« どっちもどっち | トップページ | 惑星大怪獣ネガドン »

11月7日 林栄一セッション at アケタの店

メンバーは林、渡辺隆雄、永田利樹、つの犬という、たいへん魅力あるとりあわせ(すくなくとも筆者にとっては)。
開演時の客数5人。ぎりぎりマンツーマンにならずにすんだ、と思っていたら、開演後にもぱらぱらと入ってきて、いつのまにか二倍にふくらんでいた。最前列で鑑賞。
ドラムセットはバスドラム+スネア+タムタム+フロアタム+ハイハットに横長の鈴のようなものを取りつけたもの(後半ははずしていた)+シンバル×4、カウベルと、つの犬にしてはシンプルな構成。
前半は20時丁度くらいに開演。曲目は「Circle」(林)、「Brother」(林)、「Lonley Women」(O.Coleman)、「Better Git Hit in Your Soul」(C.Mingus)。トータルで66分。
30分の休憩をはさんで後半。曲目は「平和に生きる権利」(V.Jara)、「夜と友達」(林)、「夜の波止場」(林)、「North EAST」(林)。トータルで74分。
「平和に生きる権利」はvery slowからはじまり、ほんの一瞬、「NAADAM」のフレーズが入ったりして、にやりとさせられた。
パワフルにしてテクニカル、過激ニシテ愛嬌アリ。時間も前後半合計で140分とはアケタでのライブとしては異例なぐらいたっぷりで、いうことなし。
かえりぎわに林さんに「猫引っかき病はもうすっかりいいんですか。」ときくと、手の手術跡を見せてくれた。傷あとがいたいたしい。軟骨がやられて、指がすこし動きにくくなっているそうだが、演奏は大丈夫のようだ。日本の宝をひとつ失わずにすんだことは素直にうれしい。
帰宅前、自宅ちかくのコンビニで「サクラ大戦 帝国歌劇団・花組 第4回スーパー歌謡ショウ 新・青い鳥 DVDBOX」予約。いつもながらバイトのにーちゃんの手際悪し。レシート様の「受付証」だけ渡されたけど、いつものように引換証に連絡先とか書かなくてよかったのかな。客の側はかまわないが、ばっくれる客が出てきたら店がこまるだろうに。

« どっちもどっち | トップページ | 惑星大怪獣ネガドン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/6967613

この記事へのトラックバック一覧です: 11月7日 林栄一セッション at アケタの店:

« どっちもどっち | トップページ | 惑星大怪獣ネガドン »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja