« 10月13日 3355 at JIROKICHI | トップページ | 10月19日 HAYAKAWA at Buddy »

10月14日 ELECTRIC NOMAD at JIROKICHI

酒井泰三2days「秋のエレクトリック大会」2日目。
3日連続でJIROKICHIだ。この日は早目(18時50分ごろ)に着いたら、まだ開場していなくて、行列ができていた。5分ほどで開場。今日も一番前のテーブルに着席。場内は満席+立ち見数人。やはりNOMADは人気があるなあ。
20時にスタート。ライトダウンして、BGMも止まったのだが、なかなか出てこない。3分ほどしてやっと出てくる。出てきた後も泰三さんが譜面を探しながら「あれ、やっぱりない。」とか言っている。なかなか出てこなかったのは、それが原因か。
そんなわけで始まったのは20時5分、演奏が始まったのは20時7分。
1st setは60分弱で5曲。4曲目で泰三さんのボーカルマイクからの音が出なくなるトラブルあり。泰三さんがエフェクターをいろいろいじっても効果なし。店のスタッフが出てきてエフェクターをいじったらなおった。
休憩40分をはさんで2nd set。まず、10分ほどの曲を2曲。
その後、太田さんが演歌師ふうの弾き語りを始める。4分ほどしたところで、他メンバーが加わる。「太田のトルコ」であった。
そして、2nd set最後の曲。もともと大きかったギターのボリュームがますますでかくなってきている。鼓膜に強烈な音圧を感じる。行っているライブの大半が轟音系であって、でかい音にはかなり耐性があるはずの筆者でも結構つらいぞ、これは。
さらにアンコール1曲で、終演は22時50分。
それにしても凄まじい音。翌朝起きても、まだ音の聞こえ方がおかしかった。それでも轟音系ライブに行ってしまうのは、ひょっとして轟音マゾか。
帰途、新宿駅で転落事故があったとかで、乗った中央線快速が中野で止まってしまう。新宿方面へは東西線、山手線で振り替え輸送を、というアナウンスがあるが、その先がどうなるかわからないし、往々にして振り替え輸送の方に乗ったら復旧するということもあるので、止まった中央線でそのまま待つ。実際、数分後に救出が終わった旨のアナウンスがあるが、最終確認などでまだかかる、とのこと。そういう場合はどのくらいかかるのか、見込みでいいから言ってくれると助かるのだがな。結局中野での停車時間は25分ぐらい。新宿駅目前でも少し止まったので、トータルで30分ぐらいの遅れか。振り替え輸送を利用した方が早かったかどうかは微妙なところ。

« 10月13日 3355 at JIROKICHI | トップページ | 10月19日 HAYAKAWA at Buddy »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/1686516

この記事へのトラックバック一覧です: 10月14日 ELECTRIC NOMAD at JIROKICHI:

« 10月13日 3355 at JIROKICHI | トップページ | 10月19日 HAYAKAWA at Buddy »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja