« 大相撲はこの際、膿をすべて出せ | トップページ | 十兩と幕下の待遇格差を縮めてはならない »

トノサマガエルって東京にゐるの?

氣象廳の「生物季節觀測」の對象からホタルとトノサマガエルを除外するとの報道がありました。共同通信47newsの記事をリンクしておきます。
その記事によると

 トノサマガエルの初見日(初めて観測した日)は東京や名古屋、大阪などの気象台や測候所計17カ所、ホタルの初見日は12カ所で観測項目からの除外が決定。除外対象は、さらに増える可能性があるという。

とのことですが、そもそもトノサマガエルって東京には自然分布してゐないのではありませんでしたっけ。東京で一般にトノサマガエルと呼ばれてゐるのは實はダルマガエル(トウキョウダルマガエル)のはずなのですが。
ここで言ふトノサマガエルって、ダルマガエルのことなんでせうか。
くわしいかた、敎へてください。

« 大相撲はこの際、膿をすべて出せ | トップページ | 十兩と幕下の待遇格差を縮めてはならない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/50764283

この記事へのトラックバック一覧です: トノサマガエルって東京にゐるの?:

« 大相撲はこの際、膿をすべて出せ | トップページ | 十兩と幕下の待遇格差を縮めてはならない »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ