« 2009年3月18日 ホーンの雄叫び! at 新宿Pit Inn | トップページ | Amazonのおすすめはあひかはらずわからん »

映畫「ヤッターマン」を見てきた

おくればせながら、映畫「ヤッターマン」を見てきました。
結論から言ふと、「よかった!」であります。
まへにも書いたけど、わたしは山本正之ファンではあるけど、タイムボカンシリーズそのものにはあまり思ひ入れはない。以下はさういふ人間の書くことだと承知のうへ、お讀みください。

まづ、最初の場面。廢墟になった街がうつり、バックにいかにも山本節、といふ感じのBGMが流れる。もうこれで「なにがあらうがすべてOKだ。」といふ氣分にさせられた。
そしてタイトルロールのバックに「ボカンで育って大人になって」のインスト。もうこれだけでも感動してしまふ。
そしてヤッターワンの出撃シーンには山本さんうたふ「ヤッターマンの歌2009」。ヤッターキングの出撃シーンは甲本ヒロトさんの「ヤッターキング2009」。と、音樂のつかひ方がいちいちつぼを押さへてゐる。もうこれだけでも觀る價値はあると思ひました。
もちろん音樂だけぢゃなく、CGもよいし、ストーリーにも文句ありません。ギャグも個人的にはまあまあOKだと思ひました。んでもってなにより、フカキョンが綺麗でした。ドロンジョさま最高!
といふやうな感じで、ギャグだけを期待して觀に行くとちょっと不足かもしれないけど、總合力で十分見るに値する内容だと思ひました。
で。これ、海外でも公開されるんでしたっけ?外國の映畫館で山本節がどーんと流れるんですね。うーん、すごい。

« 2009年3月18日 ホーンの雄叫び! at 新宿Pit Inn | トップページ | Amazonのおすすめはあひかはらずわからん »

コメント

私も山本正之さんのファンですが、ヤッターマンやタイムボカンシリーズにはさして思ひ入れがあるわけではなく、この実写版ヤッターマンも特に興味を抱いてゐませんでした。
が、少し前に山本正之さんと甲本ヒロトさんが出るときいて、これは見てみなければと思ってゐたところに粗忽亭主人さんの日記を拝見しました。
BGMでも山本さんの曲が多用されてゐるとはますます興味が湧きました。
とかなんとか云って結局、映画館ではなくDVDで見ることになるかもしれませんが。

コメントありがたうございます。
山本正之さんの音樂および歌唱は三池監督のたっての希望ださうで、交涉をまかされたプロデューサーは「OKをもらふまで歸ってくるな。」と言はれたとか。これだけでも監督が山本節なくしてヤッターマンにならないことをよく理解してゐることをうかがはせます。
別の人のブログで主題歌あつかひでないことに對して「結局この程度のあつかひか」と不滿をならしてゐるのを見かけましたが、それは贅澤の言ひすぎといふものでせう。これはあくまでテレビアニメ「ヤッターマン」ではなく、劇場用實寫映畫「ヤッターマン」なのですから。逆にエンディングが嵐の歌でなければ櫻井翔さんのファンから、「主演俳優に對するリスペクトがない」との聲が上がることでせう。
ヤッターワンの出擊シーンでは「ヤッターマンの歌2009」がフルコーラス(ワンコーラスではありませんよ)流れるのですから、これで文句を言ったら罰が當たるとわたしとしては思ひます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/44446592

この記事へのトラックバック一覧です: 映畫「ヤッターマン」を見てきた:

« 2009年3月18日 ホーンの雄叫び! at 新宿Pit Inn | トップページ | Amazonのおすすめはあひかはらずわからん »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja