« 2月28日 Belly! Gypsy Brass at MANDA-LA2 | トップページ | 風邪ひき日記 »

3月1日 片山広明 with 渋さ知らズ CD発売記念ライブ at Buddy

Buddyに行く前に駅前のかつ田でロースかつ定食。いつのまにか茶碗が小さくなっている。家庭用のすこし大ぶりの茶碗ぐらいのサイズ。これでは大盛をたのんでもたいして大盛ではない。また、醤油さしも姿を消している。へんなところでケチるようになったのかな。4周年とかで感謝サービス券なるものをくれたが、その券面の表示(および店内の掲示)に「定食達」「丼ぶり達」とある。達、というのは敬意をふくんだ表現なのだがな。「犬達」「猫達」などはもうあきらめているが、せめて無生物に「達」をつけるのはやめてくれないかな。それに「丼ぶり達」って、これじゃあ「どんぶりぶりたち」になってしまうではないか。
さて、本題。今日はレコ発兼片山さんのバースデーライブ、ということになるのかな。
19時15分ごろ入る。そこそこの入り(開演までに満席に)。うしろの方に座る。久原大河画伯、丸小野さんらに挨拶。
今日の出演は10月19日のレコーディングライブと基本的には同じ。ただし高岡大祐と大塚寛之は欠場。ゲストに翠川敬基。おお、「会長」(翠川)と「社長」(斉藤良一)の顔合わせだ。
少々遅れて20時13分開演。1st set1時間強で4曲、休憩20分、2nd setは本編75分で6曲。ラストの曲は「ひこーき」だが、なんと不破大輔のボーカル!
そのあと片山が「君といつまでも」を吹いて、全員でいつもの渋さ知らズのライブのごとく「仙頭」。
大大拍手でアンコールがかかるが、不破がしずめるので、えー、やらないのかなー、と思ったら、「本多工務店のテーマ」。これまで渋さ知らズでありながらも片山広明のライブ、だったが、「本工」では一気に渋さ知らズに、といった感じ。総立ちだし。
そのあとも客席興奮冷めやらず、片山がムード歌謡やソシアルダンス曲を演奏。基本的には片山ソロだが、他のメンバーも思い思い加わったりして、完全に終わったのは23時24分。大河画伯らと少し話し、早川さんに挨拶して帰る。
内容についてはもう、筆者がどうこう言うことはない。1曲目にやった「Solamente una ves」が片山さんのサイト(正確にはさやか&ぺろのサイトのようだが、片山さんの掲示板からしかリンクされていない)にアップされているので、消えないうちにきいてほしい。おバカで、下世話で、やかましくて、さわがしくて、とてつもなく楽しい、最高の音楽だ。「ミュージックマガジン」のレビュアーがこのアルバム評で音質が悪くて騒がしいばかりで、選曲も悪ノリ気味で10点満点の5点、とか書いていたが、わからんやつにはわからんのだ。ほうっておけばよろしい。これこそが、まぎれもなく、筆者がききたい音楽だ。
ところでBuddy店内はタバコの煙がもうもう。その中に長くいたのでのどが痛くなってしまった。と思っていたら、春の足音がきこえてきたこの時期になって風邪ひいたらしい。煙のせい(もあるだろうけど)じゃなかったのね。

« 2月28日 Belly! Gypsy Brass at MANDA-LA2 | トップページ | 風邪ひき日記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/9101894

この記事へのトラックバック一覧です: 3月1日 片山広明 with 渋さ知らズ CD発売記念ライブ at Buddy:

« 2月28日 Belly! Gypsy Brass at MANDA-LA2 | トップページ | 風邪ひき日記 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja