« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月に作成された記事

朝日新聞今日の朝刊より(コネタ2題)

今日の朝日の朝刊に、小さいながら變な記述を二つ見つけたので、ちょっと突っ込み。

その1
“食卓は今 ギョーザ事件から1年 上 消費者の不安、なお”といふ記事(執筆時現在、asahi.comに掲載なし。同シリーズらしき記事の掲載はあるので、近日中に載るかも)から。

「不況で私のような年金生活の一人暮らしは緊縮家計。(後略)」

殘業手當やボーナスぢゃあるまいし、不況でも年金支給額はかはらないと思ふけど。公的年金は一應物價スライドだけど、その場合は年金が下がる=物價の下落なわけだし。そもそも數箇月單位で年金額が變動するわけでもない。年金生活者のくらしが樂でないのはわかるけど、いまの不況とむすびつけるのは無茶苦茶です。

その2
消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」北大が調査”といふ記事。

バイキングと呼ばれた北方の人々が、温暖化を背景に人口を増やし、海へと乗り出して欧州各地を征服、緑の島だったグリーンランドにまで勢力を拡大した。

グリーンランドがいつ「綠の島」だったんですか。グリーンランドは一部をのぞいて寒帶でせうが。なにゆゑさういふ名前なのかといふと、「發見」者のエイリークが、入植希望者が多數あらはれることを願ってつけた、といふのが一般的な説ですけどね。
エイリークの時代(10世紀)には温暖な氣候により、南部に植生が見られたためにさう名づけたとの説もあるさうですが、それにしても「綠の島」といふほどではなかったはずです。といふより、グリーンランドがアイスランドのさらに北方にあるってわかってゐるのかな、この記者は。
オホーツク人は樺太や千島列島から北海道に南下してきたのだらうけど、バイキングがデンマーク・スカンジナビア半島・アイスランドからグリーンランドに達したのは北上ですよ。どうして同一視できるんだらう。この記者さん、よっぽどアタマが不自由なのかもしれない。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja