« 今日の「余録」の言語感覺はみごとだった | トップページ | 歷史常識のない「歴史研究家」 »

それ、同名異人ですから

おなじみAmazonからのメールより。

Amazon.co.jpのお客様へ、

以前「永野 護 」関連の永野 護の『敗戦真相記―予告されていた平成日本の没落 』またはその他の本をチェックされた方に ファイブスター物語 リブート (3) TRAFFICS (ニュータイプ100%コミックス)の発売について、ご案内いたします。 商品について詳しくは、商品のリンクから詳細ページをご確認ください。

いえ、それ同名異人ですから。『敗戦真相記―予告されていた平成日本の没落 』は1970年になくなった政治家の永野護が1945年9月におこなった講演の記錄ですから。
Amazonの営業メールって、ほとんど役に立ったことがないのですが、なかでも今回のは失笑ものです。

« 今日の「余録」の言語感覺はみごとだった | トップページ | 歷史常識のない「歴史研究家」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/51906090

この記事へのトラックバック一覧です: それ、同名異人ですから:

« 今日の「余録」の言語感覺はみごとだった | トップページ | 歷史常識のない「歴史研究家」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja