« 8月7日 小山彰太「一期一会」DUO at 新宿Pit Inn | トップページ | 怪しい水差し »

夏の帰省

8日から夏の帰省。やりたいことや、やらなければいけないことは、いっぱいたまっているのだが、帰ってしまうと、ほとんど何もやれない。だが、年に2回ぐらいは親に顔を見せておかないと、勘当されても困るし。ということでいわゆる盆暮れ正月は帰省することにしている。
8月7日付のブログをアップロードしてから帰省したかったのだが、書いているうちにのぞみの時間が来てしまって、執筆途中であきらめて、家を出る。
東京駅のコージーコーナーの売店でマドレーヌとリーフパイのセットを手土産に買う。
のぞみは、東京発段階ではがらがらだったが、新横浜で満席に。隣席は、小さな子供を抱いたお母さん。
京都で私鉄に乗り換える際にうちに電話をして、駅までクルマで迎えにきてもらう。私鉄に乗って、うちに近づいてくると、雨が降り出す。ものすごい豪雨になる。ひょっとして駅からクルマを停めてあるところまで、歩けないのではないか、これでは昨日と一緒だ、と心配するが、駅に着くとほぼ同時にやんだ。
うちへの車中から外を見ると、水溜りなどがすごい。まるで何時間も降ったかのごとくであった。これにまともにぶち当たらないで、本当によかった。
10日には、近所にできたAという巨大なショッピングセンター内のうどん屋で夕食。このショッピングセンターには、デパ地下のごとき名店街のようなものがあるのだが、そこにコージーコーナーが出店していた。これじゃあ、全然「東京土産」にならんな。本当に、そこでしか買えない、というものは少ない。もはや東京土産らしい東京土産は東京ばな奈ぐらいしかないのか。
翌11日は、弟一家も加わって、O町の西友を中心としたショッピングモール内のカツ屋で夕食。巨大なエビフライがあるということで。たしかに巨大。全長30センチ近くあるのではないか。太さも、3センチ以上あったような。これだけでかいと、まさに「食った」という感じがする。
ウエイトレスのおねーちゃん(多分バイト)にエビの種類を聞くと、知らなくて、厨房で聞いてから教えてくれた。ほかの客には聞かれたりしないのかなあ。それ以前に、本人が知りたいと思わないのか。みんな、意外に好奇心がないんだなあ。
ちなみにブラックタイガーであった。ブラックタイガーって、こんなに大きくなるんだね。
13日はK市にできたDというショッピングセンターへ。ここにはジャスコが入っているが、さきのAよりもさらに巨大。専門店街、レストラン街も充実しており、映画館まで入っている。設計も吹き抜けを大胆に取り入れたりしていて、洒落ている。Aといい、Dといい、いろいろな店ができているものだと感心する。ここに入っている五龍で夕食。味はまずまず。それにしても帰省中はカロリーオーバーだな。

« 8月7日 小山彰太「一期一会」DUO at 新宿Pit Inn | トップページ | 怪しい水差し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/1235317

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の帰省:

« 8月7日 小山彰太「一期一会」DUO at 新宿Pit Inn | トップページ | 怪しい水差し »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja