« 3月24日 梅津和時・早川義夫 at 新宿Pit Inn | トップページ | またぞろツッコミの虫が »

3月25日 こまっちゃクレズマ+原マスミ at 新宿Pit Inn

「梅津和時プチ大仕事2006」最終日。
今日も立ち見多数の盛況。最前列にすわる。
20時8分、こまっちゃクレズマ登場。1st setはこまっちゃのみで。
梅津「原マスミさんだけをききたい人は今のうちに外で空気を吸ってきても結構です。でも、できればきいていてください。2nd setは原さんとやります。原さんをききたくない人は1st setで帰っても結構です。……いや、両方言っておかないと不公平だから。」
というわけで、開演。
1曲目は1分ほどのみじかい演奏。あまりにみじかいので、客席から笑いが。実はこれ、映画「河童」(音楽:梅津さん)の冒頭の曲「河童は語る」。ちなみにこの曲、「河童」のサイトのTrailerできけます。
ここでメンバー紹介。関島(tuba、リコーダー)の担当をベース、といったのは、わざとだったのか、まちがったのか。
「ミザルー」、「Moon Cat」、「HAVA NAGEELA」、「コンノートのくつみがき」とつづく。
多田の息がととのうまでのあいだ、物販の宣伝。梅津が「売り子の美人のお姉さんの声がうるさいですが。」と。開演前からさかんに呼び込みをやっていたのだ。実はバイオリニストの美尾洋乃さん。
で、息がととのったところで「2022年七夕まで」、「ダンスの楽園」。最後に「Western Picaro」。この曲の途中で、多田が、つづいて梅津が、客席の通路にスタンドマイクを持ち込んで演奏。21時10分前半終了。
休憩十数分。この間も美尾さんはさかんに呼び込みをしている。
後半は前述のとおり、こまっ原。原の曲を8曲。曲名はわかりません。独特の声、独特の世界。また、原のギターがからむことによって、こまっちゃがロックぽくなったりして、不可思議。50分ほど。
アンコール。こまっちゃのみ登場。「空色の汽車」をはじめるが、歌詞が途中からクルマはドラムをのせて新宿Pit Innへ云々と変化。実は今日は新井田さんの誕生日。ステージ袖からインドネシアのドレスを着たRさんがケーキを持って登場。3月23日付で書いた「とある計画」とはこのこと。新井田さん、蝋燭の火をみごと一息で消す。
このあと、原が加わって、「河童」のエンディングテーマをやって、さらに原の曲を1曲やって、終了。22時35分。
終演後、雑談したり、ケーキを見たりする。特注品で、ガムラン楽器をイメージしたデコレーションをした逸品。
物販は随分売れたらしい。久原大河画伯が「いつものように自分たちだけで売っていたら、2枚ぐらいしか売れなかったかもしれない。」と。やはり呼び込みは大事だ。美尾さん、美人で眼鏡でバイオリンが弾けてそのうえ商売上手。すごい。
その後、店内での打ち上げの末席を汚させてもらう。ただし、終電で帰るため、30~40分ぐらい。自分が(8分の1)贈ったケーキも一切れ食べてみる。さすがにすごくうまい。特にクリームのとろけそうなこと。
7日間、長いようで短いようで、でもやっぱり梅津さんも、そして儂ら通し券組も、疲れたのでありました。おたがいもう、若くありませんからね。
帰宅して郵便受けを見ると、クロネコメール便でいっぱい(ヤフオクで落札したDVDなど)。そのほかにクロネコメール便の「ご連絡票」。「クロネコメール便をお届けに参りましたが下記の理由により持ち戻っております」。で、理由は「お名前(ご住所)を確認できずご不在だったため」でも「ポストに投函できずご不在だったため」でもなく、「その他、下記ご連絡欄の理由により」で、「ポストに入りきらなかったため」。配達時刻を見たら在宅していた時刻。だったら呼び鈴ならせばいいのに。こんな理由でわざわざ連絡させることもなかろうに。メール便はなにがあっても郵便受けに入れないと気がすまないのか。でも「尚ポストに投函できない場合はお手渡しとなります云々」と「ご連絡票」にもあるのだから、手渡ししてもバチは当たるまい。というより、おたがいその方が楽だと思うのだが。融通のきかないことである。

« 3月24日 梅津和時・早川義夫 at 新宿Pit Inn | トップページ | またぞろツッコミの虫が »

コメント

どうもどうも、大河です。初書き込みです。
プチ大7日間お疲れさまでした。
夜毎のレポートただただ感服しております。
最高の7日間でしたが、終了後、私もどっと疲れました。
(もちろん毎晩朝まで飲んだ所為ですけど)
最終日は梅津さんもゴキゲンで朝まで飲んで
珍しくフラフラしながら電車で帰っていかれました。

大河画伯もお疲れさまでした。大河グッズもなかなかの人気だったようで、重畳です。
この日乗はタイトルどおりただの(不定期)日記、乃至備忘メモみたいなもので、レポートというほどたいそうなものじゃありません。ライブレポートはずっと質の高いのを書いていらっしゃる方がたくさんおられますし。
しかし梅津さんはこの1週間の間に野球の試合にも出場したりしているんですから、元気ですよねえ。

こんにちは。
小諸の風です。
小諸でも5月6日に梅津さんをお呼びします。今から楽しみです。

> 小諸の風さま

御成功をお祈りしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/9283983

この記事へのトラックバック一覧です: 3月25日 こまっちゃクレズマ+原マスミ at 新宿Pit Inn:

« 3月24日 梅津和時・早川義夫 at 新宿Pit Inn | トップページ | またぞろツッコミの虫が »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja