« 3月25日 こまっちゃクレズマ+原マスミ at 新宿Pit Inn | トップページ | 3月28日 坂田明グループ at アケタの店 »

またぞろツッコミの虫が

うずきだしたので、ツッコミ二題。
一つ目は「蛆虫日誌@生涯一穢多 by Cybazzi! +かずまん」の「愛媛靖国参拝訴訟で神社を訴えたのは坊主」。
うーん、全然わかっていない。「そもそも靖国参拝訴訟の根底には「戦死者はよい霊、A級戦犯は悪い霊」という思想があります。」って、靖國訴訟を起こす人は全員がA級戦犯の合祀を問題にしていると思っているのだろうか。前にも書いたとおり、財団法人全日本仏教会自体が「信教の自由」「政教分離の原則」の観点から首相や閣僚の靖國参拝に反対しているのだが。
だから「宗教関係者が宗教を訴える、というのは問題がある」というのこそ言いがかり。いや、そもそも「宗教を訴え」たのではなく、首相の行為を憲法に定められた「政教分離の原則」に反する、と訴えたのだが。(その当否は筆者の任ではないので、ここではふれない)
「死者の霊に差別はない、という仏の教え」というのもまとはずれ。真宗では死者はみな西方浄土に往生する、と主張しているのであって(そういう意味で差別はない)、「神になる」と主張していない。それどころか(これも以前に書いたが)「神祇不拝」が教義の一つなのだが。
よって、僧侶がこういう訴訟を起こすこと自体はきわめて論理一貫しているんだがねえ。


二つ目は「酒井泰三オフィシャルHP エレクトリックの窓」の3月24日の「TAIZO`S VOICE 」。
泰三さんは大好きなギタリストなので、心苦しいのだが、ここまで無茶書いちゃなあ。ツッコミ癖をおさえることができませなんだ。
いや、PSE法の問題点には異論はないのだが。

「あったのは、先頃の松下のガスファンヒーターだろうがー!
そんなもんに託けて、中古製品を売れないように圧力かけて、これ憲法違反だろうが!」
って、PSE法は松下ガスファンヒーター問題よりずっと以前に成立しているんだし、中古品も検査を受けるなど、売る道があるのだから、憲法違反にはなりえないよね。

ディーゼル規制についても、「石油業界への軽油の硫黄成分の除去もしくは減少と自動車メーカーサイドに対しての技術指導」もやった上で、旧車にPM減少装置の取り付けを義務付けたのだが。それゆえ日本で販売されている軽油は(少なくとも石油連盟加盟各社の販売品は)硫黄分10ppm以下になっている。これは世界最高水準なんですがね(勿論硫黄分の少なさが)。ちなみにそのための総投資額は二千五百億円といわれています。なお、1997年にも硫黄分の低減を実施していて、そのときと合わせると五千億円ぐらいになるらしい。

「会社法?ったって怪しいぜ。
無料残業・首切りの規制撤廃ってえのが、盛り込まれてるはずだ。」
会社法にはそういうことはまったく書いてありません。そもそも会社法は会社の機関(組織)設計だとか、決算の手続きだとかを定める法律であって、残業とか首切りとかってのは労働法(労働基準法等)の守備範囲だし。

てなわけで、ネットに書いてあることをそのまま信じてはいけませんよ、勿論、ここに書いてあることも含めて。というお話でした。(と無理矢理オチをつける)

« 3月25日 こまっちゃクレズマ+原マスミ at 新宿Pit Inn | トップページ | 3月28日 坂田明グループ at アケタの店 »

コメント

はい、突っ込まれました。
なるほどー、そうだったんですか。ナニセ言い訳しますが、私めの不勉強・無知ということなんですね。失礼いたしました。
もう、興奮して書きまくった・・みたいになると、化けの皮、剥がれまくりますね。はい、無知です。
で、言い違いとか勘違いをネットに乗っけてしまうと、本当に危険ですね。そう言いながら自分でもしてしまう・・という「アホナ例」ということにしといてくださいませ。
ただ大意は、ご理解いただきたいと思います。
PSEにしてもディーゼル規制にしても労働法云々ということも、オカシイ・ヤバイ事は、いつのまにか知らない間に決まってしまうのです。それが本当にヤバイと思います。

> 泰三様

御本人よりのコメント、痛み入ります。
本文にも書いたとおり、悪気はなかったんですが、つい突っ込んでしまいました。すみません。
勿論大意は了解しているつもりです。特にPSE法については、ミュージシャン諸氏の反対もあって、無事骨抜きになったようで、一音楽ファンとして幸いに思っています。
個々人の書くことにはどうしても限界はあるもので、実は私もこれを書いてから、弁護士にもPSE法憲法違反説をとなえている人(紀藤正樹弁護士など)がいることを知りました。断定的に「なりえない」と書いちゃいけませんでした。
つぎにライブにうかがえる機会を楽しみにしています。

またまた酒井泰三です。私は、実名でネットにああじゃこうじゃと書いているわけですが、先の「大意」というものは、「怒り・憤り」なんですね。貴方は、どうですか?PSEにしたって、あれだけの大騒ぎは、「売る方法」も一般の中古業者には検査費用がベラボウで・・ということで、職業選択の自由が侵害されてしまうかもしれないという要素があったと聞いています。間違いならごめんなさい。憲法云々は、暴言でしたね。で、「松下云々」という比喩は、楽器・コンピュータで、大きな火災になったのか?(PSEの理由として中古家電の事故の可能性)ということが言いたかったわけです。自分のマーシャルから煙吹いたことはありますがね。火事にはなりませんでした。それで、家電で、事故ということで、松下云々だったんですが、法律成立の時期ということは、あまり関係無いのではないでしょうか。問題なのは、変な法律だということです。
そしてディーゼル規制・・硫黄成分云々は、世界最高水準の低レベルということは、知らなかったです。でもあの規制の仕方で言いたかった事は、結局ユーザーに大きな負担を強いる(車を買い換えなければならなかった)・・という決め方だったですね。当時私もディーゼル車に(しかも4ナンバー)乗っていたので、大変に迷惑したものです。ディーゼル車、好きなのに!それにフィルターを付けるといっても大変に高額で(だいたい40万ぐらいだったですか?)そんなもん付けられないっすよ。で、技術的には、燃焼時の温度を一定にする技術だとか、燃料噴射を超ミスト状態にするとか、あるらしいですが、すっかりディーゼルは、悪者になってしまいましたね。たかだか某石〇のパフォーマンスでね。ディーゼルは、好き嫌いはあるでしょうが、燃費・トルク的に優れているところがあると思います。ハイブリッドにしてもディーゼルは、相性いいみたいですよ。
長々と書きましたが、「大意」は、「怒り・憤り」である・・と弁明させてください。そして貴方は、「勝手に知らぬ間に決められる」事をどうお考えになりますか?

> 酒井泰三様

ふたたびコメントありがとうございます。
憲法云々については、憲法違反を主張しておられる弁護士さんもいらっしゃるぐらいですから、私の方が少々軽率だったかと思っています(違憲かどうか議論の余地ありということで)。
ディーゼル車規制については……あれは完全に石原知事のパフォーマンスですね。煤煙問題もないわけではありませんが、泰三さんも書いてらっしゃるとおり、ディーゼルは燃費にすぐれている。つまりこれは話題の炭素排出という面では環境に良い、ということになります。ヨーロッパではそういう理解もあって、ディーゼル車の比率が高いと聞いています。つまりディーゼル車にもプラスの側面もマイナスの側面もある。それを石原知事は一方的に悪者あつかいしたんですね。そもそも石原知事は国の環境政策を槍玉にあげていますが、あんた元環境庁長官でしょうが、他人事のように非難できる立場じゃないでしょうが、とそれこそツッコミを入れたいものです。
「勝手に知らぬ間に決められる」事……問題が大きすぎて、正直いって私の手におえることではありませんが、これについてはマスコミの責任も大きいと思いますね。日本の場合、法律はすべて国会で決まっています。そしてその国会はすべて公開されています。だからといって個人個人が国会の論議をすべて傍聴するわけにもいきませんから、重要な問題はマスコミがきちんと報道して国民に知らせなければいけない。それこそがマスコミの責務だと思います。
PSE法だって、施行が今年なだけで、法律が成立したのは数年前です。そのときにその問題点はおろか、こういう法案が上程されている、という報道すらほとんどなかったと記憶しています。
そのくせ自分たちの既得権にかかわる、新聞の再販制度特殊指定(要するに新聞の値引き販売を禁止すること)の維持には、随分紙面を割いて熱心に訴えていたりします。
制度上は「知る権利」が保障されているはずなのに、実際にはなかなか個々人に届かないものがある…ここが問題なのでしょうね。

返信コメント、ありがとうございます。
大方の志・・というのでしょうか?言い方が、大げさですが、全く同意いたします。
私は、思うのです。
国会で物事は決まっていく。
しかし、その支持の基準が、選挙だけというのは、あまりにも遠い気がします。どんな組織でも、いろんな不都合が、ありますね。問題は、自浄作用があるか?ないか?のような気がします。
そこが、一番やりたくないことなんでしょうね、きっと。
既得権益ってやつですか?なんだかなあー・・ですね。
第三者によるチェック機構が必要な気もします。

まー、なんだか硬い話になって申し訳ありません。
やっぱり音楽が、一番いいです!ってそこに持っていくかぁ?
ですが、今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/9284635

この記事へのトラックバック一覧です: またぞろツッコミの虫が:

« 3月25日 こまっちゃクレズマ+原マスミ at 新宿Pit Inn | トップページ | 3月28日 坂田明グループ at アケタの店 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja