« 12月22日 林栄一・内橋和久・外山明 再開の宴 at 音や金時 | トップページ | 12月24日 新大久保ジェントルメン+おおたか静流 at 新宿Pit Inn »

12月23日 梅津和時・林栄一サックス・デュオ at 新宿Pit Inn

ASAの新聞回収日。うちを出えるとき、エントランスを確認したら、久しぶりにトレペを盗まれていた。あんなもの1巻ぐらい盗んでうれしんだろうかね、本当に。
さて、梅津和時冬のぶりぶり2005 2日目。筆者にとっては2日連続の林さんである。
久しぶりにKさんに会う。いろいろ大変らしい。からだだけは大切にしてください。
19時30分ほぼ丁度くらいに開場。店の中心に演奏者用の椅子が二つおいてあり、それをとりかこむように客席(テーブルつき)が約3列(場所によりちがいあり)ならべられている。先日のORQUESTA NUDGE! NUDGE!とおなじような配置。やはりステージ上にも客席。もっともPit Innのステージは教卓くらいの高さなので、そこにすわってもプレーヤーを見おろす感じにはならないが。
開演待ちのあいだに1月29日のKIKI BANDのチケットを買う。本当は芳垣安洋3DAYSのときに買うつもりでいたのを、ころっと忘れていたもの。Kさんとの雑談で、はなしに出て気がついた。発売から2週間たっているけど、まだ14番(ほかにぴあ売りが出ているかもしれないが)。うれしいやら悲しいやら。
入場者数はこういう配置のためにわかりにくいが、9割がた席がふさがっていたところからすると、40~50人ぐらいは入っていたのではないか。
20時3分開演。完全生音で完全フリーインプロ。
チラシでは二人ともAsになっているが、梅津さんはほかにCl、BCl、Ssを持ってきている。
1st setは45分、3曲。梅津さんの使用楽器は1曲目BCl、2曲目As、3曲目Cl。
休憩25分。
2nd setは40分3曲。梅津さんの使用楽器は1曲目As、2曲目BCl→Ss、3曲目Cl。
アンコールではCl。これまで、ずっとすわって吹いていたが、ここで梅津さんが立ちあがって歩きながら演奏。林さんも同様に。梅津さん、そのまま楽屋のドアへ。林さんも続いて、吹きながら二人で楽屋に消える。拍手のあともしばらく楽屋から音がきこえ、そのまま演奏終了。梅津さんが楽屋から顔を出して、一礼して全終了。
受けた印象としては息詰まる投手戦、おたがい完封のまま延長戦へ、そのままドロー、といったところ。
終演後、多田さんが楽器をかたづけているとき、バスクラのベルを落としてしまい、おおあわて。大過なかったようだが。昨日の林さんがうつったのかもしれない。
その後、林さんと雑談し、また、持参した「DOWSER」に梅津さんのサインをもらう。
久原大河画伯から某品をいただく。クリスマスプレゼント、ではなくって、前から約束していたもの。ありがとう。愛用します。

« 12月22日 林栄一・内橋和久・外山明 再開の宴 at 音や金時 | トップページ | 12月24日 新大久保ジェントルメン+おおたか静流 at 新宿Pit Inn »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/7849497

この記事へのトラックバック一覧です: 12月23日 梅津和時・林栄一サックス・デュオ at 新宿Pit Inn:

« 12月22日 林栄一・内橋和久・外山明 再開の宴 at 音や金時 | トップページ | 12月24日 新大久保ジェントルメン+おおたか静流 at 新宿Pit Inn »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja