« 新常用漢字の音訓もいまひとつ整合性に缺けるやうな氣が | トップページ | 則天文字は漢字にあらず? »

1月21日 鬼怒無月アコースティックギターソロ at lete

鬼怒さんのギターソロライブは結構おこなはれてはゐるものの、粗忽亭はあまり行ってゐない。多分いままで1回しかないんぢゃないかなあ。理由は、かういふライブは割と郊外の、それも小さなお店でやることが多いから。豫約しておかないと入れるかどうかわからなかったりするんですね。ピットインの豫約は單なる優先入場權のやうなものだから行けなくなってもあまり問題はないのだが、かういふライブは人數限定だったりするので、豫約しておきながら行けなくなる、なんてわけにはいかない。お店に迷惑がかかってしまふ。それゆゑ確實に行けさうなときにしか豫約できないのだ。そんなわけで、粗忽亭にとってはたいへんレアな鬼怒さんのソロライブなのである。
leteといふのは下北澤にある小さなCafe&Bar。ライブは20名限定だけど、これだって結構無理に椅子をならべてゐる感じ。そんな親密な空間でのライブでした。
で、この日のライブは、結論から言ってすごくよかった!の一言につきます。客の中に粗忽亭の知り合ひが何人かいたけど、そのうちの一人も、人間のやることだから好調不調はあるけど、今日はすごくよかった、と言ってゐた。バンド編成でストラトを高速・大音量で彈くときは調子惡いなら惡いなりにごまかしも聞くだらうけど、アコギソロぢゃそんなわけにいかないだらうからね。
この日やったのは、3曲をのぞいてあとは卽興だったのだけど、1曲をのぞけば、すべて曲想もすばらしいものばかりだった。そしてもちろん演奏は言ふことなし。とてもソロとは思へない。これ、音だけ聞かされて、ギターデュオだよって言はれたらみんな信じてしまふんぢゃないだらうか。などと思ったりしたのでした。
普段は大音量なライブにばかり行ってゐる粗忽亭だけど、かういふのもしみじみ良いなあ。本當に行ってよかったと心から思へるライブでした。

« 新常用漢字の音訓もいまひとつ整合性に缺けるやうな氣が | トップページ | 則天文字は漢字にあらず? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/43820273

この記事へのトラックバック一覧です: 1月21日 鬼怒無月アコースティックギターソロ at lete:

« 新常用漢字の音訓もいまひとつ整合性に缺けるやうな氣が | トップページ | 則天文字は漢字にあらず? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja