« 【書評】成毛眞著「日本人の9割に英語はいらない」 | トップページ | 鍵が外から囘らない! »

大坂城代と京都所司代

山内昌之東京大學大學院綜合文化研究科教授が毎週木曜日に産經新聞に連載してゐる【幕末から学ぶ現在(いま)】、本日掲載の第133囘は「松平定敬(上)」。そのなかにつぎの記述がある。

民生の権限が京都町奉行へ委譲された後、所司代は大坂城代を経て幕府老中に上りつめる譜代大名のキャリアパスの一部となる。

この記述はまちがひである。これだと大坂城代は京都所司代より上席であり、所司代經驗者が大坂城代に榮轉することが多かったといふことになるが、そんな事實はない。
京都所司代は江戸時代初期には幕府でも最重要の職務であった。それといふのも、所司代には朝廷對策、西國大名の監視とならんで大坂城に健在であった豐臣氏對策の最前線といふ職責があったからだ。當時の所司代板倉勝重は、老中と同等の權威を有してゐたと見てよい。それは次代の所司代で勝重の長男である重宗も同樣だ。
勝重の孫にあたる板倉重矩(重宗の甥)は老中から京都所司代に轉任し、その後老中に復してゐる。このあたりの事情をみると、當時は老中と所司代に明確な上下關係はなかったと考へてよからう。
しかし時代が進み、江戸幕府の職制がかたまってくるにつれ、京都所司代は老中の次位と位置づけられていったやうだ。だが、官位は老中と同等の從四位下侍從であり、從四位下には敍されても侍從にはならない大坂城代よりもあきらかに上席である。
いや、そんなことよりも、京都所司代經驗者56人中、その後に大坂城代になったものは一人もゐないといふ事實が「大坂城代を経て」が誤りであることを示してゐる。逆に大坂城代から京都所司代になったものは70人中26人。
なほ、所司代から老中になったものは、56代中、先の板倉重矩をふくめて35人もゐる(途中、西丸老中・溜詰格等を經たものをふくむ)。
すなはち大坂城代→京都所司代→老中といふのが典型的な昇進コースだったのだ。
山内教授はWikipediaによると「専攻は近代イスラム・中央アジア史と国際関係史」とのことで、國史學者ではないので、このまちがひはそれほど責めるにはあたいしない。(でもなぜ近代イスラム・中央アジア史家が幕末のことを新聞連載してゐるんだらう。)實は笹間良彦博士の「江戸幕府役職集成」にこれとおなじまちがひ(所司代は大坂城代を經て幕府老中に上りつめる云々)がある。おそらく山内教授は同書を參考にしたのだらう。しかし笹間博士は國史學者(ただし專門は武具・甲冑の研究)であるので、このまちがひは問題だ。しかも「江戸幕府役職集成」といふリファレンスに使用される本での誤りは罪が重い。
笹間博士といへば、「好色艶語辞典 性語類聚抄」でもビニール本の語釋をまちがへて書いてゐたりする。あの時代に生きてゐて、少なくともさういふものに興味を持ってゐた人間にとってはまちがひやうがないと思ふのだが、なぜか勘ちがひしてゐる。思ひこみのはげしい人だったのかもしれない。

(文中の昇進者數は粗忽亭調べ。數えまちがひがありましたら御容赦ください。)

« 【書評】成毛眞著「日本人の9割に英語はいらない」 | トップページ | 鍵が外から囘らない! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/52981285

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂城代と京都所司代:

« 【書評】成毛眞著「日本人の9割に英語はいらない」 | トップページ | 鍵が外から囘らない! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja