« 3月5日 de-ga-show at 新宿Pit Inn | トップページ | 大わらひした誤植 »

ちかごろ感動したこと三題

その1 チベットの騷亂・虐殺事件に關聯して

チベットの騷亂で、多くの僧侶や一般市民が中共政府の手によって虐殺されてゐるとの報道に接して、たいへん胸が痛みます。非武裝・丸腰の人びとが、軍隊や武裝警察によって一方的に殺されてゐるのですね。悲しみと怒りで胸がいっぱいです。
民主主義者でも人權主義者でもなく、かつ憲法9條改正原則贊成派である反平和的で暴力的で野蠻な私でさへこんなにもこの事態を憂慮してゐるのですから、民主的で人權意識にあふれる反戰平和團體のかたがたの怒りはいかばかりでせうか。反戰平和なみなさんがどうおっしゃってゐるのか、ちょっと見てみませう。

9条ピースウォーク
ピースウォーク
不戦のネットワーク
ピースウォーク金沢
平和を望む東大生の会
ストップ!「報復」戦争・市民の会

あれ?どこもチベット問題にふれてゐませんね。なぜ?
あ、さうか。あまりの悲しみ、怒りに我を忘れるほどに興奮して、とても聲明文など書けるやうな精神状態ぢゃないんですね、きっと。さうとしか考へられませんよね。
いやあ、かくも深き反戰平和の思ひ。感動いたしました。決して反戰平和を言ひ立てる相手を日本と合衆國に限定してゐる、なんてことぢゃありませんよね。


その2 福岡縣田川郡香春町立勾金中學校の問題について

たうたう逮捕者が出たやうですけど、そんな惡辣非道な生徒でも放校にできないんですね。なんといっても子どもの權利は大切ですもんね。義務敎育を受ける權利の前には校長や敎頭が心勞でたふれたり、ほかの生徒が受ける迷惑なんかはものの數ではないんですよね。
やっぱり人權とか民主主義って、大事なんですね。人權主義者でも民主主義者でもない私にはよく理解できないんですけど、さういふもんなんですね。
國民はすべて平等ですから、そんな彼らとて義務敎育である中學校を卒業することができるんでせう、きっと。授業にも出ないでいつ業を卒(を)へたのかよくわかりませんけど。
ほんと、民主主義とか人權とかって偉大ですね。感動いたしました。
はなしはかはりますが、ソビエト社會主義共和國聯邦とか、朝鮮民主主義人民共和國といふ國がかつて存在しました。あるいは現に存在してゐます。一部の「民主派」なかたがたによると、日本よりも民主的な國ださうです。そのためでせうか、非民主主義者の私はこの兩國の體制が大きらひです。かういった國に生まれなかったことを天に感謝してゐます。そんな私でも、かういふ國にある、あるいはあったといはれる矯正勞働キャンプなるものの存在がすこーしだけうらやましく思へてしまふことがあります。なぜなんでせうね。


その3 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の改正運動について

最近の世の中のうごきの中でもっとも感動したのがこの問題です。この記事とかこの記事とかでみなさん、御存じですよね。
彼らの人權意識の高さには感動の興奮をおさへきれません。私も性的虐待をふくむすべての兒童虐待には大反對ですから。
そのために16歳とか17歳の、女子なら結婚可能な年齡の“兒童”も小學生や幼穉園兒の兒童と同樣に保護しなければならないわけなんですね。なるほどなるほど。その人權意識の高さはさすがです。彼・彼女らも小學生・幼穉園兒同樣に行爲の意味も理解できないで、だまされて兒童ポルノを撮影されかねない、そしてそれが將來にわたって心の傷になりかねないといふことですね。
そればかりか『18歳以上の人が児童を演じるようなビデオなど』もだめと。具體的には『「子どもと見分けがつかないような、例えばセーラー服を着ているとか」といったもの』ださうです。18歳をこえてゐようが、20歳をこえてゐようが、セーラー服とかブルマとかを著て、ポルノな撮影に應じてしまふやうな人は兒童同樣に保護しなければいけないんですね。特に童顏だったり、貧乳だったりする人はさういふ格好をしてゐようがゐまいが兒童同樣に保護しなければいけないかもしれないわけですね。いやー、人權意識の低い私には思ひつきもしませんでした。
さらに『アニメ、漫画、ゲームソフトなどと、18歳以上の人が児童を演じるようなビデオなど』も「準兒童ポルノ」として違法化せよ、と。すばらしい。古來SFにはロボットが人間同樣に高度化したとき、その權利はどうなるのか、といふテーマで書かれた作品がいくつもありました。でもさすがのSF作家も繪にまで人權をみとめるべきかといふテーマには行きつきませんでした。この運動をおこなってゐるかたがたの人權意識の高さはSF作家の想像力などはるかに凌駕してゐたのですね。ふかく感動いたします。決して「現實と空想の區別がついてゐない」わけではありますまい。
そしてフェイクやフィクションなど「準兒童ポルノ」をふくめた廣義の兒童ポルノの單純所持も違法化すると。兒童の人權を侵害するケシカラヌ兒童ポルノ(準をふくむ)をボクメツするためには内心の自由などものの數ではないといふことですね。その人權意識の高さ、あらためて感動の渦であります。
さてみなさん、この運動がみのり、華氏451度的理想社會が到來すれば、われわれもこの法律にふれないやうに氣をつけなければなりません。
アダルトビデオを御所持の健康な若者のみなさん、モデルがセーラー服を著てゐるやうなケシカラヌものはまじってゐませんか。部屋のすみに積み上げたままになってゐるエロ雜誌のグラビアにセーラー服姿のモデルはゐませんか。
寫眞が趣味のおとうさん。むかし購讀してゐた「カメラ毎日」のバックナンバーは大丈夫ですか。沢渡朔さんや石川洋司さんが掲載されてゐましたよね。そんな號はのこってゐませんか。え、そんなふるい雜誌、段ボール箱に入れて納戸のおくに放り込んであるのでさがすのも大變?いえいえ、一人でさがすのは大變でも、おまはりさんが十人がかりとかでさがすと、あっといふ間に見つかってしまひますよ。
腐女子のみなさん、純情な高校生の主人公がちょっと危險な香りのする大學生にひかれていくうちに禁斷の仲になっていく、なんて漫畫をお持ちぢゃありませんか。兒童ポルノ法の對象に男女の別はないんですよ。氣をつけてくださいね。
ネットで山川純一さんの漫畫で大笑ひしてゐたみなさん、ハードディスクに保存してゐたりしないでせうね。たしか高校生が出てくる作品がいくつもありましたよね。五千いくらも出して「ウホッ!!いい男たち」を買ってしまったなんて論外ですよ。
やたらいろんな本や雜誌を買ひこんでは、すてられずにためこんでゐるみなさん。その數萬册の藏書の中になにがあるかもう把握してゐないでせう。ほんと、なにがあるかわかりませんよ。ある日突然おまはりさんにふみこまれたりしないやうに注意しませうね。
それもこれも兒童の人權保護のためなんですから、しやうがないんですよね、きっと。
さういへば日本弁護士連合会がこの問題に關する意見書を發表してゐます(あ、未來日付だ)。それによると日辯聯は、この方向での法改正に反對のやうです。弁護士法には「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。」と書いてありますが、きっと日辯聯はこれに反した團體なんでせうね、日本ユニセフ協會さん、アグネス・チャンさん、マイクロソフトさん、ヤフーさん。人權主義者ではない私にはよくわからないのですけど。

« 3月5日 de-ga-show at 新宿Pit Inn | トップページ | 大わらひした誤植 »

コメント

今更ながら記事を拝見して、いつものやうに拍手喝采でありました。

私はチベット問題について、反戰平和團體のサイトをめぐつてみることはしませんでした。
なるほど、みなさん「あまりの悲しみ、怒りに我を忘れるほどに興奮して、とても聲明文など書けるやうな精神状態」ぢゃないんですね。
いやあ、さすが反戰平和團體のみなさん。
私よりもずつと心を痛めてをられるのですね。

さて、改正児童ポルノ法案ですが、所謂二次元人の児童ポルノも規制されるのであれば、私などは即逮捕です(笑)
どうしても、丸尾末広や古屋兎丸の本を焚書する気にはなれません。
冗談でなく、厳密に漫画アニメなどの十八歳未満の猥褻表現(=準ポルノ?)を規制するのであれば基準が曖昧である限り日本の漫画アニメのほとんどが焚書されるのではないでせうか。
普通のポルノでも児童を演じれば違法だなんてなんだか笑つてしまひさうになりますが、実際のところ恐ろしいことですね。
かういふ問題は反対すると「お前はポルノを持つてゐるから反対するのだらう」と反撃されがちなのでみなあまり声を大にして反対しませんが、私はなんと言はれやうとも声を大にして反対いたします。

>あび卯月さん

コメントありがたうございます。
「準兒童ポルノ」の單純所持が犯罪化されたら、吾妻ひでおファンたる私も無事でゐられないかもしれません。「陽射し」などのいはゆる純文學シリーズは完全にアウトでせう。「やけくそ天使」「やけくそ黙示録」あたりもあぶないかもしれません。「ふたりと5人」や「ななこSOS」、あるいは「贋作ひでお八犬伝」だって該當しかねないシーンはあります。
さういふ點をふくめて、この記事で書きもらしたことを新記事にしました。あはせてお讀みいただければさいはひです。

なにかおかしなことがまかり通る昨今、貴方の様な正論を
堂々と言える方にエールを送りたいです。
違法性のある画像は規制されて然るべきですが、想像の産物たる2次元まで拡大解釈されてはかないません。
私も吾妻ひでを先生を師と仰ぎ、私の絵の根幹を成しています。
私から絵を取り上げられては何の人生意味がありましょうか?
只の嫌悪感から方向を誤らないで欲しいものです。

コメントありがたうございます。
このときの改正といふか、改惡の動きはなんとか流れましたし、今般の東京都の條例もなんとか廢案になりました。
しかし、石原都知事はまだ全然あきらめてゐないやうですね。石原氏は、性描寫漫畫の作者は卑しい仕事だとまで發言したとか。東京都は猪瀬直樹副知事も例の條例を推進する立場のやうで、二人とも作家出身、といふより現役作家でもあるのに、表現の自由の問題についておそろしく無神經なのは不可解でなりません。
兒童ポルノ法の方も、みんなの黨が今度の參議院選擧比例代表制に改惡推進派の中心である警察官僚出身の後藤啓二辯護士を擁立するなど、豫斷を許さない状況です。
まったく合理性も科學性もない感情論によって、おかしな法律や條例を作られてはたまったものではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/40556124

この記事へのトラックバック一覧です: ちかごろ感動したこと三題:

« 3月5日 de-ga-show at 新宿Pit Inn | トップページ | 大わらひした誤植 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ