« 12月21日 warehouse at Buddy | トップページ | 12月23日 Heat wondering Kayo night at 新宿Pit Inn »

12月22日 Heart warming Blues night at 新宿Pit Inn

梅津和時 冬のブリブリ!2004 第一夜。
出演は梅津、木村充揮、三宅伸治。
19時30分丁度に開場。机なしで椅子のみのセッティング。それでも立ち見多数。もれ聞こえる会話からすると、PIt Innははじめての人も多いみたい。
整理番号は18番だったのだが、運よく最前列のまんなかに座れる。
久原大河画伯がこちらに来て、頼みごとをされる。筆者にとっても渡りに舟といえる内容。そのほかに2.26ライブのはなし、フェローン・アクラフと早坂紗知さんらとのCDのはなしなど。
20時5分ごろ開演。まず1曲、梅津のソロ。「Vietnamese Gospel」。
三宅が登場。Pit Innに出るのははじめて、とMC。あれ、今年のプチ大仕事のDANGERのときに出ていたような。ま、あれは正式な出演ではない、ということだろう。
三宅+梅津で2曲。「Mary X'mas baby」「鎮魂歌」。
つづいて三宅+梅津。木村は水割りを飲みながら。ステージのそででボーヤが水割りのおかわりの準備をしている。梅津が「わたしも飲みたいけど、クルマで来てしまったから。」
木村の常連客らしき人からいろいろと声がかかる。それに対する木村のかえしが手馴れていておもしろい。
「けだるい2人」「X'mas with you」「Blues Man」の3曲。
以下は3人で。「ボクサー」「10$の恋」。1st set最後に「ミッドナイト・スペシャル」。この曲ではボーカルは三宅ではじまり、木村がくわわり、ついには梅津までくわわる。梅津はサーキュラー・ブリージングも披露。1st set終了は21時8分ごろ。
休憩は18分。
1曲目「嘘は罪」。
三宅らがエビスビールのCM曲を演奏したはなし。新年にながれるらしい。
つづいて「びんぼうワルツ」「金持ちのオッサン」「It's All right」「シカゴバウンド」「嫌んなった」。
次は「R&Rプラネット」だが、そのまえに「雨上がりの夜空に」をワンコーラスまじえて、メドレーで。
そのあと、MCにまじって、木村が予定にない「所君のうた」と「No Woman No Cry」をやる。
つづいて「胸が痛い」「何もなかった日」で2nd set終了。22時48分。
当然、アンコールになる。「ザ・エン歌」「宝くじ」~「ベントーベン」「トコトコ」~「モーニングララバイ」。アンコール中には梅津や三宅がまんなかの通路に出てきて演奏。梅津はその際、マイクをアルトサックスの吹き出し口に放り込んで出てきた。
終了は23時10分。長い!梅津が木村と三宅に「きみたちはあした休みだからいいけど、わたしはあしたもあさってもあるんだから。」などとMCしていた。
物販コーナーでブーツボーイズの「ハロー!!ブーツボーイズ」を売っている。梅津さんや多田葉子さんが参加しているうえ、ジャケットが大河画伯なので買う。ブーツボーイズの岩永則規さんがいたので、イワノリさんと梅津さんと大河画伯にサインをもらう。
地上に出たら、だれかから声をかけられた。Iさんだった。遠路お疲れ様です。
帰途、自宅ちかくのサンクスで予約してあった「サクラ大戦 帝国歌劇団・花組 スーパー歌謡ショウ『新西遊記』」を買ってかえる。

« 12月21日 warehouse at Buddy | トップページ | 12月23日 Heat wondering Kayo night at 新宿Pit Inn »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/2413673

この記事へのトラックバック一覧です: 12月22日 Heart warming Blues night at 新宿Pit Inn:

« 12月21日 warehouse at Buddy | トップページ | 12月23日 Heat wondering Kayo night at 新宿Pit Inn »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja