« 6月14日 Niida UNIT "duende" at 新宿Pit Inn | トップページ | 6月29日 missing link at 新宿Pit Inn »

6月23日 芳垣安洋KC5 at 新宿Pit Inn

出演は芳垣、青木タイセイ(tb)、塩谷博之(ss,cl)、吉野弘志(b)、高良久美子(perc)。
1時25分ごろ着。まだだれもいない。このメンバーなら、もっとこむかと思っていたのだが。
その後、VTR機材をもった二人組が待ち合い用の椅子にすわったりしたので、なにかの撮影が入るのかと思ったら、ライブ・フリークの方のVTRスタッフだったらしい。毎度いうことだが、平和共存のためにも他店の椅子をつかうようなことはやめた方がよろしい。
すこしおくれて19時40分開場。その時点で10人。当然、一番まえにすわる。開演時(20時15分)には20人ぐらい。
最初にメンバー紹介。吉野のことを「いつも(演奏で)いじめられているので、いじめかえそうと思ってよびました。」 高良のことを「この人のことを、いじめられているなんていうと、あとがこわい。」云々。
1曲目「Makam Yegah」(Traditional)。2曲目「Turkish Van」(青木)。3曲目「MBIR-VA」(芳垣)。4曲目は「あふれ出る涙」(ローランド・カーク)。最初の方に「屋上の飛行機凧」が入っていたかもしれない。
「“魚鳥”とフンデルトヴァッサーの家」で前半終了。
25分ちょっと休憩。
「後半はジャズの偉大な作曲家の曲をやります。」と言って、吉野の「竹」。吉野「曲順まちがえたかと思った。」インドネシアの竹製楽器で阿鼻叫喚のイメージをねらったもの、とのこと。
青木の「March 4」、ブライン・イーノの「By This River」、青木の「Indigo May」とつづき、ラストはハラの「平和に生きる権利」。
アンコールに「短めで楽しい曲」とのことで、芳垣の「Lester B」。短めと言いつつ10分強。終了23時。

« 6月14日 Niida UNIT "duende" at 新宿Pit Inn | トップページ | 6月29日 missing link at 新宿Pit Inn »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/11716594

この記事へのトラックバック一覧です: 6月23日 芳垣安洋KC5 at 新宿Pit Inn:

« 6月14日 Niida UNIT "duende" at 新宿Pit Inn | トップページ | 6月29日 missing link at 新宿Pit Inn »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja