« まるで新左翼なチラシ | トップページ | 2月10日 鬼怒無月・ナスノミツル・外山明 at NO TRUNKS »

たびたびで悪いが、「社会派くんがゆく!」につっこみを

2項目つづけていちゃもん記事になってもうしわけない。まえにも書いたとおり、気になったことの個人のメモがわりなので、とばしていただいて結構です。
さて、今月の「社会派くんがゆく!」はライブドア事件のため、政治経済関係のはなしが多いため、ツッコミどころも多い。文化・社会関係のはなしではあまりアラも目立たないのだが、この二人、政治経済関係は本当に弱いね。

・「唐沢●裏情報では一昨年の一月からすでにホリエモンの容疑は明確な形にできてたんだけど、小泉が選挙にホリエモンを利用するためにあえてストップかけてた、なんて話もある。」→そんな、もうじきつかまることがわかっているような人を自陣営の候補にするわけないでしょうが。その段になって(いま現実にそうなっているように)自分たちの失点になるのはあきらかなのだから。

・「村崎▲いや実際、“コスゲ族”は一流どころばっかだよ、和田サンはいるし宮崎はいるし麻原はいるし(笑)。
唐沢●死刑囚はもう服役の必要ないから刑務所に入れらない、だから拘置所に移されるわけだよね。だからいちばん濃いメンツがあそこには揃うことになる(笑)。」→未決囚も拘置所。この3人のうち死刑囚は宮崎1人。麻原は一審死刑判決で、控訴中(二審)。和田も控訴中だが、はなっから死刑に相当する事案ではない。

・「唐沢●会社の合併吸収、M&Aなんて、日本における成功者のほぼ全てがやってきたことじゃねえか。東急の五島慶太なんて“強盗慶太”と呼ばれていたし、関西の電鉄王だった小林一三が東京へ進出したのもM&Aを繰り返した末だよ。」→五島慶太や逸翁はM&Aした会社で実業をおこなったのであって、会社ころがしをしたわけでも経理操作をしたわけでもない。会社買収、という共通項のみをもってくくるのはあまりに乱暴。そもそもライブドア事件はM&Aがいけない、という趣旨ではない。

・「唐沢●(中略)売り買いが殺到してシステムの処理能力が追いつかなくなったからっていうけど、パソコンが使えなくなったら、算盤使えよ、算盤(笑)! 信号だって故障したら、おまわりさんが出てきて交通整理するぞ(笑)。」→東証のシステムは当然ながらパソコンで動いているわけではない。そもそも算盤でどうやって売買註文の突合せなどをおこなうのか。ギャグにしてもできが悪すぎる。

・「唐沢●田中角栄を典型とする、よくあるパターンだよね。日本は基本的に貴族が好きなのよ。成り上がり者は伴善男でも道鏡でも豊臣秀吉でも、とにかく晩節をまっとうしちゃいけない、という、嫉妬による認識があるんだね。」→豊臣家がほろんだのは秀吉の死後なので、秀吉自身は晩節をまっとうしているのだが。それに秀吉を嫉妬している人って、そんなにいるのだろうか。一般的な認識では秀吉は英雄であって、その割を食って家康が悪役にされてしまっていたりするのだが(※1)。伴善男にしても名門大伴氏の裔で、「成り上がり者」とまでいうのはちょっとひっかかるのだが。

・「唐沢●あと、将棋板はタダで貸してくれるそうだから、出所したらプロの棋士でも目指せばいいんじゃないか(笑)。」→奨励会の年齢制限にひっかかります。

・「唐沢●いまの罪状からいえば、せいぜい罰金数百万円で済む罪だよね。」→どうして言い切れるのかまったくわからない。証取法には懲役の規定もあるのだが。

・「村崎▲まあ長期的な目で見りゃ、『BSEに負けない健康な身体を作ろう!』っていうのが、いっちゃん前向きな対応だよな(笑)。」→そうすりゃ発症しないというもんではないと思うのだが。

・「唐沢●(中略)ウィルス風情が進化するんだから、人間だって(笑)。(後略)」→単純な生物ほど進化のスピードははやいのだが。

・「村崎▲要するに、まだウィルスが見つかった初期段階だからこんな混乱してるだけで(後略)」→BSEはウィルスによってひきおこされるのではない。


(※1)大阪近郊では特にその傾向が強く「家康をののしる会」なんてものまである。粗忽亭は大阪生まれだが、秀吉より家康の方がはるかにすぐれた人物だと思っている。
秀吉びいきで家康嫌いの人は「家康は秀吉の死後、権謀術数を弄して天下をのっとった。」というが、戦国武将が権謀術数を弄するのはあたりまえ。秀吉こそ主家(織田家)横領に等しいことをしている。織田信孝は秀吉に攻められて自刃、織田信雄は秀吉のために小大名におとされた。そのため、秀吉は死の直前、信長の亡霊におびえていたといわれている。
秀吉と対立した柴田勝家が敗死したのはやむをえないとして、秀吉に協力した丹羽長秀までのちに理由をつけて小大名に落としている。
養子の秀次も、実子(秀頼)が生まれると見捨てて、切腹させ、あまつさえ秀次の妻妾まで皆殺しにしている。
文禄の役、慶長の役だって、いわば秀吉の誇大妄想からおこったこと。そのためにこじれにこじれた日朝関係を修復したのが家康。
秀吉が一個の英雄であることを否定する気はないが、彼を崇拝するあまり、家康をおとしめる言にはすっきりしない。
余談だが(ってここまでもすべて余談ですが)、平田弘史先生の「誰も戦い望まぬけれど」の家康は無茶苦茶格好いいぞ。

« まるで新左翼なチラシ | トップページ | 2月10日 鬼怒無月・ナスノミツル・外山明 at NO TRUNKS »

コメント

あら探し乙であります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/8579553

この記事へのトラックバック一覧です: たびたびで悪いが、「社会派くんがゆく!」につっこみを:

« まるで新左翼なチラシ | トップページ | 2月10日 鬼怒無月・ナスノミツル・外山明 at NO TRUNKS »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja