« 4月23日 早川・春の豪華合奏会 at アケタの店 | トップページ | 4月26日 warehouse+柳原陽一郎 at Buddy »

4月25日 佐藤芳明・鳥越啓介・田中栄二+鬼怒無月 at ペンギンハウス

19時15分ごろ着。丁度階段の入り口あたりまで行列。開場しているのかまだなのか(この店は入場に結構時間がかかるので、見当がつきにくい)。しばらくすると徐々に動き出す。田中さんが階段をのぼってきたときに目があい、挨拶される(一昨日、早川さんのライブに行っているので、「あれ?また」という感じで)。
入場時、五千円札で支払をしたら、おつりを二千円札でくれた。二千円札を見るのも久しぶりだ。余談だが、翌日、勤務先で親睦会費(1,000円)を集めにきた女子社員に漱石の千円札ではらったら、旧札は久しぶりに見た、というので、じゃあもっと珍しいものを見せてあげようといってその二千円札を見せたらえらくうけた。「どうしたんですか、それ。」って、いや、たまたまおつりでもらっただけだって。
比較的着いたのが遅かったので、ほとんど満席。テーブルのない、椅子だけの席があいているのを見つけ、すわる。勿論、開場までには立ち見も何人も出る。ざっと見回したところ、だいたい9割は女性客じゃなかっただろうか。
ステージのすみで、鬼怒さんが一人で練習しているのに目があい、目礼。
19時50分ごろ開演。前半は3人で。55分弱で5曲、だったと思う。
20分ほど休憩。後半は鬼怒さんを入れた4人。開演前に鳥越さんがトイレのため、ひっこむと、佐藤さんが「鳥越君がトイレに行ったところで後半をはじめます。」
とはいえ、演奏をはじめるわけにはいかず、田中さんが、ゲストに鬼怒さんを呼んだわけを話す。このトリオでもう何度もやっているので、バンド名をつけようということになり、鬼怒さんに命名を依頼した、ということ。(実は3月15日のPlay Post Tango & MoreのときにMCでそういう話はきいていた)いくつか考えてきたらしいが、結局一番はじめに考えた「Pot Heads」にしたとのこと。なんでもゴングのロックオペラからとったものらしい。
田中さんはバンド名だけでなく、曲まで鬼怒さんに頼んだそうで、「メジャー7が出てくるさわやかな曲」を書いてきたとか。題して「The Theme of Pot Heads」。そのまんまである。
「The Theme of Pot Heads」と、もう1曲やったあと、MC。鬼怒さんと音楽の話をすると、「誰が一番音数が多いか」とかそういう話ばかり、とかいう話。鬼怒さん曰く、「やっぱり音数が多い方が勝ちでしょう。音楽って、そういうもんじゃないですか。」と、とっても体育会系な音楽話。「鳥越君はユニゾン大会で優勝です。」とか。そんなもん、いつ、どこで開かれたんですか、とか、相手は誰ですか、とかつっこまれている。
その後、2曲やって、一応終わりだが、「(満員の中を)通るのが面倒くさいから。」といって、そのままアンコール。アンコール曲は鬼怒さんの「Crawler A」。鬼怒さんは思いたってアコギ。この曲、3人でもときどきやっていたそうだ。そのためか息もぴったり。なかなか壮絶な演奏。今日の一番はこれじゃないかと思う。22時18分終了。
おわって、外に出たところ、店の前で鬼怒さんと田中さんがたばこを吸っていたので、挨拶して帰る。帰るとき、まちがって逆方向に歩いてしまった。まえにこの店にきたときも同じまちがいをしたような気が。
この日、「びんちょうタン」初代+新+日々のお仕事フルコンプと、HGまほろまてぃっくノーマル5種落札。

« 4月23日 早川・春の豪華合奏会 at アケタの店 | トップページ | 4月26日 warehouse+柳原陽一郎 at Buddy »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/4273805

この記事へのトラックバック一覧です: 4月25日 佐藤芳明・鳥越啓介・田中栄二+鬼怒無月 at ペンギンハウス:

« 4月23日 早川・春の豪華合奏会 at アケタの店 | トップページ | 4月26日 warehouse+柳原陽一郎 at Buddy »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja