« 官報はいろいろとおもしろい | トップページ | 朝日新聞は本當に歷史にくらい »

平川センセイ、それと非婚率とは關係ないでせう

產經新聞の今日の「正論」欄は比較文化史家、東京大学名誉教授・平川祐弘センセイの「試験不正あり得ない一高の空気」といふ文章。文章全體で言ってゐることはそれほど突飛なことでもない。
しかし、

 公正とは何か。フランスではセンター試験に相当するバカロレアに口述試験がある。日本人は筆記は公正で、口述は地区の数人の試験官の主観で採点が左右されるから不公正だと考える。しかし、試験がないから口述の訓練をしない日本の若者は自己表現が拙劣だ。日本語を上手に話せない者が英語で上手に話せるはずもない。それどころか異性に申し込みもできず結婚率の低下をもたらしている。わが国では目先の小さな公平にこだわるあまり、大局的に非常な教育的損失を重ねている。

といふところは無茶ですねえ。いや、ここも全體的な論旨はまあ良いのだけれど、

それどころか異性に申し込みもできず結婚率の低下をもたらしている。

ってのは無茶苦茶ですよね。
このセンセイによると、日本の非婚率が高くなってゐるのは若者が口下手なためにプロポーズがうまくできないため、らしい。
んなアホな!プロポーズなんてなにも美辭麗句をかさねなくても、ストレートに「結婚してください。」ですむことぢゃありませんか。
非婚率が高くなってゐるのは、經濟的な事情(非正規雇用の增加、女性の經濟力の上昇等)とか、價値觀の多樣化とか、結婚しないことによる不利益や不便が減ったこととか、さういふことが原因でせう。「自己表現が拙劣だ」から「異性に申し込みもでき」ないため、とうのは牽强付會といふか、はっきり言ってしまへばトンデモ理論ですね。
東京大學名譽敎授でも自說を强調するためにはいきなり非論理的になってしまふ人がいる、といふ一例でした。

« 官報はいろいろとおもしろい | トップページ | 朝日新聞は本當に歷史にくらい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/51075190

この記事へのトラックバック一覧です: 平川センセイ、それと非婚率とは關係ないでせう:

« 官報はいろいろとおもしろい | トップページ | 朝日新聞は本當に歷史にくらい »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja