« トノサマガエルって東京にゐるの? | トップページ | 關西人ならさうは考へない »

十兩と幕下の待遇格差を縮めてはならない

ふたたび大相撲八百長問題について。
今回發覺した八百長が十兩力士が中心だったことについて、十兩と幕下との待遇の格差の大きさが要因の一つであると指摘されてゐる。
たしかにその差は大きい。報酬といふ面だけをみても、十兩は月給が1,036,000圓。賞與が2箇月分あるので、それだけで年額14,504,000圓。そのほかに力士奬勵金(いはゆる「給金」)が場所ごとに最低160,000圓。ここまでの合計で15,464,000圓になる。持ち給金の大きい力士は、さらにそれだけ收入が增えることになる。
ほかにも力士補助金や出張手當(地方場所の手當)があるが、前者は結髮費用の一部補助だし、後者は部屋によっては宿舍の費用に充當される場合もあるだらうから、とりあへず除外しておく。
一方、幕下はどうかといふと、場所手當150,000圓×6場所=900,000圓。ほかに本場所の成績により、勝星奬勵金と勝越金があるが、これは7戰全勝でも41,500圓にすぎない。
すなはち幕下と十兩では、報酬面で十倍以上の差があるといふことになる。
そのほか、かたや付け人を持つ身、かたや付け人になる身であって、この差も大きい。また、着るものも、その地位によって許されるものに差がある。まさに十兩と幕下では、天國と地獄ほどの格差があると言ってよい。それゆゑに十兩力士が幕下に落ちるのを嫌って星の貸し借りがおきやすい、といふことだ。
まさにそのとほりであらう。
そのため、テレビではこの格差こそ八百長の源泉であり、それゆゑこの格差を小さくするべきだ、といふ論調が多かったさうだ。
ばかを言ってはいけない。
力士の待遇は報酬面もそれ以外の面もふくめて、序ノ口から幕下まではグラデーションのやうに徐々に上がり、十兩になると跳ね上がり、以降はまた橫綱までグラデーションを描いていくやうになってゐる。それはなにゆゑか。一言でいへば十兩以上は關取であり、幕下以下はさうではない、といふことにつきる。
さきほど「力士」といふ表現をつかったが、幕下以下は正式には力士ではない。「力士養成員」が正式な名稱だ。つまり一般社會でいふところの見習ひとか硏修生のやうなものだ。俗には「取的」ともいふ。つまり「關取的なもの」乃至は「相撲取り的なもの」といふことで、決して關取や相撲取りそのものではない、といふことだ。
ここに大きな差があるからこそ、なにがなんでも十兩以上になってやらうといふハングリー精神を生み出す。全體の待遇がグラデーションをなしてゐるのなら、さういふモチベーションは小さくならざるをえない。
ただ、これが逆に作用してしまひ、一旦十兩になった力士が幕下に落ちたくないあまりに八百長に手を染めてしまふ、といふ弊害が出たわけだ。本來なら十兩になるために必死に努力したやうに、落ちないやうに必死に努力しなければならないのに。
たしかに十兩と幕下の待遇差が小さければ、八百長は減るだらう(それだけで根絕できるといふものではない)。そのかわり、關取と呼ばれるために懸命の努力をする力士はもっと減ってしまふことは火を見るより明らかだ。八百長撲滅のために十兩・幕下格差を縮小、といふのは、交通事故撲滅のために自動車を禁止、といふのと同樣の本末轉倒の暴論と言ふほかない。
十兩と幕下の格差の大きさになんとなく搾取の構造を感じてしまふ人もゐるのかもしれないが、それもちがふ。なぜならば、大相撲は基本的に十兩以上の力士が稼いで幕下以下の力士を食はせてゐる構造だからだ。
幕下以下の取り組みを見に行く人がどれだけゐると思ひますか。テレビの中繼(幕下以下はなくなるさうですが)を見ても、幕下以下は客席ががらがらなのがわかると思ひます。「力士養成員」は、文字通り養成されてゐる立場なのだ。
アメリカのプロ野球においてもメジャーリーガーとマイナーリーガーではその待遇が天地ほどにもちがふ。稼ぐ(球團の收入に貢獻する)立場とさうでない(球團の收入に貢獻しない)立場のちがひだらう。角界とておなじことだ。
竹熊健太郞さんはtwitterで「十両は年収400万程度に止めて、そこから出世する毎にどんどん上げていけばいいのでは。十両で一千万超は多過ぎる。 」とつぶやいてゐたが、さきに述べた構造からして、十兩の年收が多すぎると言へるだらうか。現在幕內の定員は42名、十兩の定員は28名。あわせて70人しかゐない。膨大な人數の力士(養成員をふくむ)のうち、關取はたったの70人なのだ。力士總數は場所ごとに增減はあるが、約700人。その一割にすぎない。もちろん多くの者は數年で見切りをつけてやめていくのだから、關取にまで昇進できるものは入門者のほんの數パーセントにすぎないのだ。私見ではそこまでなった者に對して、いまの十兩の報酬は少なすぎるぐらゐだと思ってゐる。拘束時間などから考へれば、力士は世界でもっともめぐまれないプロスポーツ選手、といふ聲さへある。
くりかへす。十兩と幕下の待遇差を小さくしてはいけない。それは八百長の動機であっても、本質的な原因ではない。結果の平等を目指して、生產性の低下を招いた舊社會主義國の例もある。なすべきはその待遇差をいかに發奮材料とするやうにしむけるかだらう。

« トノサマガエルって東京にゐるの? | トップページ | 關西人ならさうは考へない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/50773159

この記事へのトラックバック一覧です: 十兩と幕下の待遇格差を縮めてはならない:

« トノサマガエルって東京にゐるの? | トップページ | 關西人ならさうは考へない »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja