« ユニクロの社長は魔法使ひか | トップページ | 福島製花火の打ち上げ除外を聞きて詠める »

久しぶりに朝日新聞「素粒子」のさかしらさを嗤ふ

9月16日夕刊の「素粒子」より。一段目。

 「寒っ」と話しかければ「寒っ」と答える人のいる……では、寒さも2乗。俵万智さんの温かさはどこへやら。

「寒いね」ははなしかけることばだけど、「寒っ」ははなしかけることばではないでせう。ひとりごとといふか、間投詞的につかふことばだと思ふぞ。いくらなんでもだれかに同意を求めるのに「寒っ」と言ふやつはおるまい。

でもって、三段目。

 言葉が次第に変わっていくのはわかるけど、何だか「軽っ」。いまひとつ付いていけないお父さんは「いらっ」。

朝日新聞の記事でも

「寒っ」は、19世紀の滑稽本で使用が確認されている

とか

語幹のみの形容詞の用法は、文法的には、間違っていないという。

となっているのに、なにをいちゃもんつけてゐるのかね。(ちなみに他紙の記事によると、「19世紀の滑稽本」とは式亭三馬の「浮世風呂」のことださうだ。)あたしゃ、充分に「お父さん」の世代だけど、全然「いらっ」としませんがね。
それよりも朝日新聞さんの奇妙な日本語(例1例2例3例4例5例6例7例8例9)の方がよっぽど「いらっ」とします。エラさうなこと言ふまへにことばのプロであるあなたがたがまともな日本語をつかってください。

« ユニクロの社長は魔法使ひか | トップページ | 福島製花火の打ち上げ除外を聞きて詠める »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/52784126

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに朝日新聞「素粒子」のさかしらさを嗤ふ:

« ユニクロの社長は魔法使ひか | トップページ | 福島製花火の打ち上げ除外を聞きて詠める »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ