« 「ののちゃん」山野しげさんの考察 | トップページ | 弓取り式「専門の力士」って? »

【コネタ】野田首相の讀みまちがひ

昨日、大相撲千秋樂を見てゐたら、表彰式で總理大臣杯の授與の際、野田首相が「杯にその名を刻す」を「きざす」と讀んでゐた。もちろんこれは「こくす」が正しい。意味は當然「きざみつける」といふことだけどね。「刻む」なら「きざむ」だけど、「刻す」なら字音で「こくす」だね。「きざす」だと「兆す」みたいだ。
麻生元首相は在任中、漢字が讀めないと散々いぢめられたけど、野田さんはどうなるんだらう。まあ、まだ「累犯」ぢゃあないけれどね。
それにしても野田さん、さきに下讀みとかしなかったのかなあ。

« 「ののちゃん」山野しげさんの考察 | トップページ | 弓取り式「専門の力士」って? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【コネタ】野田首相の讀みまちがひ:

« 「ののちゃん」山野しげさんの考察 | トップページ | 弓取り式「専門の力士」って? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja