« イラクの新人質事件で思ったこと | トップページ | あきれるほどレベルの低い論説 »

10月28日 missing link at Grapefruit moon

なんかだいぶんボケているらしい。正しい電車に乗ったのに、乗り間違えたと思って、途中で降りてしまった。Grapefruit moonに行くのが(missing linkのライブに行くのも)久しぶりなので、混乱したのかもしれない。
それでもそう遅くならずに三軒茶屋に着く。駅近くの吉野家で角煮きのこ丼を食べる。店内に5人組の高校生がいたのだが、全員そろって箸の持ち方が変。これだけそろっていると、むしろ感動してしまう。5人ともそれぞれに違う持ち方なのだが、うち1人はまるで外人のごとき握り箸。よくこれで食べられるなと感心してしまう。
19時50分ごろ店に着。この時間だというのになんと1人目の客。ちょっと驚く。チャージを払っている間に2人目が入ってくる。
20時10分、客2人のまま開演。ところがその後、ぱらぱらと入ってきて、最終的には8人になる。最近こんなんばっかりやな。それにしても自分以外の7人のうち2人が顔見知りというのは客層の薄さというか、何というか。
例によって配布されたプログラムからの転記。

1st stage

1,L(T.Watanabe)
2,yeti's run(T.Watanabe)
3,DANCE(T.Watanabe)

4,rigwanderung(T.Watanabe)
5,for Cuba(T.Watanabe)
6,in Cuba(T.Watanabe)

7,Balkan(T.Watanabe)

2nd stage

1,Carnalismo(TRIBALISTAS)
2,Retrato em branco e preto(T.Jobin)
3,Carnival Baby(T.Watanabe)

4,ZERO(L.Bowie)
5,K's walk(T.Watanabe)
6,up!(T.Watanabe)
7,The spell was casted(T.Watanabe)

8,平和に生きる権利(V.Jara)

このほか、2nd stage冒頭に関根さんのカリンバ・ソロあり(そのまま「Carnalismo」につづく)。

1st-1は新曲。1st-7はタイトルどおりジプシー風の曲。他のバンドのために書いたのだが、そちらでは1度しかやらなかったので、missing linでもやってみた、とのこと。なかなかいい曲。
この日、特に印象的だったのは1st-1での早川さんのベース、2nd-3、2nd-6。
それから2nd-7でベースの絃が切れた。ネックの方で切れたまま引っかかっていたらしく大きく弓なりになってぶら下がっていたのがいやに印象に残る。
この曲のあと、Naveさんがエピソードを交えつつのメンバー紹介をしたのだが、結構長時間(特に吉田さん)になったので早川さんが「長いな。こんなことなら絃、張りかえられたよ。」
実際には張りかえなかったので、2nd-8は他の曲用のアップライトベースで弾いた。この曲、ベースソロから始まったのだが、思いっきり平和を乱すような大音量で笑ってしまった。
この日、聖飢魔II「愛と虐殺の日々」落札。

« イラクの新人質事件で思ったこと | トップページ | あきれるほどレベルの低い論説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/1802872

この記事へのトラックバック一覧です: 10月28日 missing link at Grapefruit moon:

« イラクの新人質事件で思ったこと | トップページ | あきれるほどレベルの低い論説 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja