« 1月22日 Shinjuku New Year Jazz Festival 2006 2日目 | トップページ | どなた? »

1月26日 林栄一五重奏団 at 新宿Pit Inn

今年最初の新宿Pit Inn、だけど、Shinjuku New Year Jazz Festivalに行っているので、実質的には最初、とはいえないな。
勤務先を出るのがすこしおくれてしまって、新宿三丁目駅についたのが19時35分ごろ。松屋新宿三丁目店で食事をしてから、と思ったら、しまっている!つぶれたらしい。まだ入口のガラス戸に新商品やバイト募集のポスターがはられたまま。しかたがないのであわてて神戸らんぷ亭でとじ丼をかきこむ。
19時55分ごろPit Inn着。入場者十数人。豪華メンバー(林、渡辺隆雄、久保島直樹、伊藤啓太、小山彰太)なのにもったいない。林さんは4日前二千人のまえでやったばかりだが、今日の聴衆はその1%以下なんですね。もっともNAVEさんもキヨシローのときは千人とかをまえにやっているわけだけど。
3列目にすわる。しばらくしてうしろを見ると久原大河画伯がいる。KIKI BANDのツアーについていくはずだったのに。いそがしくてあきらめたらしい。この日くばられたmissing linkのフライヤー(勿論大河画伯作)に関連しての話など。吉田隆一さんは次回にまにあいそうらしい。めでたい。
20時7分開演。
1st setは ?(曲名聞きとれず)、「Donna Lee」、「Song For」、「Better Git Hit in Your Soul」の4曲。21時9分まで。
2nd setは21時37分から。「I Mean You」、「夜と友達」、「You Don't Know」、「平和に生きる権利」の4曲。22時40分終了。
内容としては、割とストレートなジャズ。テーマがあって、ソロまわしがあって、という一般的なパターン。それでもこの人たちがやると、私がフツーのジャズをきいたときに感じるそこはかとない退屈感を感じないのはなぜだろう。ソロのアドリブのスリリングさのためだろうか。というよりは、やっぱりこの人たちの「音」がすき、ということにつきるんだろうな。
なお、この日のベストは「平和に生きる権利」。ソロまわしでは、一般的な「ほかの楽器の演奏をバックにソロをとる」のではなく、まったくのソロになったりも。そこにあふれる緊張感。こういう部分にひかれるのかなあ。

« 1月22日 Shinjuku New Year Jazz Festival 2006 2日目 | トップページ | どなた? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/8365019

この記事へのトラックバック一覧です: 1月26日 林栄一五重奏団 at 新宿Pit Inn:

« 1月22日 Shinjuku New Year Jazz Festival 2006 2日目 | トップページ | どなた? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja