だのなんだのと騷ぎ立てる人がちらほら。でも、さういふコメントを書く人が、具體的にどこが守祕義務違反だと指摘したものは見かけなかった。そもそも光文社の希望退職募集は對外的にも發表されてゐるのだし、それ以外の記事内容も「業務上知り得た祕密」に該當すると思はれるものは無いと思ふのだけど。勤務先のことをいろいろ書くと氣まづい、といふのはあるだらうけど、氣まづいのと守祕義務違反とはちがふ。第一、たぬきちさんの同僚の多くが、すなはち會社側もこのブログの存在を知ってゐるのだから、本當に「守祕義務違反」に相當することがあれば會社の方がアクションを起こすはずであり、他人がとやかく言ひ立てることではない。粗忽亭はこのやうになんでもかんでも「自肅」させようとする風潮が大きらいだ。かういふのは一種の檢閲みたいなものだ。まあ亞檢閲とでも言はうか。
日本の戰前の檢閲は國家が強權をもっておこなったものだが、その分はっきりしてゐた。基本的に軍や天皇に關すること、共産主義思想をほめたたえるやうなことはアブナイけど、それ以外はたいていなにも言はれない。それにくらべて現代の亞檢閲は國家でもない、強權も持たない一個人や民間團體などがそれとなく壓力をかけてくることが多い。これは著作權侵害ぢゃないかとか、名譽毀損になるかもしれませんよとか。とても陰濕な感じがある。
新聞雜誌の記事だらうが個人ブログだらうが、さういふリスクは筆者(新聞雜誌記事および書籍等は新聞社、出版社等も)が覺悟して引き受ければよい話であって、他人がとやかく言ふものではない。その記事によってなんらかの權利が侵害されたとか、自分の名譽が毀損されたとか思った人がいたら本人が筆者や出版社に抗議したり交渉したり、それでもらちがあかなかったら、訴訟を起こすなりすればよいだけのはなしだ。
それかあらぬかブログなどネット上の個人的な文章でもやたら伏字を多用する人がいるのも見苦しい。伏字などといふものは權力側から強制された場合、あるいはその介入を未然にふせぐためにやむなくおこなうものだ。それも戰前のそのての出版物などを見たらわかるとほり、數ページにわたってほとんど全文とか、段落丸ごととか、肝になることばを片っ端にとか、とにかく、少なくとも豫備知識なしではなんのことかわからないぐらゐに削ってしまふものだ。ミッキー○ウスとかマイ○ロソフトとかのやうにだれでもわかるやうな伏字なんか見苦しいだけでなんの益もない。まあ半分洒落でやってゐる場合もあるのだらうが、おもしろいとも思へない。このてので感心したのはセ○ラ○ム○ンといふ伏字ぐらゐだ。一文字おきに伏字にしただけのやうに見えて、伏せた部分は全部長音記號だもんね。これを見たときは笑ったなあ。
なんかはなしがあっちこっちに飛んでゐるが、もとにもどして。「リストラなう」のはなし。
とにかくさういふ批判的なコメントもほとんどなくなってきて、最終的には好意的なものがほとんどにおちついてきた。そんな中、前述のとほり、6月1日の記事をもって最終回をむかへた。はずだった。
ところが6月2日に『【お知らせ】「リストラなう」にコメントを寄せてくださったみなさまへ【とても重要】』といふエントリが掲載された。内容は(1)「リストラなう」が新潮社から書籍化される。 (2)その際にコメントの一部も收録したい。 (3)コメント不掲載希望の人は指定の方法(結構面倒)で申し出てくれ。 といふやうなこと。
いやー、さうするとそのエントリにコメントがつくわつくわ。ほとんどが批判コメント。
ブログが出版されるといふことそのものに對して怒ってゐる人。すべてが企劃だったのか、とか言ってゐる人。そしてもっとも多いのが一件一件承諾をとることなく、不許可の人だけ申し出よといふ方法に對する文句。法的にあぶないよ、といふ人も。いやしかし版元は新潮社だよ。あの『電車男』の。『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の。そっち方面の經驗は積んでゐるし、著作權に強い顧問辯護士もかかへてゐるはず。それ以前に法務部門もしっかりしてゐるよ。でなければ週刊新潮なんかこわくて出せるはずがない。たぬきちさん個人に辯護士をつけるやうすすめる人もいたけど、そんなことよっぽど賣れっ子の作家でもないかぎりやりませんよ。そんなことしてゐたら印税なんか全部ふっとんぢゃふ。ましてや職業作家ぢゃない(継續して文章書きで生計を立てるわけではない)人がそんなことしませんって。出版物の内容(著作權關係であれ、名譽毀損等であれ)で問題があるときは著者と發行者との兩者が責任を問はれるのが普通だから、個人でいちいち心配して對策をとってもしかたありません。そのための出版社の法務部門であり、顧問辯護士なんですから。
批判してゐる人は、かつてヘイトコメントをつけた人、自分のコメントが利用されるのがおもしろくない人、このブログが出版されてたぬきちさんや新潮社の利益になるのがおもしろくない人、等々いろいろあるやうだが。
それにしてもネット環境さへあれば世界中どこからでもタダで讀めるブログにコメントを載せておいて、ときには匿名で口汚い批判を書いておいて、人の目にふれるハードルがはるかに高い書籍に載せられるのはいや、といふメンタリティーが理解できない。そもそも一度書いて發表(ブログへのコメントもそれに該當する)してしまった文章といふものはある意味筆者の手をはなれてしまふ。もちろん著作權がないといふ意味ではないよ。綸言汗の如しではないけれど、取り戻すことはできないのだし、それ相應の責任が付隨する、といふことだ。それをある出版物で補助的につかわれても文句をいう筋合ひではない、といふのが(法律論とは別の)粗忽亭の感覺なんだがなあ。
上記の『電車男』や『ブラック會社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』や『世界極上ホテル術』なんかとちがって著者本人の文章がメインで、コメントは添へ物にすぎないのだし。書いて發表したものに對して、それが自分の意圖せざる利用だといへど、もう書いてしまったものはしかたがない、と思ふのだけどね。
そんなわけで粗忽亭があちこちに書き散らしてゐるコメント(「リストラなう」には書いてゐません)がさういふものに收録されるやうなことがあっても一切文句は言ひません。また、粗忽亭日乘へのコメントも、書籍化の際には收録されてしまふかもしれないと覺悟のうえでお寄せください。って、そんな可能性は一恆河沙に一つもありませんが。あ、だれですか、一不可説不可説轉に一つもないと言ってゐる人は。

笑ろた

なんかしらんけど、googleさんが儂のブログを中國語と誤認したやうで、「日本語」に「自動翻訳」できてしまひます
で、なんで「粗忽亭日乘」が「原油Huntingricheng」なんでせうか。なんで「日々是粗忽」が「胡主席は、大変な一日スパンです」なんでせうか。その他、本文もわけわかりません。
笑はせてもらひました。

「カリ城」の破綻點

「たけくまメモ」に「パンダとポニョ」といふエントリがあがってゐます。なかなかの長文で、3回に分けてアップされてゐます。その(1)その(2)その(3)
で、その(2)で竹熊さんは

宮崎アニメについては昔から言われていることがふたつあって、それは「プロット(物語の組み立て)が破綻している」ということと「プロットの破綻が気にならないほど映像が素晴らしい」ということです。

と書いてゐます。
それに關連して、コメント掲示板の方で、さういふ破綻は「千と千尋」以降だ、いや、むかしからだ、「カリオストロ」はストーリー無茶苦茶だ、いやいや「カリオストロ」は、ストーリーはタイトなつくりだ、ストーリーは無茶苦茶ぢゃない、云々なんてやりとりがありました。
それでおどろいたのが、宮崎監督のファンの中には、「カリオストロ」のストーリーが破綻してゐないと思ふ人もゐるのだな、といふことです。
わたしはもうだいぶ前からアニメに對する、といふより、フィクション全般に對する興味がうすれてゐるので、宮崎監督の作品も「紅の豚」(これもテレビで見ただけ)を最後に見てゐないのですが、元おたくとして、「カリ城」は大好きな作品です。しかし、この作品に破綻がない、あるいはストーリーが無茶苦茶ぢゃない、といふ人が、少なくともファンの中にゐるとは思ってもゐませんでした。「カリ城」の偉大なところは、ストーリーの破綻などものともしないおもしろさにあると思ってゐたからです。
だってさうでせう。冒頭、ルパン一味は國營カジノから大量の現金を強奪しますが、それがゴート札だと氣づくと、惜しげもなく捨ててしまふ。これはルパンの、超一流の泥棒として、僞札などぬすんでよろこんでゐられるか、といふ矜持だと解釋できるでせう。(Wikipediaによると家訓らしい)
しかし、そのあと、つぎの仕事は決まったと言ってカリオストロ公國に潛入するわけですが、その「仕事」といふのがなんなのかさっぱりわからない。なにを目的に潛入したのか謎なんですね。泥棒が「仕事」といふ以上、なにかを盜むことが目的のはずなんですが。わたしの記憶では、それについて語られてゐる場面はなかったやうに思ひます。
でまあ、潛入に成功してみると、城内にたまたま不二子がすでにもぐりこんでゐる。これなんかご都合主義としか言ひやうがありません。
それで、カリオストロ公國内でのルパンの行動を見ても、なにひとつ本來の泥棒としての行動をとってゐるやうに見えないのです。いみじくもラストシーンでクラリスが、あの人はなにもぬすんでゐない、わたしのためにたたかってくれただけ、と言ふやうに。
そして、不二子がゴート札の原版を持ち出していくのを見ると、それに色氣を示してゐます。それって、冒頭で僞札をおしげもなくまきちらしたのと、どうかんがへても矛盾してゐます。
このほかにもこまかい矛盾點はいくつもあります。でも、それをこえて「カリ城」はおもしろい。何度見てもおもしろい。單純に爽快、痛快といふだけでなく、感動さへしてしまふ。「カリ城」の眞骨頂はここだとずっと思ってゐました。
くりかへしますが、わたしは「カリ城」が大好きです。現役のおたく時代には、何度もくりかへして見ました。だから、この作品をけなす氣もちなんてさらさらない。
でも、いや、それだからこそ思ふのです。この作品を「ちゃんとしたストーリー」といふのは、ひいきの引き倒しではないかと。むしろ、さういふ矛盾點すら超越した傑作なのだと、素直に解釋すればよいのではないでせうか。

兒童ポルノ法の永六輔

痛いニュース(ノ∀`)」で知ったのだが、法政大學社會學部の白田秀彰准敎授(一橋大學法學博士[註1])が、私は兒童ポルノに該當するものを單純所持してゐる、兒童ポルノの單純所持が違法化された曉には 、他の誰を摘發するよりも先に私を逮捕しろ、と宣言してゐる。
くはしくは直接リンク先を讀んでほしいが、ごく簡單にまとめると、つぎの趣旨のやうだ。
・2001年第三刷發行の荒木經惟さんの寫眞集を古本屋で購入した。
・これには10歳未滿とおぼしき兒童の性器付近が鮮明に描寫されてゐる。
・これは法學者である自分から見て、避けようがなく「兒童ポルノ」に該當する。
・ゆゑに兒童ポルノの單純所持が違法化されたら、私を逮捕せよ。
白田准敎授がこのやうな行動に出たのは「2001年まで何の問題がなかった本を、そのまま保持しているだけで、いつの間にかその本が違法品となり、なんら違法なところのなかった所有者が、いつの間にか容疑者になるカフカの『変身』的不条理について、立法者や法執行関係者と議論してみたい」ためとのこと。
粗忽亭も以前、かつて本屋で普通に賣ってゐた、まったく合法であった書籍・雜誌がいきなり違法になってしまふおそろしさについて書いたが、白田准敎授がうったへやうとしてゐるのは同樣のことのやうだ。
それはそれとして、この白田准敎授の「俺を逮捕せよ」といふ宣言を讀んで、粗忽亭は永六輔さんを思ひ出してしまった。
かつて、計量法によって、尺貫法の使用は刑事罰をもって禁止されたことがあった。それを遺憾とした永さんは、みづから曲尺鯨尺を密造密賣して、それを公言し、みづからの逮捕をうったへるなどの運動をおこなった。しかし警察・檢察は永さんを逮捕しえず、結果、尺貫法の使用が默認されるにいたった(リンク先參照)。白田准敎授の方法論はこれと同じといえよう。
永さんと白田准敎授とでは、法の成立(施行)の前後との差異はあるが、白田准敎授のこの作戰、はたして永さんなみに功を奏すであらうか。
なほ、リンクした白田准敎授の宣言文、後半は單純所持違法化の問題點だけではなく、性表現・猥褻表現規制の問題點等にもふみこんでをり、たいへんよみごたへがある。白田准敎授の主張には粗忽亭はことごとく贊成だ。粗忽亭がいままで文章化し得なかったことを、みごとにまとめてゐる。さすがに學者として、文章(論文)を書く訓練を受けただけのことはあると、心より感心した次第だ。

(附記)
「痛いニュース(ノ∀`)」にある、2ちゃんねるでのコメントを見ると、『こいつが変態なのは良くわかった』『これは反権力を気取った真性ロリの捨て身戦法だな』『自分の性癖正当化しようとしてるんだぜ』『とどのつまり単なるロリコン野郎だろw』『ロリが息巻いてるだけじゃねーか。』『ただの変態ロリコン野郎だろ』『いつなんの目的でそれ買ったんだよオッサン』などといふのがたくさんあってあきれる。白田准教授は『私はこの本を、一連の問題の当事者となるために古書店で入手した。』『その10歳未満と見られる児童の裸体写真を見たとき、もう40歳になる私の意識に浮かんだ言葉は「親の顔が見たい」というものだった。』と書いてゐるのだが。ソースもろくに讀まずにコメントつけてゐるんですね。

[註1]1998年の取得なら「博士(法學)」とかぢゃないかと思ふのだが、本人の履歴書に「法学博士」とあるので、とりあへずさう書いておく。

おもしろすぎ

片山広明さんの「LIVE & DRIVE日記」より。あ、本文じゃなくてコメントの方ね。
「ジャズお好きなんですか?」って……。
福留選手にむかって「野球お好きなんですか?」って言っているようなものかな。
御本人のブログもなんというか……でありました。

アクセス解析とカウンター

一箇月ほどまえからこのブログでつかっているココログベーシックにもアクセス解析機能がついた。この機能はこのブログ内で、閲覧者がどのページからどのページに移動したかとか、結構おもしろいこともわかるのでなかなか評判がいいらしい。
それは結構なことなのだが、以前から入れていた忍者解析とくらべてみると、記録に漏れがあるみたい。いや、みたいどころではなく、それぞれの生ログをくらべると、ココログの解析の方が、3割から日によっては半分以上もすくない。これは一体どうなってるんですかね。
ほかにそういう症状をうったえている人がいないか検索してみたら、一人だけ見つかったが、どうも原因がよくわからない。
ココログベーシックにアクセス解析がつく、とアナウンスがあったとき、これで無理矢理入れている忍者解析をはずせるかな、と思ったけど、現状でははずせそうにない。
ココログユーザーの方で、おなじような症状の方、いらっしゃいませんか?解決方法を御存知の方がいらっしゃったら、教えてください。
それから一週間ほど前だっただろうか、このブログに設置していたレンタルカウンターが使えなくなった。提供者が供給を(少なくとも私にとっては)突然やめてしまったためだ。それで、ココログで提供するようになったカウンターにかえたのだが、このカウンター、ココログのコントロールパネルのアクセス解析画面で設定するようになっている。ということはこのカウンターもやっぱり大量にカウント漏れがあるのだろうか。

総務省が日本ブログ協会設立

某サイトの掲示板にも書いたけど、あまりにあきれたので、ここにも書いておく。
総務省、日本ブログ協会設立 だそうです。(総務省報道資料協会サイト
なにを考えているんでしょうね。って、いずれ独立の財団法人にでもして、補助金を流してあらたな天下り先にするんでしょうね。
ブログってのは政府とかの関係ないところで下からもりあがってきたもので、公的団体が「普及促進を図」ったりする性質のものじゃないと思うんですけどね。
それどころか目的に「啓発」とか「表彰」とか「提言」とかがはいっているけど、これってお上の気に入らないブログを規制したり誘導したりしようともくろんでいる、って思えちゃうのは考えすぎでしょうか。
なんにしろこういう自然発生的なトレンドについては、お上は「なにもしない」というのが一番の支援だと思うんですけどねえ。きびしい財政のなか、税金とあたまと労力の使い道はもっとほかにあるだろうに。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja