« 産經新聞「主張」のいひがかり | トップページ | 久しぶりに朝日新聞「素粒子」のさかしらさを嗤ふ »

ユニクロの社長は魔法使ひか

ユニクロが始業時間を2時間早めて、勤務時間を午前7時から午後4時までにするさうです

> 終業時刻を早めた分、社員に語学などを学んでもらう狙い。

ださうです。

> 同社は来春から社内の公用語を英語にする予定

ですからね。
4時に仕事が終はるのだから、夕方から夜にかけてが長くなる、その時間で勉強しろ、といふことですね。
でも、始業が2時間早くなるのなら、當然2時間早く起きなければならないはずです。とすれば、常識的にかんがへれば、2時間早く寢ないとからだがもたないと思ひます。結局、餘裕時間はかはらないと思ふのですが。
ユニクロの社長は勤務時間をちぢめることなく、ずらすだけで時間を生み出すことができるとおかんがへのやうです。一日を26時間にできる魔法でも御存じなのでせうか。ユニクロが順調に發展をかさねてゐるのも社長の魔法のおかげなのでせうか。
これでは魔法をつかへない同業他社がかなふわけありませんね。ヘンに納得してしまひました。

« 産經新聞「主張」のいひがかり | トップページ | 久しぶりに朝日新聞「素粒子」のさかしらさを嗤ふ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/52620894

この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロの社長は魔法使ひか:

« 産經新聞「主張」のいひがかり | トップページ | 久しぶりに朝日新聞「素粒子」のさかしらさを嗤ふ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja