« さすがは產經新聞 | トップページ | 君子は豹變できるからこそ君子なのだぞ »

文化廳的には「手をこまねく」のださうだ

文化廳から平成20年度「国語に関する世論調査」の結果についてが發表されてゐます。その調査結果については特に論評する氣はないのですが、氣になったのは「10.言葉の意味」の項目。
五つの言葉を挙げて,どの意味で使っているかを尋ねた
ものなのだけど、その(1)が「手をこまねく」。たしかに辭書にすら「こまねく」がのってゐたりするけれど、本來は「こまぬく」。「こまねく」ってのは、いはば「ねこ」を「ぬこ」と言ってゐるやうなものだ。「ぬこ」よりもずっと許容度は高いけどね。
それでも文化廳のやうな機關が調査するのなら「こまぬく」でするべきだと思ふんだけどなあ。
これで何年かのちに「手をこまぬく」と「手をこまねく」のどちらが正用か、てな調査をやって「あやまって“こまねく”と言ってゐる人が多い」なんてコメントが出たりするとわらふなあ。
それはさうと、googleで檢索してみると、「手をこまぬく」が約30,200件、「手をこまねく」が約11,800件でした。結構ただしくつかってゐる人が多いといふことなんですね。

« さすがは產經新聞 | トップページ | 君子は豹變できるからこそ君子なのだぞ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文化廳的には「手をこまねく」のださうだ:

« さすがは產經新聞 | トップページ | 君子は豹變できるからこそ君子なのだぞ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja