« 10月27日 颱風には負けた | トップページ | 「大聯立」って普通の言葉だろ »

日本シリーズ第5戰の繼投問題雜感

日本シリーズは大方の豫想どほり(?)、いきほひにまさるドラゴンズの日本一となりましたね。
で、なんですか。先發の山井大介投手が8囘まで完全試合だったのに、9囘からリリーフエースの岩瀨仁紀投手にかへられたとか。岩瀨投手も三者凡退におさへて、繼投での完全試合といふことになったのださうですね。
この件について玉木正之さんがご自身のサイトで、つよく批判してゐるさうです。曰く「100年に1度あるかないかの凄い興奮の瞬間よりも53年ぶりの優勝を確実にしたかったというならナント小心な夢のない野球か!」
まあ、玉木さんならさういふでせうね。玉木さんはむかしから一貫して、勝敗にのみこだはる野球を批判してきた。野球がゲームである以上、勝敗は大事ではあるが、もっと大切なことがある、といふことだ。それは、プレーヤーの側からすればおもいっきり打ったり投げたり走ったりするダイナミズムであり、觀客の立場からすれば、みてゐてわくわくすること、血沸き肉踊る感覺、兩方あはせて一言でいふならば、野球本來の樂しみ、といふことだらうと粗忽亭は理解してゐる。
粗忽亭は玉木さんの文章については、そのユーモアセンスと、本人がそれをおもしろいと思ってゐるらしいことをのぞけばおほむね好きだ。今囘の件についても玉木さんの主張を支持する。そもそもヒット1本打たれてから、あるいはフォアボールを出してからかへてもおそくないではないか。1對0と、最小リードであった點は理解するが、いきなりホームラン打たれても同點になるだけ。しかも3勝1敗だったんだから、逆轉負けしてもまだ大丈夫。「Wシリーズでもたった1回の記録」と天秤にかけたら、そちらの方がはるかに重いと思ふけどねえ。
正之といへば、「燃えよドラゴンズ!」の山本正之さんはどう思ってゐるだらう。山本さん、落合ぎらいだからなあ。「日本一になったんやからサッサと辞めてほしい。」には完全同意ではないだらうか。
ところで、この件を報じた産經新聞(web)の記事タイトルは「あわや完全試合…中日・山井、非情の交代」(イザ!の記事Yahoo!ニュースの記事msn産經ニュースの記事)。完全試合しちゃいかんのかね。産經は記者もデスクもそろって日本語が不自由らしい。

« 10月27日 颱風には負けた | トップページ | 「大聯立」って普通の言葉だろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/16950088

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ第5戰の繼投問題雜感:

« 10月27日 颱風には負けた | トップページ | 「大聯立」って普通の言葉だろ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja