« 「失踪日記」、第34回日本漫画家協会賞大賞受賞 | トップページ | 4月12日 missing link at イシモリホール »

4月1日 ぷちだおん(仮) at 名曲喫茶ヴィオロン

なかなかスケジュールがあわなくて、ぷちだおん(仮)は初めて。当然、名曲喫茶ヴィオロンも初めて。
場所は阿佐ヶ谷スターロードという商店街にあるのだが、歩いていくと、途中から店がぐっとへって、アパートやら民家やらが多くなってくるので、道をまちがったんじゃないか、通りすぎてしまったんじゃないかと、いささか不安になってくる。なにぶん方向音痴なもんで、目的地がすぐに見つからないと、そういう気持ちになってくるのだ。
しかし、迷わずに、無事、19時30分丁度くらいに到着。
結構せまい店で、店内には古い蓄音機がいくつもディスプレイしてあったりして、まさしく「名曲喫茶」というレトロな雰囲気。
すでに満席に近かったが、なんとか空席にすわれた。その後も何人か来て、マスターがスツールを出してきたりする。二十数人の入り、といったところか。
19時45分開演。「陽気に元気に幸せに」、「なぐり書きのラブレター」、「鉄道ワルツ」と3曲つづけて演奏。
ここでメンバー紹介をする。ちなみに多田葉子(asax,bcl,うた)、中尾勘二(ssax,kl)、関島岳郎(tuba)である。
つづいて「9月はすてきなバンドツアー」。
そのあと、しばしMC。多田さんがお金を落としたはなしとか、バスクラをこわして、修理代に3万円もかかったはなしとか。でも関島さんが以前、チューバを壊したときは、21万円もかかったそうだ。
それから曲名不明2曲+「煙」で、1st set終了。20時35分。
15分ほどの休憩をはさんで、後半スタート。
1曲目は「ぐちゃ」。
2曲目(曲名不明)のイントロ、関島はリコーダーでサーキュラー・ブリージングを披露。
「8月の日記帳」、「雨の中を」(関島さんが中を、じゃなくて中尾さんのために作った曲だとか)、篠田正巳の曲(曲名不明)をやり、ふたたびメンバー紹介。
ラストに「窓」。もともとはインストだったものに、詞をつけたものだそうだ。
アンコールに「チェブラーシカ」から「誕生日のうた」を、多田がロシア語と日本語でうたって、終了。21時50分。さすがに、一般のライブハウスやジャズクラブにくらべると健全な時間だ。
客には常連も多いようで、店内全体がほのぼのとした感じだった。

« 「失踪日記」、第34回日本漫画家協会賞大賞受賞 | トップページ | 4月12日 missing link at イシモリホール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/4180898

この記事へのトラックバック一覧です: 4月1日 ぷちだおん(仮) at 名曲喫茶ヴィオロン:

« 「失踪日記」、第34回日本漫画家協会賞大賞受賞 | トップページ | 4月12日 missing link at イシモリホール »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja