« 3月28日 坂田明グループ at アケタの店 | トップページ | 4月2日 やる気なし »

4月1日 渋さ知らズ at 新宿Pit Inn

昨晩は期末会で遅めの帰宅。ちょっとだけネットをのぞいて寝ようとしたのだが、未明近くまでうろうろしてしまった。
そのせいで午前中、目は明いたもののうごく気力なしで皮膚科をサボり。いかんなあ。昨日から薬切れているのに。一週間なしで大丈夫だろうか。
午後、ヤフオク落札物の配達二つ受け取り。一つはうる星やつらDXフィギュア。
もう一つはコゲどんぼ氏関係。落札したのは「CHOCOLA」の2001~2003のみだが、出品者が引越しなので、同2000(実はすでにもっている)と「ぴたテン」関係18冊もよければもらってくれ、というので、ありがたくいただいたもの(ほかにクリアファイルや下敷きも同梱してくださっていた)。コゲどんぼ氏には、いままで絵にしか興味はなかったが、ぱらぱらと目を通してみると、「ぴたテン」も結構おもしろそう。
夕方、Pit Innへ。恒例の四月馬鹿渋さ知らズ。恒例といっても、筆者ははじめて。
途中、都営地下鉄の切符を買おうとすると、硬貨が全部もどってくる。何事かと思ったら、250円入れたつもりが、251円入れてしまったのだった。それなら認識できない1円玉だけを戻せばいいのに。気のきかない券売機だ。
19時25分ごろ着くと、店の前は人人人。チケットを買う人がとびらを開けると音がきこえてくる。まだリハーサル中らしい。
19時30分を少しすぎてリハが終わったらしく、出演者がつぎつぎ外に出て行く。そして開場。
今日は客席の前方スペースがダンス、パフォーマンスおよび一部ミュージシャン用に大きく取られている。そのため、椅子はテーブルなしで4列のみ。3列目のはしの方にすわる。筆者の整理番号は13番なのだが、連れの席確保、が多数あった模様。
場内超満員。20時10分ごろ、まだ開演もしていないのに後方で一人たおれた、との声。あの混雑のなか、無事運び出されたのだろうか。
そのすぐあとに開演。出演は、とにかく多数。不破さんが掲示板に書いた予告をそのまま引用しておく(片山さんのまね)と、
「片山さんリマてっさん佐藤はん川口隊長小森のおネイ様立バナちゃん
あらた吉田隆一ぶりぶり鬼頭哲たつみっちちゅーばっかおかだいちゃん
臼井加藤崇之んたまんシューミー関根マリチョフ松つの犬クララ改めヨーゼフ犬チャーリー磯辺ヒゴーさんあやや中島んさちこん
太田恵資さんか反町鬼郎ブラザー伊郷
渡部ふんどしですパンツじゃないよさやかペロ東洋しもちえたかこ
の皆様あたりがあたりまえだのクラクションぎゃぁスガダイロー」
とのことだが、ほかにも何人かいたと思う。
で、内容だが――とにかくすごかった。残念ながら筆者にはこれを文章で書きあらわす能力はない。展開もつっぱしりまくりで、淡々と曲順とかを書くことすら、できかねる。反町鬼郎やブラザー・イゴー(筆者はこの二人の出演ライブは初)の破壊力をはじめ、大騒ぎで大馬鹿で、ひたすらパワーあふれるものだった、とだけ書いて、あとは放棄させてもらおう。
この日乗はテキストオンリーの方針なのだが、本当はこういうライブは写真の2・3枚も載せておいたほうがずっと雰囲気が伝わるのだろうなあ。
開演以来、ノンストップで、終了は23時5分。ほぼ3時間。不破さんも上機嫌で「渋さ知らズは本当にいいバンでですので、これにこりずにまた来てください。」とさけんでいた。
帰りの5月1日の山下洋輔SESSION#1のチケットを買い、その他予約7件。昼、電話し忘れていたので、電車の中でメモにしたものをわたして予約依頼。開場前にやるつもりだったのだが、今日のチケット販売で忙しそうで、とてもできなかったため。それにしても、ゴールデンウィークがあるとはいえ、5月はなんでこんなにおもしろそうなプログラムが多いのだ。

« 3月28日 坂田明グループ at アケタの店 | トップページ | 4月2日 やる気なし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/9424936

この記事へのトラックバック一覧です: 4月1日 渋さ知らズ at 新宿Pit Inn:

« 3月28日 坂田明グループ at アケタの店 | トップページ | 4月2日 やる気なし »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja