« 10月10日 横濱ジャズプロムナード2日目 | トップページ | 10月12日 野獣王国 at JIROKICHI »

10月11日 Otomo Yoshihide's New Jazz Ensemble at 新宿Pit Inn

この日は東大美術博物館で開かれている「彼理とPerry-交錯する黒船像-」展にも行きたかったのだが、昨日の疲れが出たのか動く気力が起きず、断念。税金の還元を受けるチャンスだったのに(入場無料なので)、残念。
夕方、前売りを買ってあるので、Pit Innに行くべく、無理やり動き出す。「どけい」をしていこうとしたら、バックルが割れてしまった。とほほほほ。
さて、ライブ。昨日の横濱ジャズプロムナードに続いて、2日連続のONJE。
5分ほど遅れて開場。普通にテーブルが並べてある。意外。椅子のみの席+立ち見かと思っていて、座れるか心配していたのだが。3列目に空席を見つけて座る。
入りは、満席+補助椅子+立ち見20人ぐらい。もっと込むかと思っていたのだけれど。大友さんはMCで150人、と言っていたけれど、もうちょっと少ないのではないか。
20時12分開演。MCによると、1st setはジャズを、2nd setはジャズじゃないものをやる、とのこと。
1st setは60分で3曲。そのうちMC時間が8分ほどある。MCというより、今後のライブの宣伝。今度共演する、韓国のノイズユニット「アストロノイズ」の紹介が面白い。なんでも開けちゃう人たちらしい。「おれ、基本的に開けちゃう人が好きなんです。」
3曲のうち、2曲目はアルフレッド・ハルト、津上研太、芳垣安洋の3人のみで。バンド名になっているバンマス本人は抜け、である。以前、藤井郷子カルテットでもそういうのがあったな。この曲ではハルトは口琴や笛なども披露。
3曲目(エリック・ドルフィーの「ハット&ビアード」)の演奏中に天井のダクトから水が1滴、腕の上に落下。休憩中にも1滴。
2nd setは21時34分から。1曲目は30分ほどの長い演奏。はじめ10分ほど、Sachiko Mと高良久美子のデュオ。そこにギターが加わり、さらに5分後ぐらいから他のパートも徐々に加わって、アンサンブルになる。
2曲目も25分ぐらいと長い。これで2nd setは終了。
アンコールは、出てくるのに2・3分かかる。「遅くなってすみません。楽屋で喧嘩していました。大人の事情というのがあるんです。」とか。えーと、これは5分ぐらいだったかな。
さすがにPit Innでは、関内大ホールに比べて、音は大きめだった。

« 10月10日 横濱ジャズプロムナード2日目 | トップページ | 10月12日 野獣王国 at JIROKICHI »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/1685279

この記事へのトラックバック一覧です: 10月11日 Otomo Yoshihide's New Jazz Ensemble at 新宿Pit Inn:

« 10月10日 横濱ジャズプロムナード2日目 | トップページ | 10月12日 野獣王国 at JIROKICHI »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja