« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月に作成された記事

白いタンポポのおもひで

デイリーポータルZに「白いタンポポを探す旅に出た」といふ記事がのってゐる。それを讀んでゐて、小學生のころのことを思ひだした。
一年生のころだったと思ふ。あるいは二年生だったか。とにかくそのころ、僕は白いタンポポがあるといふことを聞き、もう見たくて見たくてしかたがなかった。當時、僕は大阪府に住んでゐた。デイリーポータルの記事には「西日本ではわりと普通に見られるらしい。」と書いてあるが、中四國九州のことはいざ知らず、近畿ではやっぱり滅多に見かけなかった。だからこそ一度見てみたい、と少年の日の僕は思ったわけだ。
それが實現したのが遠足のとき。お辨當の場所となった野原に白いタンポポが咲いてゐた。僕はもちろん、白いタンポポの前で、それをながめながらお辨當を食べた。
その感激は大きく、後日、僕はそれを繪に描いた。多分、圖工の時間の課題だったんだらうと思ふけど。
そしてその繪は、校長室前の廊下に貼り出された。
ここには生徒の繪を貼り出す掲示板があり、つねに十點前後の作品が掲示されてゐる。そのなかでも一番よい場所(とあとで聞いた)に僕の繪が掲示されたのだ。
僕に繪心はまったくない。といふよりもってのほかのへたくそだ。兩親ともに繪はだめなので、遺傳だらう。その僕がいままでにただ一度、繪でほめられたのがこのときだった。
なにしろ小學校の一年だか二年だかのことだから、繪がへたであっても氣おくれなどはまったくない。ただただ、まへから見たかった白いタンポポをはじめて見た感激を繪にした。きっとそれが見る人にもつたはったのだらうと思ふ。
この記事を見て、そんなことをふと思ひ出した。

おそくなったけど、「社会派くんがゆく!」Vol.100に對する簡單なツッコミ

まあ今さらだけど、自分用のメモとして。

村崎 でも、この報道を聞いたとき、オレは一瞬美談なのか詐欺なのかどっちなんだろうってマジで考え込んじゃったよ。だって、映画にもなってるけど、明治時代に日本初の孤児院を開いた「児童福祉の父」といわれる石井十次って人は、生涯に3000人以上の孤児を引き取ってみんな立派に育て上げてるし、そういう先例があるんだから、554人の養子ってのも、まんざらリアリティの無い話じゃねえんだよなー。たくさんの孤児を育ててるのが本当なら大した美談だよ。
⇒石井十次は孤兒院を開いて孤兒を育てたのであって、3,000人を養子にしたわけではない。

唐沢 将来的には、小沢=鳩山体制に不満を感じて離脱する民主党議員と、自民党から離脱した議員がくっついて、新しい保守政党を作るって流れになりそうな気がするけどね。民主党も政権取った時点で、変に国民新党や社民党と組むようなことをせずに、切り捨てて独走してればよかったんだよ。特に社民党なんていちばんのガンで、あれのおかげで普天間問題が迷走したようなもんでしょ(★7)。
⇒參議院で單獨過半數ないし、衆議院で3分の2以上の議席を確保してゐたわけでもないので、聯立はやむを得ない。まさか衆議院で300議席あればそれだけで法案が通ると思ってはゐないでせうな。

村崎 人材的にも、いまから特攻隊に志願して命を捨てることも辞さない若者がいるのかっていったら、ネット中毒の自宅警備員ばっか増えてる状況じゃ期待もできないしな。
⇒村崎さんの頭の中では軍隊には特攻隊が必須なんですか。歴史的にみても特攻隊の存在した正規軍といふのは大日本帝國陸海軍のみで、それも約1年しか存在してゐないのですが。

唐沢 沖縄の居酒屋で最も人気のある話題が独立論なんだそうだ(笑)。もちろん、居酒屋政談に過ぎなくて、沖縄には独自の産業もなければ自活できる資源もない。ましてや中国にあっという間に侵略されちまう。誇り高きウチナンチューにはまことに気の毒だが、実は沖縄の価値ってのは泡盛や旨い豚肉をのぞけば、米軍基地があること、というのが一番なんだよ。
⇒いかに中共が野蠻だとはいえ、「あっという間に侵略」したりはできないと思ふがなあ。カラサワ世界には國聯もなにも存在しないのかなあ。

唐沢 北朝鮮という、怖がられているけれど自国だけの力じゃ他所の国に攻め込めないようなダメ国家が間にあるから、まだ微妙なバランスが保てているんだけど、あれが近いうちに崩壊したら、一気に中国と日本は直でぶつからなきゃいけない事態になるからね。
⇒だからいまは20世紀初頭とかではないと何度言へば……。

唐沢 『三国志』なんか読んでも、曹操に追われて劉備玄徳が逃げ込んだ家の主人が、食べさせてあげるものがないからって、自分の妻を殺してその肉を劉備に献上して、劉備はその行いに感動してその男の息子を取り立てたという話が美談として残ってる。
⇒×劉備玄徳 ○劉備(または劉玄徳) 姓+名+字といふ表現はしない。姓+名か姓+字でなければいけない。白居易樂天とか言はないでせう。え、でも諸葛亮孔明って言ふって?あれも劉備玄徳と同樣の誤用です。

村崎 それって、自分の青春を取り戻すとか、そんな感じか? いい年こいたオヤジがいつまでも観てるもんじゃないだろう。そんなに青春取り戻し炊きゃ、こないだ死んだアラン・シリトーの『長距離走者の孤独』とか読めよ!
⇒×取り戻し炊きゃ ○取り戻したきゃ

唐沢 堀内なんて、ジャイアンツの監督もできなかった人間に、国の監督なんてできるわけねーじゃん(笑)。
⇒總理大臣にならうといふのではなく、議員にならうといふのだから、立場としては監督ではなく選手でせう。

※以前の「社会派くんがゆく!」關連記事
唐沢俊一氏は大阪のことを書かないほうがいいと思う
今月の「社会派くんがゆく!」の明確なあやまり
今月の「社会派くんがゆく!」
たびたびで悪いが、「社会派くんがゆく!」につっこみを
ひさびさに「社会派くんがゆく!」に突っ込んでみる
チベット問題は相對化できない
今月も突っ込みどころ満載の「社会派くんがゆく!」
ひさしぶりに「社会派くんがゆく!」につっこんでみようか
「社会派くんがゆく!」Vol.95へのツッコミ
今月もでたらめな「社会派くんがゆく!」
「社会派くんがゆく!」Vol.99についてちょっとだけ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja