« 「隱蔽」なんて高級なものではないのでは? | トップページ | 産經新聞「主張」のいひがかり »

やっぱりいらないから埋めたんだ

ひとつまへのエントリ『「隱蔽」なんて高級なものではないのでは?』の續報です。
8月4日附の朝日新聞朝刊に『「調査に役立たない鉄くず」 中国鉄道事故 当局者が発言』といふ記事がのりました。asahi.comでは見つからなかったので、以下に全文紹介しておきます。

 中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、上海鉄路局の技術責任者が、事故車両について「調査に役立たない鉄くず」と話していたことが明らかになった。中国誌「新世紀」が報じた。鉄道当局に事故車両は証拠品だとの意識が希薄だったことが浮き彫りとなった。
 同誌によると、事故を起こした列車の先頭車両が穴に投棄されていたのを記者が目撃。同技術責任者に理由を聞くと、「鉄くずだから処分した。(鉄道当局の)正常な作業の流れだった」と語ったという。
 また中国紙の経済観察報は、主要駅責任者の話として「事故が起きたらすぐに重機で片付けるのは、鉄道当局がいつもしてきたこと」と指摘。問題になったのは「今回はメディアの関心が高かったから」と述べ、たまたま公になっただけとの認識を示した。
 一方、鉄道省の陸東福次官は「作業空間をつくるため、(車体や部品を)穴の中に積んで置いただけで、埋めていないし、証拠隠滅もしていない」と否定。しかし、実際は穴の中で先頭車両を粉々に壊していた。 (上海=奥寺淳)

ね。わたしの推測とほぼ同じでしょ。彼らにとってはこの程度の事故なんてたいした問題ぢゃないんですよ。だから役に立たない邪魔なものはさっさと片附ける、といふ意識しかない。これが言はれてゐたやうに隱蔽なら、まだ事故が重大問題だといふ認識があるだけマシなんですが、さうではないので、この方がより根深い問題だと言へませう。
やはりかの國の感覺をわれわれと同じやうにかんがへたら大まちがいなのですね。

(附記)asahi.comには載ってゐませんが、同趣旨の記事がスポニチSponichi Annexにありましたので、リンクしておきます。

« 「隱蔽」なんて高級なものではないのでは? | トップページ | 産經新聞「主張」のいひがかり »

コメント

なるほど・・・

鋭いご指摘が裏付けられましたね。
国が違うと、価値観がこうも違うのか、と思いました。

コメントありがたうございます。
良くも惡くも中國は歐米流の考へ方にそまってゐない最後の大國でせうからね。頭の中身はほとんど西洋人であるわれわれ日本人の常識でははかりしれないところがあると思ひます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/52396269

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりいらないから埋めたんだ:

« 「隱蔽」なんて高級なものではないのでは? | トップページ | 産經新聞「主張」のいひがかり »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja