« 10月13日 林栄一・渡辺隆雄・井野信義・小山彰太 at 新宿Pit Inn | トップページ | 10月20日 片山広明 With 渋さ知らズ 秋の大録音大会 2日目 at Buddy »

10月19日 片山広明 With 渋さ知らズ 秋の大録音大会 初日 at Buddy

チラシによると、「ライブレコーディングではありません。録音風景を公開するものです。渋さ知らズのライブでもありません。」とのこと。ライブレコーディングとはちがって、あくまでレコーディングがメインで、ついでにその風景を有料で見せてしまう、というものらしい。早川岳晴さんの「ずれずれ草」によると、「アルバム一枚分を昼夜1回ずつ、単純計算で都合4回録っていいテイクを選ぶという」ものだったらしい。
19時15分着。窮屈でない程度の入り。
くばられたチラシのなかに今日の録音のCDについてのものもあり。来年初頭、Studio Weeから出るとのこと(あとで聞いたところでは、早ければ年内にも出るらしい)。案内メール希望者はアドレス書いて出せ、となっていたので、一応書いておく。一応、というのはそうしなくてもStudio Weeからなら案内メールはくるだろうから。
開演前、梅津和時さんの姿が。「ドム フェスティバル イン ジャパン」のチラシ()を置きにきただけらしい。
つづいて早川岳晴夫妻の姿が。とおもったら、早川さんは出演者だった。そういえばチラシにも名前があった。すっかり忘れていた。
20時開始。出演は片山、不破大輔、早川岳晴、泉邦宏(渋さ知らズではひさしぶり)、小森慶子、立花秀輝、川口義之、佐藤帆、鬼頭哲、北陽一郎、辰巳光英、高岡大祐、大塚寛之、斉藤“社長”良一、関根真理、磯部潤、倉持整、室舘あや、スガダイロー、中島さちこ。ギター二人は、大塚が上手(かみて)で、社長が下手(しもて)。いつもとは(といってもそうたびたび見ているわけじゃないが)逆の配置。
レコーディング、といっても、ステージにパーティションを置いていたりはせず(武田和命の「ジェントル・ノヴェンバー」はそうやって録音された。ライブハウスじゃなくホールで、客は入っていないが)、普通にならんでいる。不破は指揮専念で、早川がベース。エレベだけではなく、アコベと併用。
前半1時間(曲名略)。途中地震あり。上記のミュージシャンのほか、渡部真一が台詞のために出演。今日は単なるレコーディング、ということで、普通のジャージ姿。
休憩33分。
後半66分。レコーディングなのにちえが出てきて暗黒舞踏。やっぱりただのレコーディングには終わらない。
曲によっては途中で「ちょっとまちがえました。」といってやりなおしたりも。このへんはいかにもレコーディング。
このセットでやった「ドランケンシュタイン」のベースが筆者にとってはこの日のハイライト。
なお、最後の曲は「ひこうき」。ムロアヤ、関根のボーカル。これ、アルバムに入るのかなあ。片山さんのリーダーアルバムでボーカルが入るなんて、デガショー以来か?
帰りに早川さんとちょっと話。渋さ知らズに出るのはひさしぶりですね、というと、4年ぶりかな、と言っていた。

« 10月13日 林栄一・渡辺隆雄・井野信義・小山彰太 at 新宿Pit Inn | トップページ | 10月20日 片山広明 With 渋さ知らズ 秋の大録音大会 2日目 at Buddy »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/6886640

この記事へのトラックバック一覧です: 10月19日 片山広明 With 渋さ知らズ 秋の大録音大会 初日 at Buddy:

« 10月13日 林栄一・渡辺隆雄・井野信義・小山彰太 at 新宿Pit Inn | トップページ | 10月20日 片山広明 With 渋さ知らズ 秋の大録音大会 2日目 at Buddy »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja