« 11月4日ガラクタ通りのこまっちゃクレズマ at Star Pine's Cafe | トップページ | 11月14日 東京ナミイ+梅津和時SPECIAL SESSION at Buddy »

11月5日 渋さ知らズ劇場 at MANDA-LA2

19時ちょっと過ぎに到着。丁度列が移動しているので、最後尾に付く。時間通り開場したのだと思ったら、開場を控えて入り口の方に移動しただけだった。階段の一番上のところで暫し待たされる。
10分に開場。真ん中の一番前が空いていたので、座る。数分後、ムロアヤさんが「折り込み間に合いませんでした。」と言いつつ自分のチラシを配って回る。
入りは8割ぐらいか。
今日の出演は片山広明、小森慶子、北陽一郎、鬼頭哲、高岡大祐、川口義之、中島さちこ、須賀大郎、不破大輔、倉持整、関根真理、大塚寛之、室舘彩。珍しく地底新聞で発表されていたメンバーと寸分違わない。なお、ピアノは須賀が担当し、中島はキーボード。大塚が珍しく上手(かみて)に立っていた。
20時3分開演。と思いきや「始めようと思ったら、まだ帰ってきていない人がいます。」ということで実際には5分に演奏開始。ちなみに遅れてステージに上ったのは片山、室舘、関根の3人だった。
1曲目は「バルタザール」。20分。須賀のピアノが大迫力。なるほど、最近話題になっているだけのことはある。良いメンバーが加わった。
2曲目、「行方知れズ」。30分。一番上手(かみて)にいる関根のパーカッションの音が下手のスピーカーから盛大に聞こえてきて、なんかヘンなかんじ。大塚のギターソロ、鋭し。片山のテナーの音がむちゃくちゃ太い。
ここで時計を確認して「どうする?休憩する?」「ここは休憩でしょう。」ということで休憩。
21時30分ごろから2nd set。後半1曲目は「股旅」。15分。不破はエレベに持ち替えている。この曲でも須賀のピアノがすごい。
2曲目「ライオン」。18分。これまた大塚のギターソロが良い。
3曲目「大沼ブルース」。17分。不破は再びアコベ。テーマが最後の方まで出てこなかったので、何を演奏しているのかしばらく分からなかった。
最後におなじみ「仙頭」。
アンコールの拍手があったが、「今日は早く帰ってテレビを観ますので。」とか言って、終わってしまった。
ここまでに書かなかったけど、北と小森が全般に良いソロを見せていた。特に北のテーマ部分のソロはとてもキレが良い。この二人、前回(9月5日の「劇場」)欠席だったのだが、やはりいるといないとでは大違いである。就中北のトランペットは渋さ知らズの音にしまりをもたらしているように思う。

« 11月4日ガラクタ通りのこまっちゃクレズマ at Star Pine's Cafe | トップページ | 11月14日 東京ナミイ+梅津和時SPECIAL SESSION at Buddy »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/1967005

この記事へのトラックバック一覧です: 11月5日 渋さ知らズ劇場 at MANDA-LA2:

« 11月4日ガラクタ通りのこまっちゃクレズマ at Star Pine's Cafe | トップページ | 11月14日 東京ナミイ+梅津和時SPECIAL SESSION at Buddy »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja