« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月に作成された記事

王將の旦那もエラくなりなすったねぇ

11月19日は下北澤のleteで鬼怒無月さんのソロライブ。
ところで下北澤の驛からleteまでの途中(といふよりleteのすぐ近く)に餃子の王將がある。
粗忽亭のかよってゐた大學は大阪にあるので、學生時代には王將で何度飯を食ったか、とても數へきれない。もう四半世紀もむかしのはなしだ。なつかしいので、ついでにここで飯を食っていかうかと思った。近畿では王將は「伊勢屋稻荷に犬の糞」的にどこにでもあるが、首都圈にはそれほどないし、なぜか粗忽亭の行動範圍にはあまりないからね。
ところが店の前に列。テイクアウト待ちかと思ったら、それもあったけど、入れなくてならんでゐる人もいる。中をのぞいたらカウンターには空席が見へたので、一人なら大丈夫かと思ったのだけど、そこに「お一人樣でお待ちの○○さま~」といふ店員の聲。ああ、一人でも順番待ちでならばなければいけないのですね。
何年か前にお笑ひ藝人らが王將好きを名乘ってから、ちょっとしたブームだといふはなしは聞いてゐたけれど、これほどまでとは。お客さんを外に待たせるやうになるとは「王將の旦那もエラくなりなすったねぇ」といふ感想がうかんでしまった。
それにしても結構さむいこの時期に外にならんでまで王將で飯食ひたいと思ふ人がゐるんだねえ。タイムマシンでむかしにもどって學生時代の儂に「四半世紀後には王將で飯食ふための行列ができてゐるんだよ」って言ってもきっと信じないだらうなあ。
それでどうしたかって?もちろんならぶ氣にはなれなかったので、驛の方向にもどって松屋でカルビ定食を食ひました。
あ、ライブの方は絕品でしたよ。前半5曲+後半3曲、いづれもインプロ。アコースティックギターでいつくしむやうに演奏する。たとへばKIKI BANDのときの阿修羅のやうな演奏とはうってかはって、言ふならば慈母觀音のやうな演奏。とてもおなじ人の演奏とは思へないほどの幅の廣さだ。アンコールは「インプロもネタがつきた」と言って、「Waltzing Matilda」。鈴木大介さんとのデュオでの「Waltzing Matilda」もすばらしいけれど、ソロもたいへんすばらしい。普段は轟音ライブにばかり行ってゐる粗忽亭だが、かういふ心に沁みわたるやうなのも實は好きなのです。本當に良いライブでした。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja