« 「見合わせた」のではないだらう | トップページ | 今だ!變身! »

トヨタの危機

ほんの一昨年、販賣臺數で世界一になり、近年中に年間一千萬臺を目指す、とこの世の春を謳歌してゐたトヨタがエライことになってゐますな。
リーマン・ショックにつづく不況で販賣臺數がガタ落ちしたと思ったら、アメリカでの大量リコール問題。つづいてあらたな看板商品となったプリウスでもブレーキの不具合が發覺。しかも對應が後手にまはってゐる。といふより、內向きの對應が目立つ。
アメリカでのリコールもなかなか不具合を認めようとせずに、追ひ込まれたやうにリコールを發表してずいぶん評判を落としたが、プリウス問題でも「感覺の問題」と言ひ譯をして不興を買ってゐる。
さらには豐田章男社長がなかなか會見に出てこず、これまたいまごろになってやっと、引っ張り出されたかのごとく會見した。創業家出身の「殿樣」を守りたかったのかねえ。これこそ內向きの發想だよね。といふより、就任の際、「逆風下だから、創業家出身者を社長にして求心力を云々」とか言ってゐたやうな氣がしますが、その考へそのものが內向きに思へてなりません。どうして創業家出身者が社長になったら求心力が出るのか、わたしにはさっぱり理解できない。一連の不具合の對應の遲れとかも、さういふところの延長線上にあるやうな氣がする。
往々にして、なにかがピークを極めてゐるときは、すでに沒落が始まってゐるといはれる。
トヨタも一昨年の販賣臺數世界一をピークにこのまま坂道を轉げ落ちかねないのぢゃないか、とそんな不安を感じる。そしてそれはそのまま日本經濟の凋落のひきがねにもなりかねないのではないか。
これが杞憂であることを心から祈る。

« 「見合わせた」のではないだらう | トップページ | 今だ!變身! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/47495569

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの危機:

« 「見合わせた」のではないだらう | トップページ | 今だ!變身! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja