« なさけない强盜 | トップページ | 日付がちがってゐるやうですが »

どうして齊韶なんだらう

映畫「十三人の刺客」がリメークされて、話題になってゐるやうですね。
この映畫で惡役といふか、刺客にねらわれる「暴君」が明石藩主松平齊韶。將軍德川家慶の弟といふことになってゐます。
でも、どうしてかういふ設定にしたんでせうね。
明石松平家は越前松平家の分家で、德川家康の次男である結城秀康六男の直良が家祖です。第二代の直明のときに明石に轉封され、そのまま幕末までつづきました。
齊韶は直良系松平越前家の八代目で、七代直周の次男です。家慶の弟ではありません。
一方、同家九代の齊宣は德川家齊の二十五男。つまり家慶の弟です。しかもこの人、參覲交代中に尾張藩領で行列を橫切った幼兒を切り捨てて、尾張藩主德川齊莊(家齊十二男。つまり齊宣の實兄)を激怒させたと「甲子夜話」にあるさうで、本作品の「暴君」のモデルっぽい人物なのですね。
それなのになぜ、齊宣ではなく、齊韶にしたのでせうね。まったく架空の名前にするのならともかく、不思議でなりません。あるいは最初の映畫のときに、史料を見まちがへて一代まへの藩主の名前にしてしまったとか。むかしはなにかとおおらかであったやうですので、そんなところかもしれません。そのためか、谺雄一郞作・池宮彰一郞原案の小說版では松平齊宣になってゐるさうですし。
あと一つ不思議なのは、映畫では、齊韶は翌年、老中に就任することが決まってゐた、となってゐること。翌年就任することが決まってゐる、といふのもどうかと思ふけど、それ以前に明石藩松平家は御家門だから、老中になれないはずなのだけどなあ。まあこのあたりも最初の映畫のときに深く考へてゐなかったんでせうね。きっと時代考證なんてものはなかったんだらうなあ。

« なさけない强盜 | トップページ | 日付がちがってゐるやうですが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/49614805

この記事へのトラックバック一覧です: どうして齊韶なんだらう:

« なさけない强盜 | トップページ | 日付がちがってゐるやうですが »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja