« ミスリード | トップページ | 「ヤッターマン」のリメイクについて »

漢字(戰後略字)に關する迷妄

どことはいはないが、私が目を通してゐるとあるブログで漢字の字體のことがちょっと話題になった。そこに次のやうなコメントがついた。

〈引用ここから〉
私は、あまりいろんな漢字を区別して使うことに反対です。たとえばわたなべさんという苗字は、以前は渡辺か渡部の2種類が書けたらよかったのに、このごろは渡邊とか渡邉とか、とても憶えられないような漢字をつかいます。(コンピュータだから書けるので手では書けない。私は辺で勘弁してもらってます)この2字の違いはルーペがないとわからないので、老眼には、ジジハラとしか思えません。こんな苗字のひとは渡辺に換えなさい。そのほうがトクですよ。

日本は戦争に負け、民主的な世の中にするため、漢字を簡略化しました。「恋」は戦前は 糸言糸+心 と書いた(わかりますか)。「体」は昔、 骨豊 と書いた(うまい)。ずっと便利になった。ところが、君が代や日の丸を強制する反民主主義勢力が、いろいろ戦前の体制に戻す運動の一環として、名前に関しては、旧字の使用を認めた。そのインボーに安易に乗っかった人が自分も困り、まわりも困らせているのです。
〈引用ここまで〉

私はこのブログはまったくのROMなのだが、正字正かな主義者の私まで「君が代や日の丸を強制する反民主主義勢力」と言はれてゐるみたいで、なんとなく不愉快であった。
私は「民主主義者」ではないが「反民主主義勢力」でもない。民主主義には一定の效用をみとめてゐる。それと同時に一定のマイナス面も認めてゐるだけだ。この點について書きはじめると民主政治と民主主義とをわけて論じるなど、日乘の1エントリではとてもおさまらない量になるので、省略する。問題は漢字の戰後略字(當用漢字、常用漢字、擴張新字體)についてだ。本來は當該ブログのコメント欄に書くべきことかもしれないが、そこは漢字についてのブログではなく漫畫についてのブログであり、KYと言はれかねないので自分のところに書く。
引用部分の前半については、まことに大きなお世話ではないだらうか。その傳でいけば、嶋田さん嶌田さんも島田と書け、といふことだらうか。名前といふのはアイデンティティそのものだ。どういふ字體で表記するかは大きく言へば個人の信條にかかはってくる。安易に損得で判斷すべきものではない。前にも書いたが、德川光圀を德川光國と書かれたら、やはり變だ。ほかにも私は澁澤龍彦(彦は本當はこの字ではない)を渋沢竜彦と書かれたら別人のやうにしか思へない。
後半については、ほかにもなんとなく、こんなふうに思ってゐる人がゐるのではないだらうか。これはまったくの誤解、といふより迷妄である。戰後の漢字改革(當用漢字音訓表制定による漢字制限ならびに略字體の採用)は民主主義とは關係がない。
日本には明治以來、否、幕末の前島密以來、日本語の音標文字化を主張する勢力が多數ゐた。その言はんとするところは、單純化すると「日本や支那よりも進んでゐる歐米諸國は漢字など使ってゐない。音標文字を使ってゐる。ゆゑにわが國語も音標文字(かな乃至ローマ字)化すべきだ。」といふことだ。
これは明治以來、政府、特に文部省の方針として長く維持されてきた。文部省の肝煎りでナントカ調査會とかナントカ審議會といふものが作られ、何度もその方向での答申が出された。しかし、一國の文字表記をかへようといふのである。當然反對もつよい。有名どころでは新村出博士が反對者だ。そのため、戰前は一度も決定・實施にいたらなかった。
ところが大東亞戰爭の敗戰による混亂に乘じて、といふか、一億總懺悔、これまでのものはすべてマチガイ、といふ風潮に乘じて文部省がクーデター的に發表・實施したのが當用漢字音訓表だ。當用漢字音訓表の發表時點では、文部省はこれは過渡的なものとかんがへてゐた。過渡とはなんの過渡か。漢字全廢、國語の音標文字(具體的にはかな)化のだ。そのために漢字の數を制限して、字體も簡略化したのだ。しかし、その後、中心勢力であったカナモジカイの松坂忠則の引退もあって、そこで頓挫した。ざっと言へばこのやうな經緯だ。以上見たやうに、當用漢字音訓表制定は明治以來の政府・文部省の宿願であった。戰後の民主化とは關係ないことが理解できよう。
漢字を簡略化して便利になった、といふが、印刷の字體と手書きの字體は別物だ。手書きでは國を国、あるいは口、または口の中にヽ、で一向に構はない。別段正字だからといって不便だといふことはない。
右派勢力の中に比較的正字正かな派が多いのは事實だらうが、だからといって「戦前の体制に戻す運動の一環として」「旧字の使用を認めた」といふのは飛躍にすぎない。先に名前をあげた澁澤龍彦などは「君が代や日の丸を強制する反民主主義勢力」どころか、みづからアナーキストをもって任じてゐた人だ。これをみても政治思想と文字表記の思想(とでもいふべきもの)は關係ないことがわからう。
文字の表記といふのは純粹に文化の問題だ。變に政治とからめてかたるのはやめてほしい。

« ミスリード | トップページ | 「ヤッターマン」のリメイクについて »

コメント

いつもながら、粗忽亭主人さんの御意見にまつたく同意です。
いえ、同意といふより「よくぞ書いてくださつた!」といふ思ひです。

それにしても引用文の内容はほとんど妄言ですね。

実は私の苗字も旧字体表記です。
「このごろは~」とありますが戦後もずつとこの表記を使つてゐますよ(笑)
このごろになつて皆旧字を用ゐ始めたとでも思つてゐるのでせうかねえ。
また、苗字を新字に改めろと言はれたら全力で抵抗します。
引用文子さんはとんだ文化破壊論者ですね。
それ以前にアイデンティティーを破壊する行為を是としてゐるのですから、恐ろしいとしか言ひやうがありません。

また、漢字を簡略化して民主的な世の中になるのならば日台中のなかで中国がもつとも民主的な国家であるはずで、台湾がもつとも半民主的な国家になつてゐるはずです。
それとも中国こそが民主的な国とお考へなのでせうか。

他にも「体」は昔は「體」と書いたとありますが、なるほど本字はたしかに「體」でしたが、表記においては支那でも古くから「体」が用ゐられてゐます。

「反民主主義勢力が、いろいろ戦前の体制に戻す運動の一環として、名前に関しては、旧字の使用を認めた」
これもなんと反論してよいやら・・・。
ならば、旧字を認めない人は民主的な人で旧字を認める人は非民主的な人なのか。
主人さんも書いてをられるやうに文化の問題でせう。
私なんかは「では、文化の多様性を認めないことが民主的なのか、ならば民主主義なんぞまつぴらごめんだ」と言ひたくなります。
一部の勢力によって漢字の表記はかうすべしと押し附けることが民主主義思想に則つた発想なのか引用文子さんに訊いてみたいところです。
それこそ、非民主的な行ひではないでせうか。

>あび卯月さん

コメントありがたうございます。
この引用文の主が若い人ならば、かういふ誤解もまあ、仕方がないかな、とも思ふんですが、引用しなかったところで「私は長い間(約40年間)、巻という漢字をまちがって書いていました。」と書いてゐるところを見ると、おそらく50歳前後の人ではないかと思はれます。その年代にしてこのやうな迷妄を持ってゐるのかと思ふと、暗然たる氣分にならざるをえません。おそらくあやまった「サヨク思想」にかぶれた人なのぢゃないでせうか。(註)
サヨクの人といふのは、自分たち「だけ」が民主的で、ほかはすべて反民主的だ、と思ひたがる傾向があるやうです。共産主義や社會主義を看板にした國家の國號は「朝鮮民主主義人民共和國」とか、「ドイツ民主共和國」とか、「民主」をかかげたものが目立ちました。そしてかういふ國・人は自分たち「だけ」が民主的だと思ひ、そのうへ民主主義を至上の價値觀だと思ってゐるゆゑ、自分たちと考へのちがふ者を排擊・彈壓することにためらひがないのではないでせうか。かつての東側諸國やいまの北朝鮮當局が反對者にあびせることばは「反革命分子」「反民主主義者」が常套句でした。
本來民主主義には「少數意見の尊重」の原則があり、多樣な意見や文化を容認するはずのものなのですが、いまは「多數決」といふ、もう一つの原則の方ばかりが強調されすぎてゐるやうに思ひます。
あびさんもご指摘のとほり、中華民國は繁體字を採用してゐますが、政權交代の面などからすれば、日本よりも民主的といっても過言でない國です。中華人民共和國や日本が簡體字や當用漢字體を採用したのは、その方が效率的だと考へたからにほかなりません。この效率といふ面もパソコン・ワープロの普及で最早破綻したといっていいでせう。
ところで引用文の主は先の引用部分のあとに「私が40年以上間違いに気づかなかったのは、私の字で問題なく通じていたからです。人間の判断力には融通性があるのです。」と書いてゐます。そこからみちびかれる結論は「手書き文字は適當でいい。印刷書體さえしっかりしてゐればいいのだ。」となるべきだと思ふのですが、どうして「私は、あまりいろんな漢字を区別して使うことに反対です。」になってしまったのでせうか。まったくもって理解に苦しみます。

(註)私自身は共産主義や社會主義に贊同しないし、共感するところも少ないのだが、さういふ思想が一定の有用性を持ってゐたことは認めてゐる。さらに、思想のために命をかけた人には敬意すらいだいてゐる。しかし、いはゆるサヨクといふのは、その思想の表層だけをかじって、自分たち「だけ」が正義で、反對者を全否定するやうな連中である。私は翼の左右を問はず、さういふ連中は大きらひだ。

空氣を讀まずに先方のコメント欄に書込んで來ましたよ。國字改革の推進派こそ反民主主義的だと。松坂忠則が積極的に陸軍に働きかけてゐましたから嘘は言つてゐません。

民主主義なら國民は寧ろ全體として保守的であるべきでせう。急進思想が一般化したらあつと言ふ間に民主主義は崩潰します。なんかその邊が日本では根本的に勘違ひされてゐる氣がします。

>野嵜さん

コメントありがたうございます。
野嵜さんが先方で書かれたとほり、漢字簡略化は大東亞共榮圈内で日本語を共通語化するために必要、との主張もありました。
どちらにしろ、コンピューターが普及した今となっては、漢字簡略化の主張といふのは時代おくれの主張でせう。にもかかわらずJISなどが擴張新字體を發表して文字體系をさらにみだしてゐるのはまことに不見識といはざるをえませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/17339300

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字(戰後略字)に關する迷妄:

« ミスリード | トップページ | 「ヤッターマン」のリメイクについて »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja