« 山本直樹さん、ちがいます | トップページ | 3月20日グレートインプロ at 新宿Pit Inn »

3月19日キングサラマンダース・スウィング at 新宿Pit Inn

午前中、皮膚科受診。先週は結構状態がわるかったのだが、いまは大分おさまっている。おさまるのはいいけれど、わるい状態を医者にみせられないことを考えると良し悪しではある。
なんか精神的疲労感が大きく、帰ると横になり、半醒半睡で読書。
夕方、「梅津和時プチ大仕事2005」初日のキングサラマンダース・スウィングのため、外出。去年までBLIZZARD SESSIONといっていたモノにいつのまにか名前がついて、バンドになったらしい。でかける際にちょっとしたトラブルがあって、電車が1本おそいのになってしまった。
5分おくれで開場。オンタイムだとあぶないところだった。
入場時、いつものごとくジントニックをオーダーすると、ボードを示されて、「こちらのメニューからおねがいします。」といわれてしまう。なんで今日にかぎってないのだ?先日の一噌幸弘GROUP スペシャルセッションのときのような超満員ライブのときは、さきに作ってある中から持っていく方式で、そのときはジントニックがないのはいつものことなのだが。いつのまに変わったのだ。1月のMINGAのときはあったのに、と思いつつ、しかたがないのでジンジャーエールにする。頭韻をふんだわけではなく、単に喉がかわいていたからごくごく飲めるものがほしかったため。
最前列にすわる。場内のテーブルのセッティングはいつもどおり。客入りは満席+補助椅子少々、といったところ。
開演も開場にあわせたわけではないだろうが、5分おくれ。出演者は念のため書いておくと、梅津和時(as) 片山広明(ts) 谷中敦(bs) 上村勝正(bass) 斉藤良一(g) 藤乃家舞(bass,etc) クハラカズユキ(ds) 。今日は社長が上手(かみて)、藤乃家が下手(しもて)。前2回は逆だったような気がするが。
梅津さんがMC。「やる曲は1回目からと全然かわっていません。前回、タイトルをつけた気がするのですが、忘れてしまいました。」ということで、タイトルはリセットされたらしい。
まず、「その1」。演奏がはじまってから、「メンバー紹介をしていませんでした。」ということで、演奏しつつ紹介。梅津・片山のコンビネーションがさながらブルーデイズ・ホーンのごとし(特に動きが)。社長や藤乃家のソロのとき、サックス3人が立ってならんでいると(下手から梅津、片山、谷中)、身長が丁度ななめまっすぐになり、しかも身長と楽器の大きさが比例しているごとくで、なんとなくおかしい。
2曲目、タイトルアナウンスなし。社長・藤乃家の対決あり。あまりの高音にわらってしまう。
3曲目もタイトルアナウンスなし。片山のアドリブはさすがである。また、社長のソロ(他のパートは全員休みの、本当のソロ)がすばらしい。
4曲目、「その5」。途中、全演奏が一旦止まり、梅津が片山にソロをうながすが、片山が気がつかず?数秒止まったりする。それはそれでいとおかし。片山+梅津(ピアニカ)デュオがよい。
ここで1st set終了。その前にアナウンス。「生向委写真集が押入れから大量に出てきました。売るのもなんなので、ただで配ります。ほしい方はお持ちください。でも、できれば打ち上げ代の足しに、10円でも20円でもカンパしてくれるとうれしいです。」
早速もらいにいく。財布をみると、ちょうど百円玉がなかったので、五百円玉ひとつカンパする。また、ザ・シックス・ウィンズの新譜「舞浜」があったので、買う。
休憩30分ほどで2nd set。
まず、「その3」。演奏前に梅津さんがソロの順番を全部ばらしたりする。
2曲目、タイトルアナウンスなし。谷中のソロ~バラードふう。途中、社長はギターのプラグをアンプ直結にかえたりする。
ここで宣伝等。その際、今年はこのバンドでもCDを作りたい、でも、ギャラとかむずかしそうだな、でも、作ります、と宣言。
3曲目は「Coming Home Babyに似たような曲」。これまた社長のソロがすばらしい。梅津は真ん中の通路に出てきて演奏。谷中と片山がピンマイクのコードを伸ばしているが、梅津、真ん中ぐらいまでで戻ってしまう。谷中・片山の行為に気がつかず、途中でマイクがひっぱられてはずれそうな感じがして、もどったとのこと。「来年はうしろまで行きます。」
最後に「その8」。ふたたび社長vs藤乃家対決がアツい。
ここまでで22時20分。
アンコールがかかる。「もう曲がありませんので、お客さんからアンケートをとります。拍子(ひょうし)は1拍子、2拍子、3拍子、4拍子のどれがいいでしょう。」と言って、拍手(はくしゅ)の量で3拍子に決定。つぎにテンポ。60、80、100、120、160、200(だったと思う)の中から。はじめの方のには全然拍手がおこらない。梅津「早いのやらせようとしているな。」 そのとおりで、圧倒的多数で200に決定。
同様にキーをきめる。Gマイナー。
それでみじかいインプロ。梅津「やるんじゃなかった。これはあまりよくないことがわかりましたので、正反対でやります。Fメジャー、4拍子、テンポ60。」 で、またみじかいインプロ。
「やっぱりよくないですね。決めごとがないほうがインプロにはいいことがわかりましたので、フリーでやります。」といい、今度は4分ぐらいのインプロ。終了は22時33分。

大河画伯とちょっと雑談して、帰る。よほど空気が悪かったのか、アルコールもはいっていないのに頭痛少々。帰宅早々に寝る。
この日、「To Heart2」のソフマップ特典抱き枕カバーを落札。

« 山本直樹さん、ちがいます | トップページ | 3月20日グレートインプロ at 新宿Pit Inn »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/3421369

この記事へのトラックバック一覧です: 3月19日キングサラマンダース・スウィング at 新宿Pit Inn:

« 山本直樹さん、ちがいます | トップページ | 3月20日グレートインプロ at 新宿Pit Inn »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja