« 12月7日HAYAKAWA at Buddy | トップページ | 12月9日 Vincent Atmicus at 新宿Pit Inn »

12月8日 TRIO at 新宿Pit Inn

このタイトルだと、なんのことかわからないだろうが、芳垣安洋3daysの初日である。
出演は芳垣、岡本洋(p)、鈴木正人(b)。いわゆるピアノトリオだ。
19時25分ごろPit Inn開場会場までの時間に1月10日の渋さ知らズの前売りを買う。
19時35分ごろ開場。最前列に陣取る。
20時10分ごろ開演。客数は意外に少なく、20人ぐらい。前売りのあるライブとしてはさびしい。芳垣さんも開幕早々に「きょうから3daysですが、幸先よく客席がさびしい。3日間が不安です。」とMC。まあ、あしたは超満員でしょうけど。
メンバー紹介。岡本さんとは20年ぐらい前からの付き合いで、鈴木さんとはわりと近年知りあったそうだ。2人を紹介したあと、例によって「3日間の司会進行をつとめます芳垣です。」と自己紹介。
演奏曲は芳垣、岡本のオリジナルにカバーをまじえる構成。
1st setは65分で5曲。1曲目に「Emergency! Walkin'」。Emergency!でおなじみの曲だが、今日はめずらしいアコースティック・バージョン。もっとも岡本はエフェクターをつかっているし、よく見ると鈴木も簡単なエフェクターを使っているようなので、まったくのアコースティック・ピアノトリオというわけではない。
ほかに岡本の曲を2曲と、カバーを2曲。ラストのカーラ・ブレイ「シンドローム」ではドラムソロを堪能。
25分ほど休憩。
2nd setは55分で5曲。1曲目は「re-boptism」と、またEmergency!の曲から。
カバーでも、ONJEでおなじみのジム・オルーク「ユリイカ」を(トランペットなしで)やったりする。
岡本の曲も1曲。芳垣が「『黄金虫』。聞いたらわかります。」とアナウンス。「黄金虫は金持ちだ」をモチーフとした曲だった。
アンコールには「At Last I'm Free」。
最初のMCで芳垣さんが「リハーサルのときのMDを聴いたら、とても暗かった。」とか言っていたけど、暗いかどうかはともかく、芳垣さんとしては相当めずらしい、とてもストレートなジャズピアノトリオだった。
帰るとき、後ろのほうに高良さん発見。

« 12月7日HAYAKAWA at Buddy | トップページ | 12月9日 Vincent Atmicus at 新宿Pit Inn »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/2220576

この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日 TRIO at 新宿Pit Inn:

« 12月7日HAYAKAWA at Buddy | トップページ | 12月9日 Vincent Atmicus at 新宿Pit Inn »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja