« 往復ともに座席トラブル | トップページ | わざわざそんなルビを »

韓國の子どもがちょっとかはいさうになった

「痛いニュース」にあった記事
まあ、領土係爭中の地を自國のものだって敎へるのはわかる。といふか、そのへんはわが國ももっと見習ふべきだと思ふ。
だけど、その際にはちゃんと相手側の主張・根據も紹介して、そのうへで自國の主張の方の正當性・優位性を強調するのが正しいやり方だらう。これを讀むかぎりでは、どうも日本側の主張・根據はまったくふれられてゐないみたいだ。歴史的經緯なんかも敎へてゐないのだらう。
しかも
「ドクトに攻めて来る国は日本」
なんてことまで敎へてゐるんだね。日本人ならだれ一人信じないうそを。良くも惡くも、日本は紛爭解決手段としての武力の發動を憲法で放棄してゐるのに。當然そんなことはおくびにも出さず、日本はいまでも帝國主義國家だ、なんて敎へてゐるんだらうね。
一番あきれるのが
「国際裁判」の寸劇でも、日本は完全に主張が退けられ、悔しがると言う場面まで生徒が演じました。
のくだり。日本は國際司法裁判所に付託しようと再々言ってゐるのに、それを拒否してゐるのは韓國の方だ。そんな寸劇をやらせるぐらゐなら、とっとと「国際裁判」とやらに應じて、日本を悔しがらせればいいぢゃないか。勝負から逃げておいて、「まあ、たたかったら俺が勝つけどな。」と言っているわけだ。それとも、「相手が勝負から逃げてゐる。」とか大噓を言ってゐるのだらうか。
くりかへすが、領土係爭中の地を自國のものだと敎へるのはよい。だが、それは、あくまで事實に基づいて、そのうへで自國の主張の正當性を敎へるべきものだ。はじめから偏頗なうそを敎へて、國際的に通用しない人間をつくることではない。
こんな敎育をされてゐる韓國の子どもがちょっとかはいさうになった。

« 往復ともに座席トラブル | トップページ | わざわざそんなルビを »

コメント

かういふ記事を読むと朝鮮は北も南も程度の差こそあれ、やってゐることは変はらないなと感じます。
私が教へを受けてゐる教授は支那人留学生に「日本はあなた方の国と違って言論の自由もあるし、資料も沢山揃ってゐる。だから中国のことが本国にゐるより知れるはず」と説きます。
そして中国のことを色々話すと、案外素直に聞いてくれて、あるいは「初めて知りました」と喜ぶ学生も少なくないさうです。
さういへば、私も大学の研究発表で毛沢東以後の中国について説明したところ、支那人留学生から「はじめて知った。ありがたう」と云はれたことがあります。
大変嬉しく思ったことですが、考へてみれば中共ではそれほど情報が規制されてゐるのかと暗澹たる思ひもしたものです。
韓国の現状もこれとあまり変はらないやうですね。
結局、情報が統一・規制されてゐる。
そして、自国に都合の悪い事実を発表すれば大学教授であっても社会的に抹殺される。
領土問題に限らず、歴史問題にしても和解なり解決の第一歩は情報(事実)の共有にあると思ひます。
現状ではそれもままならない状態ですが。。

>あび卯月さん

コメントありがたうございます。
まったくおっしゃるとほりだと思ひます。
どのやうなことであれ、事實を知ることがなによりも大事だと思ひます。事實を知り、自由に意見をのべることができる、これができない體制下の人々は本當にかはいさうだと思ひます。わが國はいろいろ問題はあっても、それができる國です。この一點において、わたしは現代日本の國民であることに感謝し、かつ誇りをいだいてゐます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/42387228

この記事へのトラックバック一覧です: 韓國の子どもがちょっとかはいさうになった:

« 往復ともに座席トラブル | トップページ | わざわざそんなルビを »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja