« 社名に暗示された産地僞裝 | トップページ | 笑ろた »

くだらない議論を

どうして國の國語關係の審議會といふのはかうも程度がひくいのだらう。大東亞戰爭敗戰後のどさくさにまぎれて世にも愚劣な新かなを制定し、當用漢字を制定した。漢字制限→將來的には漢字全廢、音標文字化といふ考への當否はここでは問はないが(もちろんわたしは否であると思ってゐる)、字數の制限だけではなく、愚劣醜惡極まりない字體の改變をおこなった。
この國語政策は當初、新聞社など字數制限の恩惠を受ける勢力のつよい支持を受けたが、コンピューターの發展・普及にともなひ、字數制限の恩惠が新聞社・印刷業者等のみならず、實際に文章を書く個人にとってもうすれ、むしろつかひたい字がつかへない不便の方ばかりが目につくやうになった。戰後國語改革はもはや破綻したのだ。
しかし文部(科學)省もいまさら國語改革は破綻しました、全部チャラにします、とも言へず、姑息な彌縫策のみをくりかへしてゐる。いま現在も常用漢字表の改定を作業中だ。なんでも191字ほど追加するらしい。ちょっとまへにどんな字が追加されるかの一覽が新聞にのってゐたが、わたしは見てゐない。わたし自身は常用漢字表にしばられる氣などさらさらないからだ。
だが、Yahoo!ニュースを見てゐたら、『「しんにょう」の点は1つ?2つ? 結論持ち越し 文化審漢字小委』といふ記事があったので、讀んでみた。くはしくはリンク先を讀んでほしい。
それにしても文化審議會漢字小委員會の委員といふのは馬鹿と暇人のあつまりなのだらうか。よくこんなつまらないことで議論を白熱させて結論を持ち越したりできるなと思ふ。
文字の表記といふのは本來フレキシブルなものだ。特に手書き文字といふのはどうしてもさうなる。アルファベットの筆記體をみればよくわかるはずだ。たとへば「Q]などは活字體とほぼ同じやうにも書けば、圓の部分を閉ぢずに「2」にちかいやうなかたちにも書く。わたしが小學生のころ見た子供向けのテキストにも本によって兩方の字體があった。
文字數のすくないアルファベットでさへさうなのだ。文字數の多い漢字はなほさらだ。漢字にはさまざまな異體字があるのはそのためだ。よく知られたところでは「島」「嶋」「嶌」などがある。これはどれが正しいといふものではない。どれでもよいのだ。ただ、敎育などの便宜の點から、なにかを標準にするのはやむをえないだらう。きはめてバラエティにとむ日本語を、東京山の手のことばをベースとして「標準語」をさだめたやうに。
之繞にしてもおなじことだ。2點なり1點なりを標準とさだめ、他方でもよい、としておけばよいだけのはなしだ。どちらを標準とするのが望ましいかといへば、當然傳統的な字體である2點だらう。その採用を躊躇するべきではない。ましてや
子供に『この字はなぜ2点?』と聞かれて簡単に説明できない
から1點にすべきだなんて主張は本末轉倒もいいところだ。本來すべきは、いままで1點としてきた既存の常用漢字の之繞の字體もこれを機に2點を標準とあらため、從來からの經緯にかんがみ1點も可、とすることだらう。
だいたいからして1點だ2點だと決めつけなければ子どもに敎へられないといふ發想からして非敎育的だ。こたへはただ一つといふ○×テスト的發想の産物にすぎない。正解が複數あるものは複數あると、曖昧なものは曖昧だと敎へるのが敎育の役目ではないのか。ちがふといふのなら、たとへば「之繞」はなんと讀むのだ。これは學校でも「しんねう」でも「しんにゅう」でも可、と敎へてゐるのではないか。「延繞」は「えんねう」なのに「之繞」は「しんにゅう」だなんて子どもに説明ができないなんて言ってゐる馬鹿はゐないはずだ。
さういふ意味で事務局案といふのは(既存常用漢字の字體にふれないといふ大きな瑕疵はあるが)、比較的まともなものだ。それに對して1點統一案をとなへてゐる一部の委員とやらはまさに曲學阿世の徒と言って過言ではない。かういふ連中は日本語と日本のためにさっさと委員を辭任してほしい。

« 社名に暗示された産地僞裝 | トップページ | 笑ろた »

コメント

いま、之繞の点が一つか二つかなんて馬鹿げた議論をやってゐるのですか!
驚きました、といふよりあきれました。
活字体なら標準を統一しておいた方が便利でせうから、まぁ、統一すればよいと思ひます。
(でも、これも国にとやかくいはれる筋合ひはないですね)
むろん、その時は本来の字体である二点を支持します。
で、学校で教へる時はどちらでもいゝと教へれば済むことです。
主人さんが仰るやうに「1點だ2點だと決めつけなければ子どもに敎へられないといふ發想からして非敎育的」です。
それにしても、「小委の大勢は事務局案に同意したが、「子供に『この字はなぜ2点?』と聞かれて簡単に説明できない」などの主張も根強かった」だなんて、かういふ馬鹿が議論に参加している時点でこの委員会の質がしれます。
たゞ、文化庁が意外とまともなのは少しホッとしたといふか・・・。

ところで、常用漢字に何を追加するかなんていふ議論も愚の骨頂ですね。
議論すべきは実質的な漢字制限になってゐる常用漢字なる制度・概念の撤廃でしょう。
いや、論をまたず一刻も早く撤廃してもらひたいものです。
いふまでもなく、国語関係の審議会も。
文科省は高校卒業程度までに学校で教へる漢字、仮に「教育漢字」とでもしておきますが、この「教育漢字」の選定だけに専念して欲しいものです。

>あび卯月さん

コメントありがたうございます。出張等のため、返コメが遲れまして申しわけありません。
常用漢字といふものは當用漢字の時代にくらべて制限色はうすいのださうですが、國がさだめるものである以上、どうしても制限色は出てきます。それでゐてその國家機關やそれに準ずる機關がどの程度常用漢字表を尊重してゐるかといふと、あまりしてゐないやうなのです。
先日わたしのもとに來た某獨立行政法人からの電子メール(個人ベースのものではなく、正式なものです)添付の附屬文書(Q&A集)の質問項目には「如何」といふ語が9項目中8項目もつかはれてゐました。ちなみに「いかん」と讀むもの6つ、「いか(なる)」または「いか(に)」と讀むもの2つです。「如」も「何」も常用漢字ではありますが、「如何」を前記のやうに讀むことは常用漢字表付表においても許容されてゐません。これなどは常用漢字表といふものがいま現在において、いかに無意味なものになってゐるかをしめす一例でせう。
そもそも常用漢字表を改訂して文字數をふやすのはなにゆゑかといへば、それらの文字が常用漢字表に記載されてゐないにもかかはらず、日常的に使はれてゐるからにほかなりません。この一點を見ても、常用漢字表なるものがもはや日本語表記の規範たりえないことは明らかです。
貴兄のおっしゃるとほり、今後文部科學省がすべきことは、どの漢字をどの段階の學校で(あるいはどの學年で)敎へるべきかを定めることに專念すべきだと思ひます。すなはち日常生活に必要不可缺な漢字を義務敎育のあひだで、必要不可缺とまではいかないが知っておくことが望ましい漢字を高校で敎へられるやう、それぞれの漢字の使用頻度などを調査研究することこそが必要な漢字政策であらうと思ひます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/43231539

この記事へのトラックバック一覧です: くだらない議論を:

» You Tubeの動画で学ぶ漢字の読み書き [You Tubeの動画で学ぶ漢字の読み書きブログ]
小学生・中学生の国語・漢字の学習に役立つYou Tubeの動画を紹介します。 児童の国語力アップや漢字検定(漢検)挑戦に役立ててくださいね。 楽しみながらやる気にさせる、視覚を使っての漢字学習 音読み、訓読み、部首、画数を目で学び勉強しましょう。ご迷惑でしたらお手数ですが削除をお願いします。... [続きを読む]

« 社名に暗示された産地僞裝 | トップページ | 笑ろた »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja