« 9月26日 芳垣安洋4 at Buddy | トップページ | 9月27日 missing link at イシモリホール »

ふたたびなにをさわいでいるのやら

ふたたび村上ファンド-阪神株関係のZAKZAKの記事
<上場が可能となった場合でも「選手が株式を買い集めて“モノ言う選手”となり、株主として『4番にしろ』『年俸を上げろ』『監督解任』などの提案をしてこないとも限らない」。>って。
とするとすべての上場会社は<「従業員が株式を買い集めて“モノ言う従業員”となり、株主として『部長にしろ』『給料を上げろ』『社長解任』などの提案をしてこないとも限らない」。>危険があるわけだね。
そんなことが現実的かどうか、ちょっと考えてみたらわかりそうなもんだが。
投資ファンドとかがからむと、みんなどうしてこう感情的になるのかね。あたしゃ貧乏人の一人として、村上某のような金持ちは大嫌いだが、もうちょっと冷静な言説はできんのかねえ。
第一、野球協約に球団の上場の規定がないのは、あきらかに協約の不備。球団を独立したビジネスではなく、企業の宣伝部門だとしか考えていないということがあきらか。
そもそもチーム名を「タイガース」とか「ドラゴンズ」とかよばずに「阪神」とか「中日」とかよんでいること自体が日本のプロ野球の一番の問題点だと私などはおもっているのだが。
メジャーリーグでは「ニンテンドー・マリナーズ」とか「スタインブレナー・ヤンキース」とかいったりしないし、ファンだってその球団の所有者(株主)がだれか、どの企業かなんて気にしていないだろうし。
球団株式が公開されてファンが株主になれるんなら文字どおり「俺の球団」になるんだから、わるいことばかりじゃないとおもうんだけどねえ。

« 9月26日 芳垣安洋4 at Buddy | トップページ | 9月27日 missing link at イシモリホール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/6277302

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたびなにをさわいでいるのやら:

« 9月26日 芳垣安洋4 at Buddy | トップページ | 9月27日 missing link at イシモリホール »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja