« 屍體洗ひのアルバイト | トップページ | 「社会派くんがゆく!」Vol.95へのツッコミ »

神野先生、おめでたうございます

財政學者の神野直彦先生が紫綬襃章を受章された。
わたしが大學(經濟學部)に入った當時、神野先生は學者になられてすぐのときであり、わたしのかよってゐた大學の助手をされてゐた。助手なので、まだ講義はもっていらっしゃらなかった。
いまはどうか知らないが、當時、その大學の經濟學部では、二囘生に必修(ただし無單位)として基礎演習といふものを課してゐた。簡單に言へば、三・四囘生でやる演習の豫行のやうなものだ。わたしらアホ學生に對してゼミの受けかたを敎育する、といふのが一番の目的だったのだらうと思ふ。さういふ具合だから、三・四囘生での演習と擔當敎員や專攻分野は別に關係はしない。
この基礎演習の擔當敎員の一人が神野助手だった。そしてわたしは、神野先生の財政學基礎演習を受講したのだった。神野先生はこの年の十月といふちょっと半端な時期に助敎授に昇進された。そもそも先生が助手に採用されたのが前々年の十月だったやうに思ふ。
そしてたしか翌年、三囘生のときには財政學の講義も受講したやうに記憶してゐる。
卒業後、しばらくして「ニュースステーション」をみてゐたら、「東京都税制調査會會長(政府税制調査會委員だったかもしれない)の東京大學敎授・神野直彥先生」がゲストで出てきたのでびっくりした。それ以降、先生の名前を新聞等でよく見かけるやうになった。すっかり財政學の權威になっていらっしゃったのだった。
さきにも書いたやうに、わたしが一囘生だったころは、先生はまだ助手で講義をもっていらっしゃらなかった。つまり、わたしをふくむ上記の基礎演習の生徒(たしか十人だったと記憶する)は神野先生の敎へ子第一號だったといふことになる。
わたしは繪にかいたやうな不肖の敎へ子ではあるが、自分にいささかなりとも緣のあった方がこのやうな榮譽を受けられたことは、やはりなにかうれしく感じるものだ。
神野先生、紫綬襃章、おめでたうございます。
それにしても中島みゆきさんや久石讓さんと同時受章なのですね。感慨深いものがありますね。

« 屍體洗ひのアルバイト | トップページ | 「社会派くんがゆく!」Vol.95へのツッコミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/46673014

この記事へのトラックバック一覧です: 神野先生、おめでたうございます:

« 屍體洗ひのアルバイト | トップページ | 「社会派くんがゆく!」Vol.95へのツッコミ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja