« ふざけるな、連休地域ごと分散化案 | トップページ | 今月もでたらめな「社会派くんがゆく!」 »

「女子」といふことば、「男子」といふことば

ネットニュースなんかで「女子」といふことばが使はれてゐたときに、その「女子」がたとへば三十代だったりすると、「もう女子ぢゃないだらう」などとコメントしてゐる人をよく見かけます。「いくらなんでも女の“子”とはいへないだらう」といふことのやうです。
そんなことを書いたことのある人、またはそれに共感してゐる人は手許の辭書を引いてみてください。もちろん辭書によって表現および順番にちがひはありますが、おほむね次のやうに書いてあるはずです。
(1)をんなのこ。娘。(2)をんな。婦人。
つまり「女子」といふことばで成人女性とか中年女性とか、場合によっては老女を指してもなんら問題はないのです。「女子」が「をんなのこ」だけを指すと思ってゐる人の方がまちがってゐるのです。
當然、「男子」といふことばも次のやうに出てゐるはずです。
(1)をとこのこ。(2)男性。
辭書によっては以上に加へて
(3)立派な男。勇ましい男。
の意義がのってゐることもあります。「女子」よりも「男子」の方が語義の幅が廣いんですね。
「男子の本懷」といふ語があります。この場合の「男子」は(3)かな、といふ氣もしますが、廣辭苑では(2)の用例として使はれてゐますね。

« ふざけるな、連休地域ごと分散化案 | トップページ | 今月もでたらめな「社会派くんがゆく!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/47731180

この記事へのトラックバック一覧です: 「女子」といふことば、「男子」といふことば:

« ふざけるな、連休地域ごと分散化案 | トップページ | 今月もでたらめな「社会派くんがゆく!」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja