« 8月31日 板橋文夫DUO at 新宿Pit Inn | トップページ | 9月5日 勝井・鬼怒・サム at 新宿Pit Inn »

9月1日 missing link at イシモリホール

イシモリホールでは3度目のmising link。
19時40分、あたふたと到着。一番前の真ん中のテーブルにすわる。入りは8人、かな。あいかわらず動員苦戦中。いいバンドなのになあ。
19時45分開演。最初にNAVEさんによるメンバー紹介。「早川さんは、いつもはエレキベースをひいてもらっているんですが、ここでやるときはアコースティックベースをひいてもらっています。」前回のイシモリのときは、アップライトエレキベースだったが、今回は正真正銘のコントラバス。なお、中山さんはmissing link @ イシモリではアコースティック・ピアノ。
いつもどおり、プログラムを転記。

1st stage

1,G-FUNK(T.Watanabe)
2,Monk's Spirit(T.Watanabe)
3,Chasi(T.Watanabe)
4,Amberglis(T.Nakayama)
5,Tarzan in Tokyo(T.Watanabe)
6,The spell was cast(T.Watanabe)

2nd stage

1,O QUE ME IMPORTA(Cury)
2,Retrate em branco e preto(T.Jobin)
3,tribal funk(T.Watanabe)
4,Congo King(T.Watanabe)
5,AZAMI(T.Watanabe)
6,POP8(T.Watanabe)
7,K's walk(T.Watanabe)

1,は後藤をフィーチャーした曲。
2,はモンクの魂、かと思ったら、モンクの亡霊、だそうだ。モンクをイメージして4・5日前につくったばかりの4ビート曲。3,とつづけての演奏。ベースソロからはじまり、吉田がマウスピースを使っての水笛、つづいてアンサンブルに。吉田のアドリブがすばらしい。
5,はトランペットのソロからはじまり、アンサンブル、吉田がバリサクをふきながら場内を歩き、そのまま後方で演奏。
6,はパーカッション対決がききどころ。
1st stageは70分。
休憩25分をはさんで2nd stage。
1,と2,のラテンナンバーはつづけて。
3,はパーカッション・デュオからはじまり、ベース、ピアノがくわわり、つづいて管がくわわる、という構成。
4,と5,もつづけて。5,のイントロ部分はベースのアルコ+ピアノ。本編もベースがぶっとくて格好いい。
ここで渡辺が「今日も残すところ、アンコールを入れて2曲となりました。」呵呵。7,はアンコールということになっているらしい。ふたたびメンバー紹介をして、6,。
ひきつづいてアンコール7,。ピアノソロ良。パーカッション・デュオ+ピアノ~パーカッションのみ、と展開していくところも良。22時32分終了。
終演後、久原大河画伯と雑談および今日の感想。早川さんのアコベはすばらしい、エレベも豪放だが、アコベはそれ以上に豪放だ、たまにしかひかないのが勿体ない、などという話など。
帰宅時、大久保駅とのりかえ駅と2度にわたってぎりぎりで電車にのれなくて、次の電車を待つ。2度かさなると結構時間のロス。微妙についていない。

« 8月31日 板橋文夫DUO at 新宿Pit Inn | トップページ | 9月5日 勝井・鬼怒・サム at 新宿Pit Inn »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/11797702

この記事へのトラックバック一覧です: 9月1日 missing link at イシモリホール:

« 8月31日 板橋文夫DUO at 新宿Pit Inn | トップページ | 9月5日 勝井・鬼怒・サム at 新宿Pit Inn »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja