« 韓國の子どもがちょっとかはいさうになった | トップページ | 朝日新聞、日本語崩潰 »

わざわざそんなルビを

今日の朝日新聞夕刊の「窓 論説委員室から」。タイトルは「21世紀が始まった朝」。執筆者は三浦俊章。その中の一節。

自由で開かれた社会を逆手にとって、人々を不安に陥れるテロ。

この引用文中、「逆手」に「さかて」、「陷」に「おとしい」とルビがふってある。
後者は問題ないが、前者は本來「ぎゃくて」と讀むべきもの。柔道なんかで、關節を反對にまげて取ることをいふ。「さかて」といふのは、逆上がりのときの鐵棒の握り方、あるいは座頭市の刀の握り方のやうなものの持ちかたをいふ。
よって、この場合は「ぎゃくて」が正しい。
現在では「さかて」と誤讀される場合が多く、その讀みもほぼ容認されてはゐるが、嚴密には正しくない。わざわざルビを正しくない方でつけることはなからう。
朝日新聞の論説委員さんと校閲擔當者さんは、相當日本語に不自由とみた。日本語が碌にできなくても、朝日新聞社では出世できるんですね。氣樂な稼業だなあ。

« 韓國の子どもがちょっとかはいさうになった | トップページ | 朝日新聞、日本語崩潰 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/42436054

この記事へのトラックバック一覧です: わざわざそんなルビを:

« 韓國の子どもがちょっとかはいさうになった | トップページ | 朝日新聞、日本語崩潰 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ