« 蛭児神建(元)著「出家日記」について | トップページ | 12月1日 渋さ知らズ at 新宿 Pit Inn »

11月29日 狂った未来信者のための音楽 at The DOORS

The DOORSは去年の1月以来だから、ほぼ2年ぶり。久しぶりになった理由は、スケジュールがあわなかったりしたことと、スタンディングであろうと思われるライブが多かったりしたためだ。
あんまり久しぶりなんで、初台駅の出口を間違ってしまった。おぼえているつもりだったんだがなあ。
それでも開場(19時)の数分後に着いた。場内は丸テーブルが4つ+椅子のみの席。そのまた後方はスタンディング用、という感じ。まだあまり入っていなかったので、テーブル席にすわれる。ちなみに開演時には立ち見がすこし出るぐらいになっていた。
物販担当は久原大河画伯。日比谷カタンの「対話の可能性」を買っているところへ多田葉子さんがきて、「なに買ったの?カタンさん?arepos?」ときかれる。「梅津さん?」ときかないのは、当然全部もっているため、だ。
しばらく3人でKIKI BANDの新譜のジャケットの話など雑談。
19時37分、areposが出てきて、清水一登がいきなりエレピをひきはじめ、開演する。清水のピアノは、たとえばOpabiniaのときの変態キーボードとうってかわって美しい演奏。「セレナーデ」、「遠足」、?(タイトル聞きとれず)と3曲演奏。
つぎに太田恵資がくわわって「語らぬ湖」。
今度はarepos+梅津和時で1曲(タイトル聞きとれず)。梅津はバスクラ。
arepos+梅津+太田で「そのとき」。
つぎの曲の準備のあいだに太田が「清水さんの曲はむずかしい。ところどころに罠がしかけられている。」というと清水「基本的に邪悪な音楽をめざしていますので。」 太田「でも、美しい。」
で、れいちがドラムセットに移動して、?(曲名わすれた)、「少しついてて」。20時23分、areposコーナー終了。
筆者は、実はareposははじめて。れいちの声はピュアでとてもかわいい。美少女系のアニメやゲームの主題歌をうたってもにあいそう。変名で、17歳高校生、とかにせのプロフィールでそういうのをうたうと、萌える人がでてきそう、とかフラチなことを考える。
セットチェンジ(というか調整)をへて、20時30分からカタン。1曲、長い曲をうたう(メドレーかもしれない)。
つづいて梅津とのデュオ。リトアニア凱旋コンビだ。曲は「さかさもどき参る」というわけのわからないタイトル。なんでもシミュレーションRPGをイメージして、そういうゲームの音楽をやるならこういう曲にしたい、と考えた曲だそうだ。しかも曲想はプログレッシブなラテンシャンソン、とか。ますますわけがわからない。しかも途中に「雨上がりの夜空に」が挿入されていたりして、なお、わけがわからない。念のためにいっておくがこのわけのわからなさがカタンの魅力だ。梅津はバスクラ、アルト、ソプラノをとっかえひっかえ使用。21時12分、カタンコーナー終了。
カタンはルックスも結構いいし、ギターのテクニックもすばらしいし、声もよく、歌もうまい。これで売れ線のポピュラーな曲をやっていたら、結構女性ファンがついてメジャーな存在になれるんじゃないか、という気がした。にもかかわらず、こういう絶対にメジャーになれそうにないヘンな歌をやっているところがとてもよい。人まねでメジャーになるよりも、自分のやりたいことをやってone & onlyであることのほうがずっとすばらしいことだと思う。
また、セットの調整を経て21時24分から新大久保ジェントルメン。グレート金時がトランペットの開口部をたらいの水につけて水笛のようにしたり、あいかわらずおばかなこと満載。それでいてメンバーそれぞれの本来の楽器のときには、かくしきれないその技量。
ずっととぎれることなく演奏していたが、はじまって約20分、トリプルドラムのときに客席後方からいきなりバグパイプの音。ゲストの十亀正司がキルトなどの正装に身をかため、バグパイプを演奏しながら、客席を縦断、ステージへ。うむ、渋い!十亀はしばらくはバグパイプを演奏していたが、その後、クラリネットにチェンジ。金時とのクラリネットデュオ、サーキュラー・ブリージング対決も。
そのほかにも金時がおもちゃのピストルでアブドゥール・ワハハを何回も撃ち殺したり(アブドゥールの死に方と生き返り方がみごと)、本当におばか。
22時すぎに終了。金時が終了の挨拶等をしていると、それがおわらないうちにアブドゥールが「それではアンコールにいきます。」といって場内爆笑&拍手。久保ジェンの3人で、「オタのトルコ」ほか。22時20分終了。
というわけで2年ぶりに聴いた「狂った未来信者のための音楽」はやっぱり狂っていたのだった。
帰るとき、京王新線、逆方向に乗ってしまった。最近こんなんばっかりやな。だって京王新線のホームって、わかりにくいんだもん。妙に混んでいるからおかしいとは思ったんだけどね。
帰宅するとPit Innからスケジュールが届いていた。11月17日で会員期限切れているので、今回は届かないと思っていたのだが。ありがたし。勿論、今度Pit Innに行ったときに更新します。

« 蛭児神建(元)著「出家日記」について | トップページ | 12月1日 渋さ知らズ at 新宿 Pit Inn »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/7396863

この記事へのトラックバック一覧です: 11月29日 狂った未来信者のための音楽 at The DOORS:

« 蛭児神建(元)著「出家日記」について | トップページ | 12月1日 渋さ知らズ at 新宿 Pit Inn »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja